FX会社

DMM FXのスキャルピング禁止されてない!?メリットと注意点を徹底解説!

今回は、「DMMFXのスキャルピング」について詳しくまとめていきます

スキャルピングは、デイトレードよりもさらに短く、数秒〜数分単位で取引していく手法です。

おばあさん
おばあさん
ひえ〜…そんなに早く売買しちゃうんだ…!?

取引にほとんど時間がかからず、わずかな価格変動でも利益を得られるチャンスがあるため、好んで行うトレーダーも少なくありません。

お父さん
お父さん
仕事で忙しい人にも取り組みやすそうだな

ただし、FX会社によってはスキャルピングを禁止しているところもあるため、注意が必要です。

お母さん
お母さん
あら…それは困っちゃうわね?

そこでこの記事では、FX会社のなかでも特に人気の高いDMM FXではスキャルピングを行えるのかどうか、またそのメリットや注意点についても解説していきたいと思います!

この記事のポイントをまとめると…
  • DMM FXでもスキャルピングはできる!
  • 業界最狭水準のスプレッドで取引コストを軽減
  • キャッシュバックの取引数量の条件も達成しやすい
  • 取引間隔は分単位で行うようにする
  • 一度に大量の取引をしないようにする
DMM FX 広告

スキャルピングで取引するなら、DMM FXがおすすめ

スプレッドが狭く、取引ツールからもスムーズに発注できるなど、スキャルピングを行うには最適な環境が整っています。

取引量が増えれば、キャッシュバック最大20万円を狙うこともできるので、ぜひこちらから口座開設してみてください!

\最大200,000円のキャッシュバック!/

DMMFXでスキャルピングできる?

DMM FXはスキャルピングができる

DMM FXでは、スキャルピングを禁止とはしていません

公式サイト内のコラムでも、スキャルピングを「FX取引のスタイル」のひとつとして紹介していることからそのことが分かります。

お母さん
お母さん
あら、それなら安心して取り組めそうね♪

ただし、DMM FXの約款を見てみると、第7条に禁止事項として以下の例が挙げられています。

  • 過度な投機的取引を行う行為
  • 取引の如何に関わらず本取引システム又は本取引システムの運用に対して課題に負荷を強いる行為
  • 短時間での注文を繰り返し行う行為

スキャルピングを行なっていると、これらに当てはまるケースも出てくるので注意してください。

禁止行為と判断されると、事前の通知なく当該講座を凍結し、過去にさかのぼり約定を無効とすることができるとされています。

おばあさん
おばあさん
ええ…でも具体的にどういう行為がダメなのかしら…?
お金マン
お金マン
この書き方だとちょっと分かりにくい部分もあるよね

DMM FXでは、「過度な投機的取引」や「短時間での注文」について、具体的な基準などは明らかにしていません

しかし、これらはおもにシステムトレードによる高速取引を想定した禁止事項と考えられるため、通常の取引ではそこまで心配する必要はないでしょう。

お父さん
お父さん
禁止事項については「注意点」の項目でさらに詳しく解説するぞ!

\最大200,000円のキャッシュバック!/

DMMFXでのスキャルピングをするメリット

DMM FXでスキャルピングを行うことには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、以下の3つのポイントについて説明します。

DMMFXでのスキャルピングをするメリット
  • スプレッドが狭く取引コストが安い
  • キャッシュバックの条件を達成しやすい
  • 取引ツールからスムーズに発注できる
お母さん
お母さん
スキャルピング以外の取引でもメリットになりそうなことばかりね♪

スプレッドが狭い

業界最狭水準のスプレッドで取引コストを軽減

DMM FXでは以下のように、業界最狭水準のスプレッドで取引を提供しています。

  • 米ドル/円:0.2銭
  • ユーロ/円:0.5銭
  • ポンド/円:1.0銭
  • 豪ドル/円:0.7銭
  • 南アランド/円:1.0銭
  • ユーロ/米ドル:0.4pips
  • ポンド/米ドル:1.0pips
お父さん
お父さん
スプレッドは原則固定だからコスト計算もしやすいぞ!

スキャルピングでは取引回数も大幅に増えてしまいますが、これぐらいスプレッドが狭いと、そのコストもかなり抑えることができます

お母さん
お母さん
実際にいくらのコストになるのかしら?

たとえば、米ドル/円を1,000通貨で取引したすると、そのコストは「0.2銭×1,000=200銭(=2円)」となります。

1日10回の取引として20円、さらに1ヶ月間(約20営業日)で400円、年間になると4,800円と積み重なっていくことになります。

おばあさん
おばあさん
あら…思ったより増えていくのね…

もし、スプレッドが0.3銭だったとすると、同じケースでも取引コストは7,200円となり、その差額は2,400円になります。

お金マン
お金マン
このコスト差はかなり大きいね!

このように、スキャルピングではごくわずかなスプレッドの差でも、取引を重ねるに従い、大きなコストの差となって表れてくるのです。

\最大200,000円のキャッシュバック!/

キャッシュバックが有利

キャッシュバックの条件が達成しやすい

DMM FXでは、新規口座開設+取引で最大20万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを開催しています。

その金額は取引数量に応じて高くなっていくため、スキャルピングではより有利な条件となります。

お母さん
お母さん
同じ資金額でも、スキャルピングなら取引回数は増やせるものね♪

キャッシュバック金額の条件は、以下の通りです。

新規取引数量キャッシュバック金額
1,000Lot〜2,000Lot未満10,000円
2,000Lot〜5,000Lot未満20,000円
5,000Lot〜20,000Lot未満50,000円
20,000Lot〜30,000Lot未満100,000円
30,000Lot〜40,000Lot未満150,000円
40,000Lot〜200,000円

キャッシュバックの対象となるのは口座開設完了から3ヵ月間なので、1万円をもらうには、少なくとも1ヵ月(約20営業日)あたり330Lot程度、1日に換算して16〜17Lot程度が必要ということになります。

お父さん
お父さん
DMM FXでは1Lot=1,000通貨、米ドル円なら11万円程度の金額になるぞ!

スキャルピングなら、1日に十数回程度の取引は自然にこなせるので、キャッシュバックの条件もかなり楽に達成できるでしょう。

おばあさん
おばあさん
気がついたら金額アップ…!なんてこともありそうね…!

\最大200,000円のキャッシュバック!/

取引ツールが使いやすい

取引ツールが扱いやすく発注がスムーズ

DMM FXでは、以下のような各種取引ツールを取り揃えています。

  • 「DMMFX PLUS」万能型のPC版取引ツール
  • 「DMMFX STANDARD」初心者にも優しいスマートな操作画面
  • 「スマホアプリ DMM FX」PC版に匹敵する高機能アプリ
  • 「DMM FX for smart phone」インストール不要のスマホ対応システム

いずれも、とてもスムーズに注文が行えるので、わずかなタイミングのズレも許されないスキャルピングにはぴったりのツールとなっています。

お父さん
お父さん
スキャルピングでは1秒の遅れが命取りになることもある!

特に、スマホアプリはPC版と変わらないほどの高機能で、外出先からでも自宅と同じように分析から取引までこれひとつで行うことができます

仕事の合間などのわずかなスキマ時間にも、思う存分スキャルピングを試すことができるでしょう!

お金マン
お金マン
スキャルピングはいつでもどこでも手軽にできるのも醍醐味だ!

\最大200,000円のキャッシュバック!/

DMMFXでのスキャルピングの注意点

DMM FXでスキャルピングを行う場合には、以下の点に十分気をつけてください

DMMFXでのスキャルピングの注意点
  • 1日の取引は20回程度を目安に
  • 取引は分単位で間隔を空けて行う
  • 重要経済指標発表時には取引を避ける
  • 一度にあまり大量の取引を行わない

最悪の場合、口座凍結となってしまう可能性もあるので、必ず守りましょう。

お父さん
お父さん
口座凍結になると二度と解くことはできないぞ!

1日の取引回数の目安

1日の取引回数の目安は十数回

DMM FXで口座開設キャンペーンのキャッシュバックをもらうには、少なくとも1日に16〜17回程度の取引回数は必要となります。

その点から考えると、1日20回前後の取引回数は許容されていると考えてよいでしょう。

おばあさん
おばあさん
1日に20回なら結構たくさん取引できそうね…!

この目安を超えそうになった場合には、「間隔をしっかり空ける」、「その日の取引は終了する」、などといった対応をしてください。

取引数量を増やしたいのであれば、回数を増やすのではなく、一回ごとのロット数を増やしていくとよいでしょう。

お母さん
お母さん
好調なときもあまり欲張らないようにしなくちゃっね

取引は分単位で行う

取引は分単位で行うようにする

DMM FXの口コミを見ると、スキャルピングを秒単位で行った場合に口座凍結されるというケースが多いようです。

また、運営からも「分単位の取引は禁止事項にあたらない」という回答が得られた、という報告もあります。

したがって、スキャルピングを行うときには必ず、分単位で間隔を空けて行うようにしましょう。

おばあさん
おばあさん
慌てて連打しないように気をつけなくっちゃ…

システムトレードを利用する場合も、秒単位の取引とならないように、レート更新間隔などを設定しておく必要があります。

お金マン
お金マン
チャート分析も分単位で行っておくといいぞ!

重要経済指標の発表時は避ける

重要経済指標の発表時には取引を避ける

DMM FXの約款では、システムに負担をかける取引行為は口座凍結の対象とされています。

たとえば、重要経済指標の発表時には、取引量が大きく増加してシステムに負担がかかりやすくなるので、スキャルピングは控えておく方がよいでしょう。

お金マン
お金マン
アメリカの雇用統計はすべてのトレーダーにとって最重要の経済指標だ!

そういった状況でスキャルピングを実施すると、システムがうまく機能せず、スリッページや約定拒否も起こりやすくなってしまいます

自分自身にもデメリットとなるので、避けるようにしてください。

お父さん
お父さん
重要経済の指標発表時は変動リスクが高く、スプレッドも広がりやすくなるぞ!

一度に大量の取引を行わない

一度に大量の取引を行わないようにする

多くのFX会社では、トレーダーの発注と同時に反対売買の注文を金融機関に出す「カバー取引」を行っています。

それで損益を相殺し、リスクヘッジとしているわけです。

お母さん
お母さん
なるほど、相場がどっちに動いてもプラスマイナスゼロになるわけね♪
お金マン
お金マン
両建てによるリスクヘッジと同じ理屈だね!

しかし、短時間にあまり多くの注文が出てしまうと、カバー取引が成立せず、FX会社がそのままリスクを抱えてしまうこともあります。

DMM FXで短時間の注文が禁止事項となっている背景には、このような理由もあると考えられます。

したがって、カバー取引の支障とならないように、スキャルピングでは一度にあまり多くの注文は出しすぎないようにしましょう。

おばあさん
おばあさん
FX会社だって、自分が不利になることは避けたいものね…!

スキャルピングするならDMMFX

dmmfxtop

スキャルピングで取引したい方には、DMM FXがおすすめです!

スプレッドは米ドル/円を始め、すべての通貨ペアが業界最狭水準、取引回数を重ねてもコストを最低限に抑えることができます

お母さん
お母さん
利益だけじゃなく、コストもしっかり計算に入れておかないとね♪

取引ツールも、初心者向けから上級者向けまで各種取り揃え、スムーズな発注で、いつでもどこからでもスキャルピングがしやすくなっています。

おばあさん
おばあさん
画面がシンプルで見やすいから、わたしにも分かりやすい…!

さらに、今なら新規口座開設+取引で最大20万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも開催中!

スキャルピングなら条件も簡単に達成できるので、ぜひこちらから始めてみてください

お金マン
お金マン
最低でも1万円のキャッシュバックがもらえるのは大きい!

\最大200,000円のキャッシュバック!/

【まとめ】DMMFXでスキャルピングしよう!

DMM FXのスキャルピング まとめ

ここまで、「DMM FXのスキャルピング」についてまとめてきました

DMM FXは、狭いスプレッドや扱いやすい取引ツールなど、スキャルピングを行うのにとても向いているFX会社です。

ただし、秒単位で取引したり、一度に大量の取引を行ったりすると、禁止事項にあたって口座凍結となることもあります。

1日に20回程度の取引を目安に、分単位でのスキャルピングを心がけるようにしましょう。

うまく使いこなせば、キャンペーンでもより高額なキャシュバックをもらうことができるので、ぜひこの機会に利用してみてください!

\最大200,000円のキャッシュバック!/

DMMFXの評判・口コミがヤバい!?知られざるメリット・デメリットとは?今回はDMMFXの評判についてまとめていきます。 CMでも話題となっているDMMFXですが、開設する前にどんな機能があるか知ってお...

免責事項

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。