豪ドル

【2019年】豪ドル円(オーストラリアドル)の見通し・今後の予想を詳しく解説|長期的に価格が上がる!?

今回は、豪ドルの見通しについて詳しく解説していきたいと思います。

豪ドルは高金利通貨の中でも安定感があり、長期投資に非常におすすめできる通貨ですが、将来の豪ドルはどうなるんだろうと疑問に思っている方も少なくないでしょう。

また、投資を始めてみたいけど豪ドルって将来的に投資対象としてどうなのという疑問をもっている方もいると思います。

おばあさん
おばあさん
豪ドル投資をやってみたいけど、どうなのかしら?
お金マン
お金マン
長期で保有するなら豪ドルはおすすめさ!

この記事では、みなさんのそんな疑問に答えるため、今までのチャートを分析し、今後の豪ドルの長期予測について詳しく紹介していきます。

これまでの豪ドル円の推移|チャートから分析

豪ドルチャート

では最初に豪ドルが今までどんな動きをしてきたのかを見ていきたいと思います。

大きな暴落が2008年ごろにありますが、その後はレンジ相場を形成しながらも、現在はやや下落気味といったチャートを作っていますね。

2008年のリーマンショックで大きく下落

リーマンショック

豪ドルのチャートを見たときに気になるのは2008年の下落です。

2008年前は106円の値をつけていた豪ドルですが、リーマンショック後はなんと57円まで下落し、価格は半分ほどになってしまっています。

それだけリーマンショックの大きさがわかると思います。

もちろんリーマンショックの影響はほぼ全ての通貨が受けていたので豪ドルだけが急落したわけではありません。

世界的にリスクオフの動きが加速したため円高が進み、多くの通貨が下落してしまいました。

その後はレンジ相場をつくり下落と上昇をつくりながら上昇していったのです。

2013年アベノミクスによる円安

アベノミクス

アベノミクスの影響は金融に携わる人は大きな恩恵を受けたのではないでしょうか。

安倍政権による財性出勤によって市場のお金の量が増え、金利が下がり世界的な円安となりました。

そのおかげで豪ドルも相対的に豪ドル高となりチャートが上昇することになったのです。

その後は安倍政権が消費税増税を打ち出しましたが、早すぎたのか国民の反発をくらい失速します。

このアベノミクスによって豪ドルは持ち直し、100円を上回る上昇を見せました。

リーマンショックから買い続けていた人は、この上昇で大きなリターンを得られたのではないでしょうか。

2016年からのトランプ政権による大型減税

トランプ政権の大型減税

トランプ大統領による大型減税は、景気を大きく上向きに変えたためインフレを抑えるために利上げが行われました。

その結果豪ドルを含めた金利が高い通貨は下落してしまいます。

それに伴って豪ドルも下落することになります。

現在(2019年2月)のアメリカの金利は2.5%で、豪ドルは1.5%になっています。

アメリカの金利というのは、他国の通貨価値に影響を与えるほど重要になってくるのですね。

豪ドルが下落している原因

それでは次に豪ドルが現在までに下落している原因について解説していきます。

豪ドルは比較的金利の高い通貨に該当しますので、他国の金利の状況や、貿易相手の中国の経済状況は豪ドル為替に大きく影響します。

最近の下落の原因について詳しく見ていきましょう。

米ドル金利が上昇しているため

豪ドル米ドル金利

米国が利上げしているのは豪ドルの為替に大きく影響してきますね。

アメリカの金利 2.5%
豪ドル金利 1.5%

これは現在のアメリカと豪ドルの金利の差になりますが、アメリカの方が1%金利が高い状況となっています。

以前は豪ドルの方が金利が高い状況が続いていたので、豪ドルにも資金が集まって来ていましたが、最近ではアメリカの方が金利が高いので資金が米ドルに流れています。

他国に比べて豪ドルの魅力がなくなっているということがわかりますね。

アメリカは2019年の利上げを見送りましたので、今後利下げに向かうと予想されていますが、実行されるまでは豪ドル安への影響が強まるのではないでしょうか。

米中の貿易戦争による悪影響

米中貿易戦争

オーストラリアは資源国ですので、経済を貿易で支えているので輸出が好調かどうかで、オーストラリア経済も大きく変わってきます。

そんな中で、貿易の大きな割合を占めているのが中国ですので中国の経済の状況が大きく影響してきます。

豪ドル経済のポイント
  • 中国の経済状況が大きく影響
  • 2018年の中国経済は不振

しかし、中国はアメリカと貿易戦争が2018年に起こってしまったので経済に打撃を受けています。

また、中国の経済成長率はここ最近鈍化しており、予想GDP成長率も従来の数字から下方修正しています。

貿易相手国の経済状況がオーストラリアに影響していて、今の中国経済はあまりいい状況とは言えませんので、豪ドル為替も下落しています。

米国株式が下落しているから

米国株式下落

2018年の12月には米国株が大きく下落した影響で、豪ドルも釣られて下落しました。

これは投資家心理の悪化が影響しただけで、豪ドルに絡む要因が直接悪化したというわけではありません。

金融市場にはよくあることで、大きく一つの市場が下落するとリスクオフの流れが進み他の市場も影響を受けて下落することがあります。

それが今回の下落の原因なんですね。

これは外的な要素ですので、自然にこの影響による下落分は次第に回復していくと見られています。

\5分で口座開設できる!/

豪ドル円(AUD/JPY)の現在のチャート

現在は、5月から徐々に下落するような動きを見せていますね。

ある程度は下洛した分、上昇してくれるのではないでしょうか。

このまま100円を目指して上昇していってくれると嬉しいですね!

しかし、それが実現するには豪ドル自体の金利がもう少し上がらないと難しいのが現実です。

それでは次に、今年の豪ドルがどのような推移で動いていくのか予想していきたいと思います。

金利の動向等も詳しく紹介するので是非見てみてください!

【2019年】豪ドル円の見通し・今後の予想

次に豪ドルのこれからの動きについてくわしく見ていきたいと思います。

豪ドルにおいて重要になってくるのは、政策金利が上昇するのかどうか、またそれに伴って豪ドルが上昇するのかという2点です。

今回はその2点について詳しく説明していきます。

政策金利上昇の見込みは低い

豪ドルは2年ぶりの利下げが行われ現在の政策金利は1.00%です。

今後もオーストラリアの消費者物価指数や中国経済が好調にならない限り、再度の利上げは難しいという予測があります。

2020年までには0.5%まで利下げが起こるという見方もあり、断続的に金利が下がっているかもしれません。

政策金利は投資家の注目を集める重要な指標ですので、今後この政策金利がどう変化するかは注目していきましょう。

オーストラリア金利予想

2019年に利上げされる可能性は低い!?

2019年の金利の予想は、断続的に下落する可能性が高いです。

現在のオーストライア経済は、GDP成長率で見ると前年度に比べて+1.8%であまりいい数字とは言えません。

この原因は複数ありますが、大きな要因は米中の貿易戦争による影響です。

オーストラリアは中国経済に強い影響を受ける国ですので、この貿易戦争によって中国経済が失速することになれば、オーストラリアも同時に失速します。

そのため、経済が上向きになりずらいのです。

まだ、大きな影響が出ているわけではありませんが、米中の貿易戦争が続く限りオーストラリアの経済も厳しいと言われています。

その結果、利下げが断続的に行われるのではないかと言われているので、今後も国際情勢には注目です。

豪ドルは2019年に100円に到達する!?

豪ドル100円に到達する?

オーストラリアドルは2015年に100円まで為替レートが上昇しましたが、現在は78円まで下落しています。

オーストラリアドルが再び100円を目指すのは、やはり短期では難しいでしょう。

豪ドルに影響を与える要因
  • アメリカの金利
  • 中国の経済状況

まず、オーストラリアの政策金利が上昇しないのに関わらず他の国では金利が上昇しています。

アメリカは金利を2.5%まで上昇させました。

その結果、リスクの低いドルにお金が流れているので金利の低い豪ドルには資金があまり流れてきません。

今後豪ドルは2019年に利下げされていますので、これに米ドルとの金利差が広がっています。

豪ドルが上向きに転じるためには、米ドルとの金利差を埋める必要があるようです。

また、オーストラリアと経済的に強い関係をもっている中国経済が失速しています。

その結果豪ドルの為替チャートにも悪い影響を与えているので、中国経済の先行きが明るくなるということがこの先必要になります。

つまり、再び100円になるということは、豪ドルの金利が上昇して関係国の経済が明るくならなければ難しいという現状です。

ですが、国内の経済状況を見れば豪ドルの経済は毎年成長しているので為替が大きく暴落することはまずないと思われます。

短期で100円は目指せなくとも、アメリカの利上げが終了し、豪ドル国内の経済状況も成長すれば長期的に価格は緩やかに上がると予想しています。

資源価格が堅実に推移しているため、価格上昇の可能性

資源価格が堅実に推移

オーストラリアは資源国ですので、資源価格がどうなるかによってオーストラリア経済が変化していきます。

オーストラリアの最大の資源輸出品である鉄鉱石の価格は、徐々に上昇してきており、石炭などの価格も安定して上昇しているのでオーストラリア経済にポジティブに影響するでしょう。

資源価格の推移
  • 鉄鉱石、石炭価格が上昇中
  • 豪ドルにポジティブな影響!

政府の見通しによると、豪州の2019年資源輸出額は前年比11.1%になると見られており、追い風となっています。

今後貿易黒字が広がっていくことによって、豪ドル安続いていた現在の価格から反転し大きく上昇していく可能性があるようですね。

\5分で口座開設できる!/

現在の豪ドルの価格は割安感

割安感

現在の豪ドルは過去の価格推移を見てみると非常に割安であると考えられます。

豪ドルの過去チャート等をみると、過去には100円に到達した時期もあり、今後価格が長期的に上向きになると考えると、かなり割安であると判断できます。

確かに現在は国際情勢によって不安になる点が多いですが、この状況を突破することで大きなリターンを得られる可能性があるでしょう。

常に市場は好景気と不景気を繰り返しているので、長期的な視点で見ると、現在ある程度仕込んでおく価値はあります。

そうなると、長期目線で投資をしていきたい方にはおすすめの通貨です。

\5分で口座開設できる!/

【2019年】主要証券会社の豪ドル予想・見通し

それでは次に2019年の主要証券会社の予想をまとめていきますので、今後豪ドルに投資をしようと思っている人は参考にしてみてください。

野村證券の見通し

野村證券の見通し

野村證券のマーケットアウトルックによると豪ドルを見極める上で重要な指標が2つあるとしています。

野村証券の視点
  • 米国金利との差
  • 中国経済の行方

アメリカが利上げを止めたことから見て、これ以上に金利が双方で乖離するということをないと思われていましたが、6月と7月の利下げによって米国との金利差が広がってしまいました。

また、中国経済が鈍化していることからもオーストラリアが影響を受けると思われるので、豪ドルが回復に向かうには、金利差の縮小と中国経済の回復が必要としています。

野村証券の2019年の予想価格レンジは1豪ドル=72.0~78.0円と予想ししていますが、従来予想は同73.0~86.0円と考えると、若干の下方予測です。

インヴァスト証券の見通し

インヴァスト証券の見通し

それでは次にインヴァスト証券の2019年の見通しについて紹介します。

インヴァスト証券が重要視している項目は次の2つです。

焦点
  • 米中の貿易関係が終了するか
  • 豪ドルが利上げに踏み切るか

特に中国の経済状況に依存しているオーストラリアにとって、米中の貿易戦争がどうなるかで価格が変わると見られているようです。

現在はお互いで譲歩し合う姿勢が出ているので、このままいけば2019年には関係は回復すると予想してします。

ただ、アメリカの貿易赤字が改善されなければ再度貿易戦争に突入する可能性があり、確実に貿易戦争が終結するとは言えません。

また、豪ドル経済は堅調な成長を見せており、このままいけば利上げされる可能性が高いと予想しており、2019年に利上げに踏み切ることになれば為替が上向きになるだろうとしています

よほど外的要因が変化しない限り、利下げはないだろうというのがインヴァスト証券の予想です。

全体的に、インヴァスト証券は価格が上昇する要素が多いという、ポジティブな見方をしているようですね。

中長期の豪ドル円の見通し・今後の予想|5年後、10年後は?

次に豪ドルの5年後、10年後の見通しを予測していきます。

短期では、為替の大きな上昇は難しいかもしれませんが、他国の利上げが終わることや中国経済は明るくなれば、再び豪ドルは上昇していくと思われます。

それでは、5年後と10年後の予測を見ておきましょう。

豪ドル5年後の中期予測

5年後の価格予測

先の経済を見通すのは難しいのでざっくりとした内容しか言及できませんが、今後5年以内に豪ドルは再び上向きに変わると思われます。

このままいくと、豪ドルはどんどん下落していくので時期をみて政府が政策金利を上昇させると思っているからです。

つまり、ある程度下落した時点で金利が上がるので上昇トレンドに戻るということになると思います。

そしてまた100円ほどに近づいたら金利はまた下げるのではないでしょうか。

アメリカの金利の利上げも終わっていると見られるので、金利の高くなった豪ドルは魅力が高く各国からお金が集まってくる可能性が大いにあります。

そのため、下落している今が豪ドルの買い時と言えるかもしれませんね。

【必見】豪ドル(オーストラリアドル)の買い時は2019年!?|購入した方がいい理由は?今回は豪ドルの買い時について紹介していきます。 レンジを繰り返しているイメージが強い豪ドルですが、具体的にはいつ頃保有した方がいい...

豪ドル10年後の長期予測

10年後の価格予測

10年後、豪ドルは円建てで見るなら大きく上昇していると予想します。

具体的な理由は日本経済が失速するからという理由です。

豪ドル上昇のポイント
  • 円安による豪ドル上昇

日本は現在少子高齢化が進んでいるので、近い将来確実に労働人口が足りないという事態に直面します。

それを回避するために、退職年齢の引き上げ、AIによる作業効率化を行っていますが労働減少を補完できなければ、日本経済は衰退していくでしょう。

そもそも確実に人口は減っていくので、経済力はほぼ確実に落ちるというのが見解です。

特にXデーは2021年つまり、オリンピックが終わったあたりから徐々に経済は右肩下がりになり10年後には、円を売る人が急増し豪ドル高になっているという予測です。

これはかなりの悲観論ですが、現在の日本に楽観的にみられるような指標があるでしょうか?

長期で見たときに日本は大きな経済的な危機に直面しています。

ですので、早めに円を売って豪ドルに変えておくことは、大きな経済的な価値になるのかもしれません。

【衝撃】豪ドル(オーストラリアドル)の10年後を詳しく解説|日本衰退で豪ドル爆益なワケとは?今回は豪ドルの様子が10年後にどうなっているのかを予想していきたいと思います。 豪ドルを保有するなら是非これからの通貨の予想は知っ...

豪ドルを取引できるおすすめFX会社

豪ドルを取引できるFX会社を紹介していきます。

デイトレード・スイングトレード・スワップ投資のどれに使うことができるので、ぜひ参考にしてください。

LIGHTFX

おすすめ度
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント 23円
スプレッド 0.6銭
1年間運用時の利益 8280円

豪ドルを取引しようと思っているならLIGHTFXが一番おすすめ。

安定して高いスワップを提供しており、業界最高水準を維持しようという姿勢が見受けられます。

さらに、最低取引量が1000通貨となっているので、少額から取引したい方にもぴったりです。

まだLIGHTFXに口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

\5分で口座開設できる!/

【辛口】LIGHT FX(ライトFX)とは?評判・口コミを紹介!今回は最近話題となっているLIGHT FXの評判についてまとめていきたいと思います。 2018年の10月に始まったトレイダース証券...

みんなのFX

みんなのFX

FX以外の機能も使いたい方はみんなのFXを使うのがおすすめです。

LIGHTFXとみんなのFXは運営元が同じトレイダーズ証券ですので、基本的な機能は一緒です。

しかし、みんなのFXはバイナリーオプションやシステムトレードの機能もあるので、FX以外をしてみたいという方はみんなのFXを使うと良いでしょう。

逆に、FXが初めての初心者の方はシンプルなLIGHTFXを使うと良いですよ。

\口座開設&取引で50000円もらえる/

【辛口】みんなのFX(トレイダーズ証券)の評判・口コミを紹介|スワップポイントが高い!今回はみんなのFXの評判や口コミを詳しく紹介していきたいと思います。 トレイダーズ証券が運営するこのみんなのFXですが、開設する価...

外為どっとコム

取引口座の他に、情報用口座として外為どっとコムをもつのがおすすめ。

外為どっとコムでは他の投資家のポジション比率状況が見れるツールや、売買比率情報など、他のFX会社ではあまり出されない情報を提供しています。

また、4つものメディアとの提携もしており、経済や政治に関する情報量もかなり多く、ファンダメンタルの変動もいち早く予測できます。

このテクニカル・ファンダメンタルの両方の情報を使うことで、より正確な取引に繋げることが可能です。

情報力に驚くこと間違いなしですので、まだ口座をもっていない方は今のうちに口座開設しておきましょう!

\口座開設&取引で最大102000円!/

【口コミ・評判】外為どっとコムのメリットやデメリットを解説今回は外為どっとコムの評判・口コミについて詳しくまとめていきます。 FX会社は数多くありますので、しっかりと特徴を調べ自分にあった...

豪ドル円の見通し・今後の予想まとめ

豪ドルまとめ

いかがだったでしょうか、今回は豪ドルの見通しについて詳しくまとめさせていただきました。

どうやら、豪ドルの価格はアメリカの金利の影響を強く受けるらしいですね。

アメリカの利上げがひとまず、2020年をメドに終わるということを考えると、それ以降に上昇に転じる可能性があります。

また、中国とアメリカの貿易戦争も大きな影響が与えているようです。

いずれにせよ、長期的に見れば円安が進み豪ドルも上昇するという見方が強いので早めに保有しておくとよいかもしれません。

投資をしてみたいという人はLIGHTFXがおすすめですので、口座開設がまだの人は今のうちにしておきましょう!

\5分で口座開設できる!/

▼豪ドルスワップポイントのより詳しい比較はこちらの記事をご一読ください!

豪ドル(オーストラリアドル)のスワップポイント比較・ランキング!推移や生活できるかについても解説スワップポイントが高く投資先として人気が高い豪ドル。この記事では豪ドルの主な特徴に加えて、保有したときの年間の収益まで詳しく解説していきます。利益を最大化できるFX会社も紹介しますので、是非読んでみてください。...