FX

【FXの3つの手法】シンプルで勝てる手法をわかりやすく解説!

今回は、「FXの手法」についてまとめていきたいと思います。

この記事の要点
  • FXの取引手法はたくさんある
  • まずはシンプルな手法を身につけよう
  • FXには主に3つのトレードスタイルがある(スキャルピング、デイトレード、スイングトレード)
  • 長所・短所を見極め、自分に合ったものはどれなのか選ぼう
  • 基礎を習得したら、手法を駆使してFXで勝つ具体的なコツを身につけよう

取引の手法、そして勝つために必要な情報を中心にまとめていきたいと思います。

お金マン
お金マン
トレード手法は取引の重要なトピックだから、今日もがんばって勉強していこう!

まだ自分の手法を身につけていない方は、スマホから取引ができ、様々な取引ツールを利用できるLIGHT FXを利用するのがおすすめ。

メインの口座として使えますので、まだ口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

FXの取引手法はたくさんある!

FXの取引手法はたくさんあります。勝っているトレーダーでも、人によって手法は千差万別です。

また、同じような手法でもエントリー方法などの細かい違いを考慮すれば、実質FXの取引手法は無限にあるとも言えるのです。

では、初心者がFX取引をこれから初める場合にはどのような手法でトレードをすればいいのでしょうか?

結論から言うと、勝ち続けるには相場の状況や自身がFX取引に割くことのできる時間などに合わせて適切なトレードスタイルを確立する必要があります。

「そう言われても、何から始めればいいのかわからない。。。」

という人も多いかと思います。

そんな人には、まずはどのような取引手法があるのかを理解しておくことをオススメします!

様々な取引手法について学んでいくことで、そのうち自分にあった取引手法や取引期間を選択できるようになるでしょう。

そこで、今回はFXの取引手法、投資スタイルについて基礎から解説します!

【まずは知っておこう】FX市場の2つの相場

取引を始める前に、まずはFX市場には2種類の相場があることを理解しておきましょう。

FX市場の相場には「レンジ相場」と「トレンド相場」という2つの相場に分けることができます。

レンジ相場とトレンド相場についてそれぞれの特徴などを説明します。

レンジ相場

レンジ相場

レンジ相場とは、一言で言えば「あまり変動しない相場」のことです。

一定の為替レートの範囲内(レンジ範囲といいます)で上下しており、一般的にはレンジ範囲の上限の為替レートに届くと反転して下降し、レンジ範囲の下限の為替レートに届くと反転して上昇するという動きを繰り返しています。

レンジ相場とは、別名「もみあい相場」ともいい、買いと売りが拮抗しているときや、買いと売りがそれぞれ様子見をしており、あまり取引が成立していない時に起こります。

相場の約70%はこのレンジ相場と言われており、為替レートの大きな動きが少なくなっています。

このようなレンジ相場で利益をあげることは最初は難しいでしょう。

為替レートが小さい範囲を動くので、レンジ相場で大きな利益を上げようとすると、レバレッジをかけるなどして多くの建玉を持つ必要があり、リスクが高まります。

そのためレンジ相場は、上級者向けの相場とも言えます。

トレンド相場

トレンド相場

トレンド相場とは、一言で言えば「上昇または下降を継続している相場」のことです。

上昇を続けている相場を上昇トレンド(ブル)、下降を続けている相場を下降トレンド(ベア)いいます。

相場の約30%はこのトレンド相場であり、特にNY時間(日本時間で言うと22:00以降)はFX市場への参加者が増えるためこのトレンド相場が発生しやすくなると言われています。

トレンド相場は、レンジ相場に比べて利益を上げやすくなっています。

上昇トレンドの最中でロング(買い)、下降トレンドの最中でショート(売り)のポジションを持ち、そのトレンドにうまく乗ることができれば大きく利益をあげることができます。

そういった意味では初心者向きの相場ということもできますが、急にトレンドが転換し大きな損失を抱える可能性もあるので注意が必要です。

FXのシンプルな手法3つを紹介!

それでは、ここからは具体的な手法を紹介していきます。

先ほども書きましたがFXの手法には数多くの種類があり、手法や分析はこだわればこだわるほど複雑になる可能性があります。

しかし、実はFXで利益を上げている人の多くは、シンプルな手法で取引しているのです。

例えば、ジェイコム株で利益を上げたBNF氏や脱税主婦として有名になった池辺さんなどは過去に手法を公開したことがありますが驚くほどシンプルな手法で何億(何十億)もの利益を上げていました。

過去に色々な勉強をして複雑なインジケーターなどの知識を身につけた人も、改めてシンプルな手法に戻ってはいかがでしょうか?

手法がシンプルなほうが、トレードルールも守りやすくなり、結果的に勝ちやすくもなりますよ。

1.シンプル順張りトレード

シンプル順張りトレード

まずは「シンプルな順張りトレード」を紹介します。

これは、その名の通り

トレンド相場を見つけ、順張りでトレンドに乗る

手法となります。

手法の具体例

トレンド相場を発見する方法ですが、インジケーターを使用するのがいいでしょう。

具体的には

・移動平均線ゴールデンクロスとデッドクロスでトレンドを確認
・パラボリックSARをトレンド転換の目安にする
・ボリンジャーバンドの開き具合をみてトレンド相場かレンジ相場かを判別

など、自分がよく使うテクニカル分析でトレンド相場を発見します。

トレンドラインを引いてもいいでしょう。

トレンドが確認できたら、トレンドを確認しつつそのトレンドと同じ方向にエントリーします。

お金マン
お金マン
流れに逆らわないのがコツだね

この手法の注意点

この手法ではトレンドにさかわらず順張りしていくのですが、一発で大きな利益を狙ったトレードをすることは危険です。

トレンドがいつまでも続く保証はどこにもないので、順張りの最中にトレンドが転換してしまい、せっかくの利益が含み損になってしまうことも。

相場はその時々によって変化しているので、こまめに「利確」をして、小さな利益を積み上げていくことが大事です。

2.超短期の逆張りトレード

スキャルピング逆張りトレード

次に、超短期取引における「逆張りトレード」を紹介します。

トレンドに対しては、先ほども書いたように順張りをすることがおすすめです。

では、レンジ相場では何もできないか、トレンド相場でも使える手法はないかというときに役に立つのがこの「逆張りトレード」になります。

逆張りというのは順張りの逆で、

相場が向かっている方向とは逆方向にポジションを持つ

手法になります。

例えば、相場が上昇中に売り(ショート)の注文を出したり、相場が下降中に買い(ロング)の注文を出すと逆張りということになります。

そして、逆張りは主に超短期の取引(スキャルピング)において大活躍します。

スキャルピングについては取引スタイルという項目で説明しますが、ここでは超短期(数秒から数分まで)の取引だと覚えておいてください!

なぜ、相場とは逆方向にポジションを持つのでしょうか?

それは、相場の動きが複雑性を持っているためです。

トレンド相場はトレンドとは言いますが、一直線に上昇していくわけではありません。

正確に言えば、「小さな下降と上昇を繰り返しながら一定方向に動いていく相場」のことをトレンド相場というのです。

「超短期の逆張りトレード」では、この特性を利用して、短い時間(数秒から数分)で注文から決済までを済ませます。

手法の具体例

逆張りをするタイミングですが、もちろんエントリーするのはトレンド相場なので、闇雲にエントリーしてはいけません。

こちらも逆張りのタイミングを発見するのにはインジケーターが役立ちます。

具体的には、オシレーター系と言われるインジケーターを使って

・RSIの売られすぎ、買われすぎ
・ストキャスティクスの値
・移動平均線の傾き

などのインジケーターを参考に相場の押し目(小さな転換点)を探します。

そろそろ相場が一時的に反転するだろうというポイントが見つかったら、慎重に相場と逆方向にエントリーしていきます。

お金マン
お金マン
慎重にエントリーしたいね!

この手法の注意点

この逆張りトレードではトレンドに逆らってポジションをとるため、トレンド方向に相場の動きが戻った場合に瞬く間に損失を抱えることになります。

あらかじめ損切りラインを明確に設定しておき、素早い損切りを心がける必要があります。

4本値を使った超簡単トレード手法

4本値を使った超簡単トレード手法

次にポンド円を使った超簡単トレード手法を紹介します。

その方法は、朝に5分間だけポンド円の4本値を確認するだけです。

誰でもできて、継続的に利益が狙える方法になるので是非活用してみてください。

手法の具体例

朝の6時もしくは7時にポンド円の4本値を確認し、前日の終値から30pips以上動いた方向に順張りでポジションを持っておきます。

もしこの時終値からの値動きが30pips未満という場合は、その前の日の値動きに従います。

損切りラインは100pipsに決めて、利確ラインは300pips以上が基本です。

週初めの月曜日には相場が大きく変動するので、火曜日から土曜日までの5回をトレードチャンスとして取引をしていきましょう。

この方法は基本的にトレンドに沿ったトレードを忠実に再現したものになりますので、大きな利益を狙えるというよりかは、継続的にコツコツ積み上げられるというトレード手法になります。

過去のデータから検証してもトレンドが出ているときは安定して利益を取れる手法にhなるので、是非試してみてください。

【FXの手法】取引するときのコツを解説

ここでは、取引するときに、どの手法でも共通する勝つコツを紹介していきたいと思います。

実際の取引に使える知識を紹介していこうと思うので、ぜひ参考にしていみてください!

お金マン
お金マン
それじゃあ、始めていこう!

ファンダメンタルズ・テクニカル分析を学ぶ

ファンダメンタルズ分析・テクニカル分析
まず、「ファンダメンタルズ・テクニカルの分析の方法を学ぶ」ことです。

まず定義から見ていきましょう!

ファンダメンタルズとは…

経済成長や雇用、物価などの経済活動の良し悪しの状況をしめす指標・情報。

ファンダメンタルズは、経済活動の良し悪しを示しているので、これを基に数年後の経済状態を予測します。

もちろん、そういった経済活動はすぐに結果に表れるものではなく、じわじわと結果・価格に反映されてくるものなので、

主に長期的なトレードであるスイングトレードに用いる分析手法になります。

主にファンダメンタルズ分析に注目すれば良い情報

  • 経済成長率
  • 失業率、物価
  • 中央銀行による政策金利
  • 中央銀行による将来への経済の見通しと政策金利の将来の変更予想

などが挙げられます。

これらの情報はネットで調べられるので、ぜひ一度見てみると良いと思います。

テクニカル分析とは…

チャートの価格形成の動きから、統計的(過去のデータに基づいた)、数値的に価格分析すること。

これは、ニュースなどの情報ではなく、完全に統計に基づいた分析になります。

過去のデータの分析のみからでは、大きく勝つことはできないとファイナンスのセオリーとしてはあるのですが、

市場には多くの人が、色々な視点をもって参加しており、もっている情報も異なります。

そういった情報や将来に起こる事象の予想や期待を、市場は全て価格に取り込んでいくので、現在の価格に将来の動きのヒントが出ている可能性があります。

そして、実際にそれがアナウンスされて、価格が大きく変動しますので、いかにそのヒントを早く読み取り行動を起こすことが大事になります。

テクニカル分析は、そのヒントを統計的に探し出すことを目標にしています。

もちろん、その将来の事象の予想や期待には大なり小なりありますので、テクニカル分析は必ずしも大きな価格変動を予想するものではありません。

基本的には、将来の価格変動を数値的・統計的に予測するものであると理解して頂ければ大丈夫だと思います。

このテクニカル分析はスキャル、デイトレ、スイングトレードのどれにも用いることができますので、ぜひ参考にしてみてください!

相場観をつかむ

相場観をつかむ
第二として、相場観をつかむことです。

これは、先ほどのファンダメンタルズに似ていますが、ファンダメンタルズとは経済の基盤的な経済活動状況のことです。

相場観とは、市場参加者の全体的な心理状態のことです。

売買に対して、強気なのか弱気なのかということです。

もちろん、経済の状況が良い時(ファンダメンタルズは良い時)でも、少し悪いニュースが入ったり、一時的に悪い指標結果が出たりした時、

投資家は一時的に売買に弱気になったりします。

この投資家の全体的な心理状態を読み取る事が、相場のトレンドにうまく乗ったり、勝ち残るコツとなります。

これは、実際の取引をしていくことでしか理解できないかもしれませんが、長く続けていけば読み取っていくことができるようになります。

市場の心理状態がどれくらいの期間継続するかを読み取り、スキャルやデイトレなどの投資に応用していければ、更に成功できるトレーダーになれると思います。

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

FXの3つの取引スタイルを紹介

次に取引のスタイルについて紹介していきます。

先ほど紹介した手法を使いながら、自分の生活や性格に合ったスタイルを身につけましょう。

FXなどの金融取引投資において、取引スタイルには主に3種類あります。

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード

です。

それぞれの特徴を初めての方にも分かるように、簡単にかつ詳しく書いていきたいと思います。

1.スキャルピング

FXの3つの取引スタイルースキャルピング

スキャルピングとは、数秒単位で売買する取引手法です。

数秒単位で売買するので、あまり価格変動することなく、とるリスクも抑えることができます。

本当に瞬間的な取引をしていくので、ボラティリティ(価格変動率)の高い通貨大きなポジションで取引するのが一般的になります。

スキャルピングと聞くと、危険なイメージもありますが、ルール通りにすればそこまでは危なくはありません。

大きなポジションを取って、予想に反した方向に価格が動いて、損切りできずにずるずると膨大な損失になってしまったために危険になりえるだけで、

前もって設定した損切り価格で、しっかりと損切りすることが重要になります。

また、初めての方なら、小さいポジションでスキャルピングすれば、価格もあまり大きく変動することがないので、大きくは勝てませんが、大きく負けもしません。

とても安全な取引になるので、始めの1,2日目はそういった取引をしてもいいのではないのでしょうか!

スキャルピングをしたい方はJFXでFXを始めるのがおすすめです。

この会社は約定力が高くシステムも安定しているので、短期取引には最適な会社です。

詳細は下記から見れるので、是非確認してみてください。

お金マン
お金マン
JFXを知らない人は詳細をチェックしてみよう!

\口座開設&取引で最大101000円!/

【必見】FXスキャルピングの7つのトレード手法と勝ち方を解説今回は、「FXのスキャルピング」についてまとめていきたいと思います。 今回のポイントは、 スキャルピングとは? ...

2.デイトレード

FXの3つの取引スタイルーデイトレード

デイトレードは、一日内で売買する手法になります。

スキャルピングよりもポジションを長く保有するので、リスクを抑えるためには、ポジション量を比較的低く抑える必要があります。

一日程度ポジションを保有するので、比較的大きい価格変動で利益を出すことができます。

そして、常にチャートに張り付くような緊張状態が続く取引手法でもないので、比較的ゆったりと取引することができます。

また、取引の基準となるのはチャートでのテクニカル分析、あるいはニュースになります。

テクニカル分析とは、統計ツールを使った価格の分析です。

統計ツールには、移動平均線ボリジャーバンドなどがあります。

これらの統計ツールの正しい解釈ができれば、短期的な価格の動きの予測をすることができます。

また、ニュース価格に影響を与えるので、新しい情報には常に注意しておくべきです。

お金マン
お金マン
一日に何度かチャートを見て売買できる人や、チャートのテクニカルな分析で取引したい人におすすだよ!
FXデイトレードの手法とは?|初心者でも勝てるの5つのコツを紹介今回は、「FXのデイトレード」についてまとめていきたいと思います。 この記事のポイントは以下の通り。 デイトレードの...

3.スイングトレード

FXの3つの取引スタイルースイングトレード

スイングトレードは、一日以上の長期的にポジションを保有するトレード手法になります。

長い人であれば、数年レベルで保有する人もいるので、スイングトレードのトレード期間は人によって大きく異なります。

また、数日数ヶ月のレベルで保有することになるので、

ポジションの量は少なめ(レバレッジをかけすぎない) かつ ボラティリティの低い通貨

に投資することをおすすめします。

長期的に投資するということは、上にも下にも大きな価格変動を許容するということになるので、

ポジションの量を小さめにしておかないと、大きな利益になる場合もありますが大きな損失がでる可能性もあります。

もちろん、

小さめのポジションの量というのは、人によって異なりますので、レバレッジ5~10倍程度を目安のポジションの量にする ことをおすすめします。

また、ボラティリティの低い通貨に投資するということですが、

ポンドの様なボラティリティの高い通貨に投資していると、数分で1円上下することも稀にあります。

長期目線で取引していると、毎日チャートにかじりついてトレードする感じではないので、

知らないうちに、損切りされることもありますので、長期的にボラティリティの高い通貨に投資することはあまりおすすめできません。

なので、おすすめなスイングトレードの手法は、

ポジションを控えめで(レバレッジ5~10倍)ボラティリティの高い通貨に投資することです。

さらに、長期の投資になりますので、高金利通貨に投資して、長期的にスワップポイント(金利)をもらうこともおすすめですね。

お金マン
お金マン
米ドルの様な安定的で高金利な通貨に、低いレバレッジで投資することがおすすめなんだね!
お金マン
お金マン
時間がない学生やサラリーマンの人や、経済の長期的な見通しをもとに投資したい人におすすめだね!
FXのスイングトレードとは?やり方と勝つコツ・手法を紹介!今回は、FXのスイングトレードについてまとめていきたいと思います。 この記事で解説する内容は以下の通り。 スイングト...

FXの3つの取引スタイルのメリット

ここでは、FXの3つの取引スタイルのそれぞれのメリットについて解説していきたいと思います。

それぞれの手法には違いがあり、合う人合わない人がいると思います。

メリットを理解し、イメージをつかんで、取引し始める時に活かしてくれればと思います。

資金の回転率の高いスキャルピング

スキャルピングのメリット
スキャルピングは、数秒単位で売買するので、資金の回転率が高いです。

FXで成功するのに重要なポイントは、同じ資金で何度も利益を生み出していく回転率になります。

とても、資金を効率よく運用させている状態ともいえると思います。

お金マン
お金マン
とても効率の良い運用方法なんだね!

\口座開設&取引で最大101000円!/

効率性とリターンのバランスが良いデイトレード

デイトレードのメリット
デイトレードは、少しポジションを長く保有しますが、その分リターンも比較的大きくとれます。

なので、資金の運用効率もよく、さらに取れる時は大きく価格変動をとって、大きなリターンを得ることができます。

デイトレは、効率性とリターンのバランスが取れた運用手法になるということですね。

長期的にじっくりと利益を出すスイングトレード

スイングトレードのメリット
スイングトレード長期的にポジションを保有するので、一日に数回価格をチェックする程度で大丈夫になります。

なので、時間のあまりない人に向いた投資手法になります。

また、長期的に保有するので、大きく価格変動を狙うことができ、大きなリターンを得ることも可能になります。

お金マン
お金マン
つまり、時間をかけずに大きくリターンを出せる取引手法なんだね!

FX手法の効率的な上達法

徹底した反復トレード

様々なFXの手法を勉強したら、今度はどのように実践レベルまで引き上げていくのかを解説していきたいと思います。

FX手法を使いこなすために必要なことは、徹底した反復練習です。

この記事を通して多くの手法に触れたと思いますが、全部を一気にマスターすることはできません。

どれも有用な手法になりますが、実践のチャートで利益を出せるレベルまで伸ばすとしたら時間をかけて検証していく必要があります。

そのための方法が反復練習です。

よくあるのはちょっとやって上手くいかなかったから他の手法を試すというパターンが多いということです。

これでは本質的に手法の良さを理解することができないので、FXが上達していきません。

まずはある程度利益が出るようになるため反復的に練習して使ってみてください。

お金マン
お金マン
まずは1つの手法を磨いていこう!

おすすめのFX会社を紹介

ここでは、特に初めての方FX取引を始める際のおすすめのFX会社を紹介したいと思います。

数あるFX会社の中から1つを選ぶのはとても難しいですよね。

どの会社もある一定の高い水準のサービスを提供しており、どれも同じように見えるかもしれませんが、それぞれの強みもありますので、ぜひ参考にしてみてください!

まず、FX会社を選ぶ上で基準とすべきポイント

  • スプレッド
  • スワップポイント
  • 通貨の取引単位量
  • スマホアプリやネットの取引画面の使いやすさ
  • 自動売買、情報配信などのサイドサービスの充実性

などです。

とくに、はじめの3つスプレッドスワップポイント取引単位量とても重要になりますので、FX会社を選ぶ時は注意しましょう!

お金マン
お金マン
それでは、見ていこう!

スキャルピングならJFX

JFX
おすすめ度
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント(ドル円) 20円
スプレッド(ドル円) 0.3銭

スキャルピングならスプレッドが小さく設定されているJFXがおすすめ。

スキャルピング瞬間的な取引で、あまり価格変動しません。

なので、スプレッド(買値と売値の差)できるだけ小さいことが重要になります。

JFXは、スプレッドが業界最狭水準なので、スキャルピングに向いています。

また、主要通貨を1000通貨から取引することができ、少額からの投資に最適なFX会社ですので、その点も少額のスキャルピングには有利となっています

トレードには最高のスペックを発揮するMT4も使えるので、安定したトレードを実現することができます。

これからスキャルピングをしようと思っている人はJFXを使って取引をしていきましょう。

\口座開設&取引で最大101000円!/

デイトトレードならLIGHT FX

LIGHTFXtoppage"
おすすめ度
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント(ドル円) 68円(ドル円)
スプレッド(ドル円) ドル円0.3銭(原則固定)

LIGHT FXは国内で多くの人が使っているFX会社で、デイトレにはおすすめのFX会社です。

デイトレは、テクニカルな分析をして売買するのが基本となります。

テクニカルな分析には、統計ツールが重要になります。

チャートを見る際に、統計ツールを利用することができ、LIGHT FX幅広く統計ツールを提供しているので、デイトレに向いていると思います。

また、デイトレにはスプレッド情報配信も重要になってきます。

情報配信サービススプレッドなども業界最高水準のサービスを提供が提供されているので、デイトレーダーには非常に使いやすいです。

初心者からプロまで幅広い人におすすめできるFX会社になります。

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

スイングトレードならFXブロードネット

FXブロードネットの総評
おすすめ度
使いやすさ A+
安全性 A+
スプレッド 0.3銭
スワップポイント 75円

FXブロードネットスイングトレードをしたい人におすすめするFX会社です。

スイングトレードでは特に、長期的な取引ですのでスワップポイント通貨の取引単位量などが重要になります。

この会社では1000通貨からFXができますので、最小で4000円から取引ができます。

少額の資金でも、資金管理しやすいということですね。

また、

FXブロードネットでは「トラッキングトレード」という自動売買を提供しているので、長期的な目線で自動売買を利用してみてもいいのではないでしょうか。

スワップポイントや少額での取引、自動売買サービスが充実しているのでスイングトレードをしたい方にぴったりのFX会社となっています。

今なら、口座開設して取引をすると最大で2万円のキャッシュバックキャンペーンもしていますよ!

\口座開設&取引で最大20000円!/

FXの手法まとめ

FXの手法まとめ
お金マン
お金マン
最後に今日のまとめをしていこう!
【まとめ】FXの3つの手法

  • FXの取引手法はたくさんある
  • トレンド相場、レンジ相場を見分けよう
  • FXの手法(取引スタイル)には3つあるースキャルピング、デイトレード、スイングトレード
  • [スキャルピングのメリット]ー資金の運用効率性が非常に高い
  • [デイトレードのメリット]ー資金の運用効率性とリターンのバランスが良い
  • [スイングトレードのメリット]ー時間がない人が大きくリターンをだせる
  • 勝つコツーファンダメンタルズとテクニカルな分析 & 相場観をつかむ

どの取引手法が自分に合っているかは、それぞれの好み生活スタイルによると思うので、

実際に取引し、自分にあった取引手法を見つけましょう!

お金マン
お金マン
今日も最後にまで読んでくれてありがとう!

まずは色々な手法を実戦で試してみるのがおすすめ。

LIGHT FXならスマホから取引ができ、スプレッドも小さく、取引ツールも充実しています。

まだメインのFX口座を持っていない方は今のうちに口座開設しておきましょう!

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

▼FXの始め方・やり方の詳細は以下の記事をご一読ください!

FXの始め方
【FX入門】FXのやり方・始め方を初心者にもわかりやすく解説!最近、学生や主婦、サラリーマンの間でFXをしている方が急増しています。 ただ、初心者の方だと、どうやってFXを始めたら良いのか、必...