FX会社

ThinkMarketsとは?メリット・デメリットと口コミ・評判を解説|シンクマーケッツ

今回は、「ThinkMarkets」についてまとめていきます

ThinkMarketsは2010年にオーストラリアで設立されたオンライン証券会社で、現在ではヨーロッパ・アジア太平洋地域を中心にグローバルなFX取引サービスを展開しています。

おばあさん
おばあさん
あら…でも海外FXって結構リスクがあるんじゃなかった…?

そのThinkMarketsがいよいよ、日本国内でも正式にサービスの提供を開始しました。

お金マン
お金マン
もちろん日本の金融庁からもしっかり登録を受けているから安心だ!
お母さん
お母さん
海外の企業だけど、あくまで国内FXとしてのサービスを始めたというわけね♪

海外FXでは国内FXとルールが大きく異なることもあり、そのサービス内容が気になっている方も多いのではないでしょうか。

お父さん
お父さん
いわれてみれば、サクソバンク証券やIG証券も独自色の強いサービスになっているな!

そこでこの記事では、ThinkMarketsのメリット・デメリットを徹底検証、さらに評判・口コミを参考に「どのような方に向いている/向いていない」かまで紹介していきたいと思います!

この記事のポイントをまとめると…
  • ThinkMarketsは海外企業の日本国内向けサービス
  • 定額会費最大8,000円のサブスクリプション方式
  • 米ドル/円・ユーロ/米ドルのスプレッドは0.0pips
  • 取引ツールはスマホアプリのみ
  • 新興国通貨の取り扱いはなし
  • 低コストでの取引ならDMM FXの方がおすすめ!

ThinkMarketsは、国内水準より大幅に狭いスプレッドが魅力のFX取引サービスです。

ただし、毎月最大8,000円の定額会費が必要となり、ほかにもPC版の取引ツールがない、スワップポイントが不明確、などの不安が残る部分もあります。

もし低コストの取引がしたいのであれば、多彩な取引ツールでスワップポイントの水準も高いDMM FXをおすすめします!

お母さん
お母さん
DMM FXならコストは国内最狭水準のスプレッドだけよ♪

\最大200,000円のキャッシュバック!/

ThinkMarkets(シンクマーケッツ)の概要

ThinkMarkets トップページ
おすすめ度
使いやすさC
安全性A-
通貨ペア数25種類
取引単位1,000通貨
スプレッド0.0pips(米ドル/円)
スワップポイント非公表

ThinkMarketsはオーストラリアの「TF Global Marketsグループ」が提供するFX取引サービスです。

ヨーロッパ・アジア太平洋地域を拠点に、2022年現在で世界各国に50万人以上のユーザーを獲得、2020年には日本の「AFT株式会社」を買収し、国内向けのサービスを2022年2月21日から開始しました。

お母さん
お母さん
とってもグローバルな企業なのね♪

月額最大8,000円のサブスクリプション方式で、米ドル/円・ユーロ/米ドルの0.0pipsをはじめ、全25種類の通貨ペアで国内水準を大幅に上回る低スプレッドを実現しています。

おばあさん
おばあさん
ゼロスプレッドはすごい!…けど、定額会費もかな〜り高いような…?

レバレッジは最大25倍、取引単位は1,000通貨となっています。

お父さん
お父さん
この辺りは国内FXとしては標準的な内容だな

取引ツールはスマホアプリの「ThinkTrader」のみですが、テクニカル分析ツールが非常に充実しており、海外では数々の受賞歴を誇ります

海外の企業ではありますが、国内FXサービスとして金融庁登録のもと、信託保全などのセキュリティも万全となっています。

お金マン
お金マン
安全性に関してはほぼ問題なさそうだ!

ThinkMarketsのメリット

ThinkMarketsには、FX取引サービスとしてどのようなメリットがあるのでしょうか?

おもなポイントとなるのが、以下の3点です。

ThinkMarketsのメリット
  • 国内水準より大幅に狭いスプレッド
  • 高評価のスマホアプリ
  • 1,000通貨単位で取引できる

それぞれ、くわしく見ていきましょう。

おばあさん
おばあさん
私にも使えそうなサービスだといいんだけど…?

国内水準より大幅に狭いスプレッド

ThinkTrader スプレッド

ThinkMarketsでは、米ドル/円とユーロ/米ドルをスプレッド0.0pipsで提供しています。

おばあさん
おばあさん
0.0pipsってことは、えっ…本当に無料ってこと…!?

ただし、スプレッドがゼロとなるのは8:00〜6:00(米国夏時間では1時間繰り上げ)の時間帯で、それ以外は米ドル/円が2.8pips、ユーロ/米ドルが2.6pipsと大きく広がるので注意してください。

お母さん
お母さん
あら一気に広がっちゃうのね!
お金マン
お金マン
早朝の通勤時にはトレードしにくそうだね

また、スプレッドはあくまで「原則固定・例外あり」であり、取引量の少ない時間帯や価格変動が激しいときなどには広がることもあります。

お父さん
お父さん
重要経済指標の発表時には特に気をつけよう!

それ以外の23種類の通貨ペアも、インターバンク(銀行間取引)に準じた透明性の高いレートで、いずれも国内水準より大幅に狭いスプレッドとなっています。

このように低スプレッドが特長のThinkMarketsですが、一方で毎月の定額会費も必要となるので、取引コストはそれと差し引きして考えておきましょう。

おばあさん
おばあさん
あ、そうか…取引コストはスプレッドだけじゃなかったわね…

高評価のスマホアプリ

ThinkMarkets rFX取引アプリ

ThinkMarketsのスマホアプリ「ThinkTrader」は、海外で最優秀モバイルプラットフォーム賞を受けたこともある、とても高性能な取引ツールです。

おばあさん
おばあさん
へええ…それは楽しみね…!

なかでもテクニカル分析ツールの充実ぶりが際立っていて、80種類のテクニカル指標、50種類の描画ツール、12種類のチャートを標準搭載、スマホからでも本格的なテクニカル分析を行うことができます。

お金マン
お金マン
これならPC版に近い環境でトレードができそうだ!

最大200件のアラートで最新情報をキャッチ、リアルタイムチャートからのワンクリック決済で、いつでもどこからでもチャンスを逃しません。

お父さん
お父さん
チャートは4分割画面表示で複数の銘柄を同時に追えるぞ!

取引履歴は日・週・月単位でレポートされ、自分の見たい時間単位でカスタマイズできるのも便利です。

お母さん
お母さん
日々の取引の結果を反省材料として活かしていきたいわね♪

1,000通貨単位で取引できる

ThinkMarkets 取引単位

ThinkMarketsでは、最低1,000通貨から取引することができます

たとえば、米ドル/円なら1米ドル=135円として、135円×1,000米ドル=135,000円から取引可能。

おばあさん
おばあさん
うーん…でもそれだと、ちょっと高くない…?

さらに、レバレッジ最大25倍をかければ、5,400円程度の証拠金から運用できるということになります。

お父さん
お父さん
ただし、初心者のうちは証拠金に余裕をもって、レバレッジは2〜3倍程度に収めておこう!
おばあさん
おばあさん
ええと、つまり…5万円ぐらいは用意しておいた方がいいってことね…!

このように1,000通貨単位での取引が可能なThinkMarketですが、一方でサブスクリプション方式による定額会費があるため、少額投資ではかえってコストパフォーマンスが悪くなってしまう点には注意が必要です。

お母さん
お母さん
サブスクリプションなら、取引数量が増えれば増えるほどお得だものね

ThinkMarketsのデメリット

反対に、ThinkMarketsには以下のようなデメリットが存在します。

ThinkMarketsのデメリット
  • 定額会費のコストが大きい
  • 新興国通貨で取引できない
  • PC版取引ツールがない

こちらも、それぞれくわしく見ていきましょう。

お父さん
お父さん
メリットと比較して総合的に考えてみよう!

定額会費のコストが大きい

【デメリット】定額会費が最大8,000円

ThinkTraderの取引はサブスクリプション方式のため、毎月最大8,000円の定額会費がかかります

現在は2022年6月1日〜9月2日まで定額会費が無料となるキャンペーンを開催中ですが、それ以降は有料となるので気をつけてください。

お母さん
お母さん
急に8,000円のコストが発生したらびっくりしちゃうわね!

たとえば、DMM FXでは米ドル/円のスプレッドは国内最狭水準の0.2銭となっていますが、これを400万通貨取引するとちょうど8,000円と釣り合うことになります。

おばあさん
おばあさん
400万通貨っていったら、かなりの取引量になるんじゃない…!?
お金マン
お金マン
10,000通貨のポジションなら、土日を除いて毎日20回は取引する必要があるね

したがって、それ以上の取引を行う方であれば、定額会費を支払ったとしてもコストを軽減できることになるわけです。

お父さん
お父さん
一度に大量のポジションを持つか、頻繁にデイトレードを繰り返すか…だな
おばあさん
おばあさん
うーん…計算するだけでも面倒そう…!

このような点が気になる方には、手数料など一切なしで国内最狭水準のスプレッドで取引できるDMM FXがおすすめです!

お母さん
お母さん
やっぱり分かりやすくて低コストなサービスが一番かも♪

\最大200,000円のキャッシュバック!/

新興国通貨で取引できない

【デメリット】新興国通貨の取扱がない

ThinkMarketsでは、メキシコペソや南アフリカランドなどの新興国通貨を取り扱っていません

お母さん
お母さん
新興国通貨といえば国内FXではすっかりおなじみよね♪

新興国通貨には高金利のものが多く、スワップポイントを目的とした長期保有にもよく用いられていますが、そうしたスワップトレードが行いにくいのもデメリットといえるでしょう。

お金マン
お金マン
スワップポイントとは、高金利の通貨を保有していると毎日もらえる利息のようなものだ!

Think Marketsではスワップポイントも非公開となっており、その点でも不便です。

お父さん
お父さん
国内FXでは、スワップカレンダーで日々の推移を掲載しているところも多いぞ!

もしスワップトレードを行うのであれば、スワップポイントも高水準なDMM FXでの取引がおすすめです!

おばあさん
おばあさん
スワップトレードはあんまり売買しなくていいから、初心者でも気楽なのよねえ…

\最大200,000円のキャッシュバック!/

PC版取引ツールがない

パソコンでは取引できない

ThinkMareketsの取引ツール「ThinkTrader」はスマホアプリ専用で、現在のところPC版は用意されていません

おばあさん
おばあさん
国内FXだとPC版取引ツールがないのは珍しいわよね…?

そのため、おもに自宅からパソコンで取引を行なっている方には使いにくくなる可能性があるでしょう。

お金マン
お金マン
この辺りはトレードスタイルによって大きく変わってくるぞ!

一般的に、PC版取引ツールは画面が大きく、さまざまな情報を集約することができるので、どのような状況にも素早く対応しやすくなっています。

テクニカル分析ツールなどの機能もより充実しているので、上級者になればなるほどその必要性は増していくでしょう。

お母さん
お母さん
FXの上達を目指すなら、PC版取引ツールは欠かせないわね♪

その点、DMM FXなら初心者向け・上級者向けの2種類のPC版取引ツールがあり、トレードを補助する便利なツールも用意されているのでおすすめです!

お父さん
お父さん
スマホからでも2種類の取引ツールを使い分けられるぞ!

\最大200,000円のキャッシュバック!/

ThinkMarketsの口コミ・評判

ThinkMarkets 初めての方へ
ThinkMarketsの取引サービスについては、実際にどのような評判があるのでしょうか

ここでは、Twitterでの口コミを参考に見ていきたいと思います。

お父さん
お父さん
人々の素直な感想に耳をかたむけてみよう!

日本ではまだあまりなじみのないサービスということで、その内容が気になっている方も多いようですね。

そのなかでもやはり、スプレッドがゼロになるという点に注目が集まっているようです。

おばあさん
おばあさん
スプレッドゼロはインパクトあるわよね…!

しかし、一方で定額会費が月額最大8,000円もかかってしまうという点に疑問を持つ方も多いようです。

スマホアプリでしか取引できないという点も、デメリットとしては大きそうですね。

お父さん
お父さん
こうなってくると、使い道もかなり限られてきそうだな

これらのデメリットが気になる方は、手数料無料・国内最狭水準のスプレッドで低コスト、取引ツールも多彩なDMM FXがおすすめです!

お母さん
お母さん
DMM FXなら、新規口座開設キャンペーンでキャッシュバックがもらえるのもお得ね♪

\最大200,000円のキャッシュバック!/

ThinkMarketsがおすすめな方

ここまでのメリット・デメリットや口コミ・評判をふまえると、ThinkMarketsは以下のような方におすすめなサービスといえそうです。

ThinkMarketsがおすすめな方
  • 米ドル/円・ユーロ/米ドルのみで取引する方
  • 取引回数がきわめて多い方
  • サービス開始キャンペーンを活用したい方
お金マン
お金マン
きみはどれかに当てはまるかな?

米ドル/円・ユーロ/米ドルを大量に取引

【おすすめな方】米ドル・ユーロを大量取引

Think Marketsは国内水準と比べてスプレッドが狭く、特に米ドル/円とユーロ/米ドルは0.0pipsとなっています。

一方で、サブスクリプション方式により毎月最大8,000円の定額会費がかかるため、実際に低コストを実現するには、それを超える取引数量が必要となります。

具体的には、米ドル/円であれば月に400万通貨、ユーロ/米ドルであれば15万通貨を超えるような取引量の方にはお得となるでしょう。

お父さん
お父さん
この条件をクリアできるトレーダーはなかなか少なそうだな!

キャンペーン期間中は取引コスト大幅減!

【おすすめな方】キャンペーンを活用する

ThinkMarketsでは、2022年6月〜9月まで月額会費が無料となるキャンペーンを開催しています。

その期間中であれば、米ドル/円・ユーロ/米ドルは実質的にコストゼロで取引できることになります。

それ以外の通貨ペアもスプレッドはかなり狭いので、わずかな期間ではありますが、このチャンスに取引してみるのもよいかもしれません。

お金マン
お金マン
今のうちに購入して長期保有するという手もあるね!

ThinkMarketsがおすすめできない方

反対に、以下のような方にはThinkMarketsはおすすめできません

ThinkMarketsがおすすめできない方
  • 少額投資をしたい方
  • スワップトレードをしたい人方
  • PCで取引したい方
おばあさん
おばあさん
うーん…私は当てはまるのかしら…?

少額投資にも長期トレードにも向いていない

【おすすめできない方】少額投資・長期運用に不向き

ThinkMarketsでは、最大8,000円の月額会費がかかるのが最大のネックとなっています。

1,000通貨からの少額取引も可能ですが、大量の取引を行わないとそのコストに見合わないため、現実的とはいえないでしょう。

お母さん
お母さん
証拠金より月額会費の方が上回っちゃいそうね…

同じ理由で、取引回数が少なくなる長期トレードにも向いていないサービスです。

メキシコペソや南アフリカランドのような新興国通貨は取り扱っておらず、スワップポイントも非公開となっているため、その点でもスワップトレードを行うのには適していません。

お父さん
お父さん
少額投資も長期トレードもほぼ不可能といったところだな

少額投資やスワップトレードを行いたい方は、低スプレッドかつスワップポイントが高水準のDMM FXを利用するのがおすすめです!

お母さん
お母さん
DMMFXならとても幅広い戦略が取れそうね♪

\最大200,000円のキャッシュバック!/

パソコンで取引するなら選択肢に入らない

【おすすめできない方】パソコンでは取引不可

ThinkMarketsでは、取引ツールにスマホ専用アプリしか使用することができません

パソコンでの取引を考えている方には、まず選択肢に入らないサービスとなるでしょう。

これだけ特徴がはっきりしていると選ぶ側も決めやすいね!

一般的に、PC版取引ツールはスマホアプリより本格的な分析を行うことができ、高度な投資戦略やテクニック向上には欠かせないアイテムとなっています。

その点、DMM FXなら初心者向け・上級者向けのPC版取引ツールを使い分けることができるので、幅広い方におすすめできるサービスといえるでしょう。

おばあさん
おばあさん
DMM FXはスマホアプリも使いやすくて便利なのよね…!

\最大200,000円のキャッシュバック!/

ThinkMarketsまとめ

ThinkMarkets まとめ

ここまで、「ThinkMarkets」についてまとめてきました

ThinkMarketsはオーストラリアのオンライン証券会社による、日本国内向けのFX取引サービスです。

その最大の目玉は、米ドル/円・ユーロ/米ドルのスプレッドがゼロとなる点で、それ以外の通貨ペアも国内水準より大幅に狭い内容となっています。

ただし、月額会費が最大で8,000円もかかってしまうため、よほど大量の取引を行わないかぎりコスト面でお得になることはないでしょう。

また、現在のところ新興国通過の取扱がなく、取引ツールがスマホアプリのみ、という点も大きなマイナスポイントとなっています。

これらの点を総合すると、ほとんどの方にとっては、DMM FXのように低スプレッド・高スワップポイントで、多彩な取引ツールも使えるサービスの方がおすすめといえるでしょう!

\最大200,000円のキャッシュバック!/

DMMFXの評判・口コミがヤバい!?知られざるメリット・デメリットとは?今回はDMMFXの評判についてまとめていきます。 CMでも話題となっているDMMFXですが、開設する前にどんな機能があるか知ってお...

免責事項

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。