FX

FXのスイングトレードとは?やり方と勝つコツ・手法を紹介!

今回は、FXのスイングトレードについてまとめていきたいと思います。

この記事で解説する内容は以下の通り。

この記事読むとわかること
  • スイングトレードとは
  • スイングトレードの3つのメリット
  • スイングトレードで勝つコツ
  • スイングトレードの具体的な手法
  • スイングトレードでおすすめのテクニカル指標
  • FX会社を選ぶ基準

スイングトレード数日にわたってポジションを保有して、大きく利益をとりにいく取引手法です。

FX取引をする上で大事な取引手法の一つなので、ここでしっかりとおさえておきましょう!

スイングトレードをするなら、1000通貨から取引でき、スワップポイントも高いLIGHTFXを使うのがおすすめ。

まだ口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

お金マン
お金マン
スイングトレードについてマスターしよう!それじゃあ読んでいこう!

FXのスイングトレードとは?

スイングトレードとは、一日以上、数日の間ポジションを保有して、大きなトレンドをとり、大きく勝つことを目標にした取引手法です。

この項では、スイングトレードの特徴おすすめの通貨について紹介していきたいと思います。

それでは見ていきましょう!

スイングトレードの特徴

スイングトレードの特徴
FXなどの取引の手法には3種類あります。

1つが、今回のテーマであるスイングトレードです。

残りの2つは、スキャルピングというものと、デイトレードになります。

それぞれの特徴を簡単に以下の表にまとめたので、参考にしてみてください!

スイングトレード スキャルピング デイトレード
保有期間 数日単位 数秒レベル 1日以内
利益/1取引あたり 大きい 小さい 中くらい
推奨する取引量 少なめ 大きめ 中くらい

このように、スキャルピングは他に比べて長期間ポジションを持つことで、大きくリターンを出すことができます。

その代わり長期間ポジションを保有するので、スキャルピングやデイトレードの時と比べて、リスクを背負うことになります。

なので、ポジション量を小さく抑えなければいけません。

3つの内、どの手法がおすすめなのかは一概には言えませんが、

それぞれの好みや、生活スタイルなどが大きく影響すると思います。

すぐに結果が欲しい人や、自由な時間が多い人は、スキャルピングデイトレのような頻度の多い取引が向いていると思います。

勉強や仕事で自由な時間があまりなく、チャートをあまり頻繁に見れない人は、スイングトレードが向いていると言えるでしょう。

お金マン
お金マン
好みに合う投資スタイルを見つけることは、とても重要だよ!自分にあった投資をしよう!

スイングトレードに向いた通貨

スイングトレードのおすすめ通貨
スイングトレードに合う通貨はドル円ユーロドルになります。

その理由はずばり下記の理由があるからです。

メリット
  • 安定的(有名な通貨ペア)
  • スワップポイントが多い

スイングトレード長期的にポジションを保有するので、高頻度で価格が乱高下するような通貨はおすすめできません。

比較的、価格変動が安定していて、多くの人が取引するような有名な通貨ペアである必要があります。

多くの人が取引するということは、買いと売りが交錯しやすく、価格が一方向的に変動しにくくなります。

なので、安定的な通貨ペア≒有名な通貨ペアと覚えてもらって大丈夫です。

ドル円ユーロドル両方とも世界で最も取引される通貨ペアですので、スイングトレードに向いていると言えるのですね。

また、米ドルは2019年現在2.25-2.5%の金利を維持しており、今年の後半にかけては利下げされる可能性が高まっていますが、

今のところ、高金利な通貨に間違いはありません。

なので、ドルに投資することでスワップポイントが多くもらえます。

そういった理由から、ドル円の「買い」あるいはユーロドルの「売り」がおすすめの投資する通貨になります。

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

スイングトレードの基本手法3つ

スイングトレードの基本手法3つ

スイングトレードで勝つコツがわかったところで、スイングトレードでの具体的な手法を勉強しましょう。

手法1:トレンドに沿って売買をする

まず、スイングトレードは中長期的なトレード手法なので、細かいチャートのブレにとらわれず、相場の大きな流れに沿ってトレードすることが大切になります。

逆に言えば、相場の大きなトレンドの始まりと終わりさえ見極められてしまえば、素直に売買をすることで大きな利益をあげることが可能となります。

この時のコツは、トレンドの始まりと終わりを見極めるための「トレンドライン」を活用することです。

トレンドライン

もちろん一定のダマシは存在するため、完全にトレンドライン頼りのトレードというわけにはいきませんが、相場の注目すべきポイントや売り買いの集まりやすいポイントがわかるため、勉強しておきましょう!

手法2:週足・日足を中心にトレンドを把握する

スイングトレードでは、正しくトレンドを把握するために、複数の足をみてトレンドを判断するとよいでしょう。

例えば、まずは週足をみて、月単位・週単位のトレンドを把握→分足をみて前日の流れを把握→日足をみて直近のトレンドを把握

といった風に、複数の時間軸のチャートを確認してからトレンドを把握するのが大切です。

そして、スイングトレードで利益を狙うには、メインに4時間足や日足などの時間足を使うのが効果的です。

なぜなら、15分足や1時間足などの短い期間ではトレンドの流れをつかみづらく、少しの相場変動で不安になってしまい、

週足などあまりにも長い時間足を使ってしまうと効果的にチャートの上下で利益を生み出せず、資金に対して非効率なトレードとなってしまうためです。

もちろん、「数週間ポジションを保有することを前提に大きな変動だけを取っていきたい!」

という人には週足なども向いていますが、大きな変動はそう頻繁に起こるものではありませんので初心者には少し難しいかと思います。

また、慣れてきたら自分の生活スタイルにあわせてトレード期間を設定し、そのトレード期間に合わせてみる時間足を決めるということもできるようになります。

慣れるまでは、まずは日足や4時間足を使ってトレードすることをオススメします!

手法3:最小ポジションを常に保有しておく

スイングトレードでは、スキャルピングやデイトレードと異なり、

常にポジションを保有しておくことが利益の拡大につながります!

ただし、ポジションは最小額のポジションに留めておきましょう。

最小額のポジションを保ち続けることで、利益を逃すことなく取引を続けることができ、損切り時にもリスクを最小限に止めることができます。

例えば、下降トレンドでは、売りポジションを最少ロットで保有しておきます。

下降トレンドの場合は、売りポジションを最少額(最小ロット)で保有します。

逆に、上昇トレンドの場合は、買いポジションを最小ロットで保有し続けるとよいでしょう。

この手法を用いる際の注意として、損切り時には全ポジションを決済しましょう。

損切りポイントはレンジ幅の外側に設定しておくと良いでしょう。

例えば、

上昇トレンド→レジスタンスラインの外側

下降トレンド→サポートラインの外側

に損切りラインを設定すると良いでしょう。

FXのポジションって何?を世界一わかりやすく解説|保有期間や注意点は?今回はFXにおけるポジションについて詳しく紹介していきます。 FXではポジションを知らないとスムーズに取引をすることができないので...

手法4:注文する幅をなるべく広めにするようにする

スイングトレードの手法

スイングトレードで大切にすることはなるべく注文幅を広くするということです。

利益が少ないと焦って多くのポジションを抱えてしまいがちですが、短期間の為替の値動きに影響されやすくなるので注意が必要です。

スイングトレードの強みは中期的なレンジで徐々に利益を伸ばすことになります。

焦って短期間に注文を繰り返すと損失が広がってしまうだけですので、なるべく注文幅を少なくし、保有するポジションも少なくしていきましょう。

あまりポジションが多くなってしまうと急な為替変動による影響が大きくなってしまい、安定して利益を増やすことが難しいです。

スイングトレードの3つのメリット

スイングトレードは、他の手法と同様、メリットが多いです。

主なメリットは、この3つになります。

メリット
  • 頻繁にチャートを確認しなくていい
  • 短期的な値動きに影響されない
  • 大きなリターンを得られる

特に、時間のない人や大きく利益を取りたい人におすすめなのではないでしょうか!

それでは詳しく見ていきましょう!

チャートの確認は1日1回だけ

チャートの確認
まず、チャートの確認は1日1回くらいで十分です。

スイングトレードは、長期的な投資なので、数日単位の価格変動が重要になります。

長い人であれば、数年単位でポジションを保有するくらいですので、数分や数時間単位の値動きはあまり重要ではありません。

アドバイスとしては、日足や週足のチャートと、その短期と長期の移動平均線の動きなどをチェックしておくとよいと思います。

短期的な値動きにとらわれない

2つ目のメリット
2つ目のメリットとしては、短期的な値動きに影響されないことです。

これは、1つ目のメリットと少し被りますが、ニュアンスとしては、

「短期的に損失が出ても大丈夫」であるということです。

長期的に投資していれば、未実現損益がマイナスになることも幾度となくあると思います。

そういったちょっとした値動きにとらわれず、しっかりと経済のファンダメンタルズの強い国の通貨に投資し、

長期的な目線で大きく利益を出すことがスイングトレードのポイントになります。

なので、短期的に損失が出たとしても、あまり気にする必要がないということがメリットの一つであると思います。

お金マン
お金マン
もちろん、損失が出ても大丈夫な長期的な資金管理をすることが必要になるよ!

大きなリターンを狙える

3つ目のメリット
スイングトレードは、長期的な投資をするので、上手くトレンドに乗ることができれば、大きなリターンを出すことができます。

特に、長期的に影響を与えうるマクロ的な要因、例えば、金利の上昇、雇用・物価の改善や上昇、高い経済成長率などの将来の期待が為替を上げていくことになります。

お金マン
お金マン
「期待で買い、結果を見て売る」ことが投資の常だよ!

将来への期待が続く場合買われ続け、更なる期待が持てない時が売り時になります。

そういった、将来の経済への期待、予測しうるマクロ的変化にうまくのっていければ、スイングトレードで大きく利益を出せると思います。

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

スイングトレードの3つのデメリット

先ほど紹介したようにスイングトレードにはメリットも多いのですが、もちろんデメリットも存在しますので、頭に入れておきましょう!

主なデメリットは、これら3つです。

デメリット
  • 相場の急変時に対応できない場合がある
  • 多角的なFXの知識が必要となる
  • ある程度まとまった資金が必要である

それでは、それぞれの特徴を詳しく見ていきます。

相場の急変時に対応できない場合がある

スイングトレードのデメリットその1

スイングトレードでは、スキャルピングのようにポジションを持っている間にチャートをずっと監視している訳ではないため、相場の急変時に対応しづらいというデメリットがあります。

例えば、経済指標で予想外の結果が発表されたり、大統領など要人のサプライズ発言などによって相場が大幅に動いたり、トレンドが変化したりする可能性があります。

スイングトレードだと、中長期的な戦略での取引となりますので、急な相場変動に対応できない可能性があります。

対策として、決済指値や逆指値を入れておくことで、万が一の相場変動時に自動で利益確定や損切りがされるようにしておくことが大切です。

通貨の暴落などの場面に直面して、一撃で大きな資金を失うのはつらいので対策しておきましょう!

多角的なFXの知識が必要となる

スイングトレードのデメリットその2

スイングトレードの場合は、相場の瞬発的な動きに対応するスキャルピングやデイトレードとは違い、数日から数週間ポジションを保有するため、

長期間にわたって正確に相場の方向性を見極める必要があります。

チャートを見る上でのテクニカル分析ももちろん必要ですが、それに加えてファンダメンタルズでの分析知識も必要となるのです。

経済指標や、要人の発言、そして世界情勢などさまざまなことに気を配りながら自分にあった手法を見つける必要があるため、

FXの手法の中でもっとも勉強が必要な手法だと言えそうです。

トレードノートをつける、経済を勉強するなどの工夫で勝つコツを自分なりに模索してみてください!

ある程度まとまった資金が必要である

スイングトレードのデメリットその3

スイングトレードでは、ポジションを保有する期間が長い分、1回のトレードでの利益は大きくなります。

ただし、逆に損切り幅も大きく設定するため、最低で数10pips~、値動きによっては数100pips以上の損切り幅を設定することも多くあります。

そのため、相場急変による強制決済に加えて、余裕をもって資金を投資する必要があり、ある程度まとまった資金が必要だと言えるでしょう。

FXはいくらから始めるべき?資金に合わせたFXの始め方を紹介!今回は、FXはいくらから始めればいいのかについてみていきたいと思います。 初めてFXを行う方は、いくらからFXを始めたら良いのかわ...

スイングトレードで勝つコツ

ここでは、スイングトレードで勝つコツについてまとめていきたいと思います。

主な要点としては、これらのことがあります。

勝つコツ
  • 日足以上のチャートでトレンドをおさえる
  • 高い金利の通貨に投資
  • 適切な損切・レバレッジ設定

1つ1つ詳しく説明していきたいと思います。

お金マン
お金マン
それじゃあ、詳しく見ていこう!

週足・月足のチャートでトレンドを把握

トレンドをしっかり把握しよう

まずは、日足以上のチャートでトレンドを把握することが大事です。

数日単位で利益を出していきたいのなら、さらに長い期間でのトレンドを知ることで、これから数日後にどの方向に価格が形成されていくのかをつかむことができます。

そのように、常に長い期間でのトレンドをつかむことを意識しておくことが大事になります。

そして、トレンドの読み方は、移動平均線のトレンド過去の底値や高値をおさえておくとよいと思います。

まず、移動平均線ですが、短期移動平均線が長期移動平均線をクロス(交差)して上回る場合

これから価格が短期的に長期的な平均価格を上回ることを示唆していますので、「買い」が推奨されます。

逆に下回る場合は、短期的に価格が長期平均価格を下回ることを示唆しており、その場合「売り」が望ましいです。

また、過去の底値や高値は、市場参加者も意識しやすく、仮に底値に近づいても、価格が底抜けしない場合、そこがサポートされるラインであると見られ、買い戻しや買いの注文が出やすくなります。

そのため値近くなどで「買う」と良いと思います。

また、高値に近づいて、突き抜けていった場合強い上昇トレンドとみられますので、「買い」、突き抜けに失敗すれば売り戻されたりしますので「売り」が推奨されます。

このように、「買い時」「売り時」を正しく見つけることでトレンドにうまく乗れると思います。

プラスのスワップポイントを得る

スワップポイントを狙ってトレードをしよう

また、プラスのスワップポイントが得られる通貨に投資しましょう!

プラスのスワップポイント、つまり高い金利の通貨ですね。

スイングトレード長期的な投資ですので、毎日付与されるスワップポイントも大きな利益となりえます。

なので、高い金利の通貨に投資するべきであると思います。

また、高い金利の通貨は、金利がもらえるということで買い需要が高いです。

基盤的な価格が上昇する理由にもなりますので、金利が高い通貨は、スワップポイントからも価格差でも儲かりやすいです。

なので、スイングトレードには高い金利の通貨(米ドルなど)がおすすめです。

損切りや適切なレバレッジを設定する

損切りや適切なレバレッジをかけよう

最後に重要なコツが、損切りレバレッジなどの資産管理を徹底させることです。

FXで負ける人の多くは、レバレッジをかけすぎたり、損切りができなかったなどで、資産が目減りし続け、最終的に負けてしまうことが多いです。

FXで勝つコツは、小さく負けて大きく勝つことです。

そのためには、損切り幅を小さくし、利食い幅を大きくしなければいけません。

また、レバレッジをかけすぎると、ロスカットに合った場合に大きく損切りされてしまうので、そのためにはレバレッジは5~10倍くらいに抑えておきましょう!

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

ドル円から取引を始める

ドル円のトレードをするのがおすすめ

重要なコツの1つは値動きが予測しずらい通貨で取引をしないということです。

特に初心者であれば相場を読む力がまだ備わっていないため、為替変動が大きい通貨でスイングトレードをするのは危険です。

そのため、まずは相場が比較的予測しやすいドル円から始めるようにしていきましょう。

高金利通貨には及びませんが、ドルも金利が高い通貨ですので保有しているとスワップポイントも狙えます。

為替差益と合わせて利益を狙うと大きな収益が期待できるのでおすすめの通貨です。

ある程度相場が読めるようになってくるまでは、ドル円をトレードしていくようにしていきましょう。

スイングトレードをするときの注意点

それでは次にスイングトレードをするときの注意点を解説していきます。

これからスイングトレードをしようと思っている方は参考にしてみてください。

土日にポジションを保有するリスクがある

土日にポジションを持つリスクがある

1つ目の注意点は土日にポジションを保有するリスクがあるということです。

FXでは基本的に平日を使ってトレードするので、市場が空いていない土日にトレードすることはできません。

しかし、いくつかの国では為替の取引が行われているので、月曜日には大きく為替が変動するリスクがあります。

そのため多くのトレーダーは土日にはポジションをなるべく持たないようにしています。

もちろん、為替が予想と同じ方向と動くことがありますが、土日に国際的に大きな影響がある発表がある時などは為替の値動き予測するのは難しいです。

しかし、スイングトレードの場合は基本的に1週間から3週間程度ポジションを持つケースが多いので、このリスクがあるということを注意しましょう。

デイトレードに比べて損失が大きくなりやすい

デイトレードに比べて損失が大きい

2つ目の注意点はデイトレードに比べて損失が大きいということです。

デイトレードはポジションの保有時間がデイトレードよりも多いため、為替の変動幅も当然大きくなっていきます。

そのため、万が一損切りが遅れてしまうと、かなりの大きな損失になる可能性があります。

また、チャートをそこまで確認する必要がないため、普段時間が取れないサラリーマン等にはおすすめの手法ですが、トレード経験が浅いと損切り等の判断も遅れてしまいます。

そのため、スイングトレードに注力するという場合はある程度相場経験を積んでからの方が最適です。

スイングトレードでオススメのテクニカル指標や売買方法

スイングトレードでオススメのチャートや売買方法

次に、スイングトレードでオススメのチャート設定や、工夫について紹介します。

スイングトレードでオススメのテクニカル指標・チャート

まず、スイングトレードで表示するオススメインジケーターは、21指数移動平均線です。

いわゆる21EMA(Exponential Moving Average)というものになります。

なぜ単純移動平均線ではなく指数移動平均戦がオススメかというと、その方が相場にフィットするためです。

少し説明をすると、指数移動平均線は普通の単純移動平均線よりも直近の値を重視して算出されるという特徴があります。そのため、単純移動平均線よりも早くチャートが動きます。

結果的に、トレンドを追うのに適したテクニカル分析手法となっています。

指数移動平均線とダウ理論さえマスターしていれば、相場は十分わかるとまでいった著名投資家までいるほどなので、ぜひこの機会に使ってみてください。

使い方としては、例えば、

使い方の例
  • ローソク足が21指数移動平均線の上にある場合には買い
  • ローソク足が21指数移動平均線の上にある場合には売り
  • ポジションを持っている状態で、ローソク足が21指数移動平均線をクロスしてしまったら損切り

などとルールを決めて、このルールにしたがって取引を進めるだけで、比較的うまくトレードができると思います。

【FXのおすすめテクニカル分析】レベル別の組み合わせも紹介!今回は、「FXにおすすめなテクニカル分析」についてまとめていきたいと思います。 この記事のポイントは以下の通り。 テ...

スイングトレードでオススメの売買方法

スイングトレードでオススメする売買方法として、デイトレードとの両建てをしてリスクを削減するという方法があります。

スイングトレードは両建てと相性の良いトレード手法です。

なぜなら、相場はかならずしも一定方向に動き続ける訳ではないためです。

スイングトレードはある程度長期間ポジションをもち、大きなトレンドに乗って順張りで利益を得る投資方法ですが、大きなトレンドの中で小さな上昇と下降を繰り返しながらチャートを形成します。

この、一時的に発生する押し目を狙い撃ちしてデイトレードを行うことで、より多くの利益を得ることができます。

また、スイングトレードの利確がうまくできず、適切なイグジットタイミングを逃してしまった場合にも、デイトレードで逆張りフォローをしておくことでスイングトレードでの損失文を取り返すことができます。

その結果、うまくいけば利益が増える。失敗した場合にも損失回避になるというリスク管理ができることになります。

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

スイングトレードは精神面が重要

精神面の重要性

FXを学ぶ上では、手法や技術的な側面に目が向きがちですが、スイングトレードではそれに加えて精神的な強さが非常にトレード結果に影響します。

なぜなら、スイングトレードでは、スキャルピングやデイトレードよりもポジションを長く保つためです。

FXのスイングトレードでは、トレンドに神経を集中させるのがポイントです。

単位間の細かい上下は気にせず、トレンドがどちらに発生するのかにのみ神経を集中させる必要があります。

そして、相場のレンジ、トレンドをしっかりと見極めることに全神経を集中させ、チャンスが来るまでじっと待つことが必要です。

このように、FXのスイングトレードでは、待つ根気が必要です。決して早く稼ぎたいあまりとりあえずポジションを立ててしまうということなく、エントリーチャンスが来るまでは、待ち続けましょう。

スイングトレードに限らずですが、勝つためにはとにかく自信があるポイントまでじっくりと時間をかけて待つという姿勢が非常に大切なのです。

「ただ待てばいいだけ」かもしれませんが、ポジションを保有しているうちはかなりの精神的プレッシャーがかかっています。

初心者はチャンスを待てずに頻繁に取引をしてしまいがちですが、勝てる根拠のない取引を行っても結果は見えています。たまたま勝てたとしても長期的に見れば絶対に負けてしまうのです。

いくら優れたスキルを持っていたとしても、メンタルがしっかりとしていないと、力を発揮できません。

取引に慣れながらも、メンタルも同時に鍛えていきましょう!

お金マン
お金マン
スイングトレードは、手法だけじゃ勝てないんだね

スイングトレードに最適なFX会社の選び方

スイングトレード向きのFX会社
ここでは、スイングトレードにおすすめなFX会社の条件について簡単にまとめていきたいと思います。

大事になってくるのは、

ポイント
  • ファンダメンタルズに関する情報配信
  • 取引通貨単位

などになります。

長期的なトレンドに影響してくるのは経済のファンダメンタルズになりますので、長期投資をする上は非常に重要になります。

ファンダメンタルズとは…

経済活動の状況を表す指標。経済成長率、失業率、物価上昇率、財政や経済収支などがこれにあたる。

簡単に言ってしまえば、ファンダメンタルズとは、経済の方向性を判断する上での基盤的な情報です。

これが、長期的な価格形成に影響してくるので、スイングトレードをする上で非常に重要になります。

なので、定期的に情報配信サービスを利用して、経済状況を知らせてくれているニュースに軽く目を通しておきましょう!

また、取引通貨単位も重要になります。

長期投資の場合、保有する期間が長くなるため、ある程度の価格変動に耐えれるようにならなければいけません。

資金が大量にあれば、一万通貨単位で取引しても大丈夫ですが、

少資金の場合、特に10万円以下の場合、

1万通貨単位で取引するのが難しい場合もあります。

そんな時、1000通貨単位で取引できたら、柔軟にポジションの量を調整できますよね。

特に、長期投資ではポジションをある程度おさえたトレードが推奨されますので、少資金で始められる方には、1000通貨単位で取引できるFX会社がおすすめです。

お金マン
お金マン
情報配信と取引通貨単位を基準に、スイングトレード用のFX会社を選べばいいんだね!

スイングトレードにおすすめのFX会社

ここではスイングトレードにおすすめなFX会社を紹介していきたいと思います。

スイングトレードで重要になってくるのは、

ポイント
  • スワップポイント
  • 取引通貨数の単位

でしたね。

スイングトレードは長期的に大きくリターンを取りにいく取引になるので、スプレッドのような小さな価格差はあまり気になりません。

それよりも、毎日付与されるスワップポイントがどれだけもらえるかや、長期的にポジションを持つために、ポジション量を柔軟に調整できること

などの方がより重要になってきます。

ここでは、それらに長けたFX会社2社を紹介していきたいと思います。

LIGHTFX

LIGHTFX
おすすめ度
使いやすさ A+
安全性 A
ドル円 スワップポイント 72円
取り扱い通貨数 24種類
最低通貨単位 1000通貨

LIGHTFX長期投資にスイングトレードにもっともおすすめなFX会社です。

ドル円のスワップポイントも毎日多く付与されますし、1000通貨単位での取引が可能なので、とてもスイングトレードに向いてます。

また、経済指標などの情報配信サービスにおいても長けており、発表後すぐにアプリの通知で知らせてくれるので、安心して長期的なトレードをすることができます。

時間がない学生やサラリーマンの方でも、情報配信されるニュースを見るなどするだけで、限られた時間の中で市場の動きを把握することができます。

なので、スイングトレードのような長期トレードには大変相性の良いFX会社であると思います。

今なら最大50000円のキャッシュバックするキャンペーンもしているので、ぜひチェックしてみてください!

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

外為オンライン

外為オンラインの総評
おすすめ度
使いやすさ A+
安全性 A+
ドル円スワップポイント 65円
取引通貨ペア 24種類
最低取引単位 1000通貨

外為オンラインFX業界の中でかなり有名な会社の一つです

ドル円のスワップポイント業界で最高水準のレベルで毎日付与され、とても長期投資に向いたFX会社です。

また、1000通貨単位で取引可能なので、ポジション量を柔軟に調整していくことができます。

更に魅力的なところが、自動売買のシステムデモトレードサービスを提供していることです。

毎日仕事や勉強などで、チャートを見る時間がない方は自動売買で長期投資してみるのも良いでしょう。

今なら5000円のキャッシュバックが受け取れるキャンペーンも開催中です。

\口座開設で5000円もらえる!/

【まとめ】FXでスイングトレードしよう

FXスイングトレードまとめ
お金マン
お金マン
最後に今日のまとめをしよう!
【まとめ】FXのスイングトレード
  • スイングトレードは長期的に大きく利益をとる手法
  • ドル円やユーロドルなどが向いている!
  • 頻繁にチャートを見なくていい、値動きに影響されない、大きくリターンをだせることがメリット
  • 3つの勝つコツ-週足や月足などのチャートを見る、スワップポイントがもらえる通貨を取引、損切りやレバレッジなどの資金管理
お金マン
お金マン
スイングトレードは、時間のない人や大きく利益を出したい人におすすめだよ!
お金マン
お金マン
ぜひ、この記事を参考にしてトレードしてみて欲しい!

スイングトレードをするならLIGHTFXを使うのがおすすめ。

1000通貨からの取引が可能な点と、情報力に加え、スワップポイントが高い点が魅力。

まだ口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

▼FXの始め方・やり方の詳細は以下の記事をご一読ください!

FXの始め方
【FX入門】FXのやり方・始め方を初心者にもわかりやすく解説!最近、学生や主婦、サラリーマンの間でFXをしている方が急増しています。 ただ、初心者の方だと、どうやってFXを始めたら良いのか、必...