人民元

【2020年】人民元の見通し・今後の予想を徹底解説|長期的見て高騰する理由とは?

今回は最近注目されてる人民元の見通しについて詳しく紹介していきます。

人民元に大きく影響を与えるのは、中国の経済状況米中関係アメリカの金利状況ですね。

おばあさん
おばあさん
人民元を買うべきかなあ?
お金マン
お金マン
個人的には価格が下がったタイミングで購入するのがおすすめだよ!

今回は2020年にどのように推移していくと予想できるのかわかりやすく解説していきます!

▼詳細な人民元のスワップポイント比較記事はこちら

【最新】人民元(CNH)のスワップポイント比較・ランキング|推移や予想収益、おすすめFX会社も紹介安定してスワップポイントが狙えることから人気が高い人民元。この記事では人民元の特徴や保有したときの年間の収益を徹底解説していきます。また、利益を最大化できるFX会社も紹介しますので、是非みてみてください。...

中国人民元のこれまでの推移・レートは?

これまでの人民元のチャート

それではまず、中国の人民元がどのようなチャートの動きになっているのかを、くわしく紹介していきたいと思います。

過去の傾向を知ることで、これからの人民元の為替を予想しやすくなるので、是非参考にしてみてください。

米国ドルの利上げによって下落

米国利上げの影響

2018年はアメリカの利上げの年でした。

特に12月には金利が2.5%まで引き上げられたので、それを受けて高金利な通貨に流れていた資金がリスクの低いドルに集まりました。

その結果、人民元をはじめとした金利の高い通貨は軒並み下落しました。

また、中国はアメリカとの貿易戦争に突入したために、先行き不透明という結論になり下落幅が大きかったですね。

アメリカの金利は人民元の為替に影響を与えますが、米中関係も為替に影響しますので、投資を考えている人はこれから注目していきましょう。

GDPの成長鈍化による減少傾向

成長が鈍化

政策金利は4.35%で安定

政策金利は一定

この図を見ていただければわかるように、中国のこれまでの金利の推移は4.35%で安定しています。

ほかの国が、通貨の状態に合わせて金利を変えてきているのですが中国は一定の金利を保っています。

しかもこの4.35%という金利はほかの先進国に比べて非常に高いです。

そのおかげで、主要国通貨の中でスワップポイントがとても高く付与されています。

トレードで稼ぐには情報を精査する必要がありますが、中国の金利がこのまま一定だとすると、スワップポイントの見通しが立ちますので長期投資に向いています。

投資格付けも日本と同じ評価を受けていますので、長期的なリスクも低いので興味がある人は投資をしてみてはいかがでしょうか。

\当サイト限定!最大53000円もらえる/

2020年の人民元の為替相場見通し・今後の予想

2020年には、人民元はどのような動きを見せるのでしょうか。

さまざまな観点から、その予想を見ていきましょう。

人民元予想①:2020年の中国GDP予想

IMFでは、昨年10月段階で2020年の中国の実質GDP成長率を5.8%と予想しました。

さらに、2020年2月には、新型肺炎感染拡大の経済的なダメージを考慮して、5.6%まで予想を下方修正しています。

いずれにしても、1990年(3.9%)以来の低い成長率となった昨年の6.1%を下回ることは、ほば間違いないでしょう。

といっても、これはほかの先進諸国、たとえば日本(0.1%)やアメリカ(2.1%)とくらべてみると、まだ十分に高い数字といえます。

ここがポイント

中国の成長率はまだ高いレベルにある!

これは、中国の経済が落ち込んできているというよりも、すでに世界第2位のGDPをこれ以上の高い成長率で伸ばし続けることには無理がある、と考えたほうがよいでしょう。

中国政府もそのことは認めていて、2019年の成長率の目標は6~6.5%とし、それ自体はしっかりと達成しています。

おばあさん
おばあさん
もう先進国並に成長してしまったのね…
お金マン
お金マン
中国政府の目標を基準にしてみよう!

したがって、今年も4月下旬に延期されると見られている全国人民代表大会で、中国政府が成長率の目標をどれぐらいに設定し、なおかつそれを達成できるかどうか、といった点にしぼって考えていく必要があるでしょう。

人民元予想②:米中関係の見通しによる影響

米中関係は回復へ不安視されていた米中関係は、2020年には改善に向かうのではないでしょうか。

アメリカのトランプ大統領は、2020年に選挙を控えているので今後のドル安への影響を防ぐために、米中関係を回復させたいという思いがあります。

現に習近平との首脳会談をするまで、さらなる関税の引き上げはしないと表明しており、中国側も今月に関税の引き上げを予定していましたが見送るという見解を出しているのです。

両者ともにさらなる関係悪化を防ぐために、譲歩している部分があるため、2020年米中関係は良くなっていくと思われます。

そうなると、今まで米中関係の悪化によって下がっていた下落分が上昇する可能性があるので、両者の関係にこれからも注目していきましょう。

人民元予想③:中国人民元の金利の影響

中国の政策金利は、2014年末から約1年間をかけて、段階的に4.35%まで引き下げられてきました。

それ以来、5年近くにわたって、現時点まで利下げは一度も行われていないことになります。

お母さん
お母さん
ずっと金利は一定のままなのね 

基本的に利下げが行われれば為替は下がりやすくなるので、その点では、人民元に今のところ金利によるマイナス面はないと考えられます。

ここがポイント

人民元の金利は高いまま変わっていない

ただし、実質GDP成長率の伸び悩みからも分かるように、景気がやや鈍ってきていることは否めないので、その対策として中国政府がいつ利下げに踏み切るかは予断を許しません。

さらに、現在では新型肺炎感染拡大にともない、世界各国で緊急利下げが行われています。

中国政府でも、その対策としてすでに金融政策の緩和が検討されているので、全人代で具体的にどのような方針が出されるか注目していきましょう。

お父さん
お父さん
利下げに踏み切ると人民元が下落する可能性もあるぞ

人民元予想④:新型肺炎による影響

2019年12月、湖北省武漢市で新しい肺炎の症例が確認されると、その感染はまたたく間に中国全土へと広がっていきました

2020年1月23日には武漢市で封鎖措置が取られたものの、その感染は日本・韓国、さらにアジア諸国にまで広がっていきます。

その拡大による影響は大きく、中国の1-2月期の主要経済指標はそのほとんどが予想を大幅に下回る記録的なマイナスとなり、さらに失業率も一気に上昇しました。

このことから、1-3月期の実質GDP成長率もマイナスになる可能性がかなり高いと見られています。

おばあさん
おばあさん
影響が出てくるのはまだまだこれからね…

その後、感染はヨーロッパやアメリカにまで拡大、3月11日にはWHOによる「パンデミック(世界的な大流行)宣言」も行われました。

一方、中国では世界に先駆けて対策を行ったこともあり、その前日にはすでに武漢市での感染の抑え込みを宣言

3月19日以降は、市内で感染者ゼロという発表が続いています。

中国政府の視線は早くも景気対策へと向けられ、大規模な財政出動や減税など、さまざまな検討がはじまっているので、今後の経済回復にも大いに期待ができそうです。

お父さん
お父さん
中国の経済回復は世界にとってもプラスだ

ただし、3月にはアメリカやヨーロッパでは感染拡大がかなり悪化していて、世界同時株安のように、グローバル経済へ悪影響をおよぼす可能性はまだ十分に残っています。

中国にふたたび感染が持ち込まれるケースも考えられるので、その点にも注意していきましょう。

一方で、コロナが起きたことで価格が割安になっていると考えている方も多くいます。

長期投資を考えている方はこの機会に始めるのもおすすめです。

\当サイト限定!最大53000円もらえる/

人民元予想⑤:香港のデモによる影響

香港では、2019年3月から犯罪人引き渡しに関する逃亡犯条例の改正に反発して、若者を中心に大規模なデモが起こっています。

その内容は次第に民主化運動の要求へと変化していき、6月16日には参加者が数十〜数百万人といわれるほど大規模なデモで、警官隊との衝突により死傷者が出るほど激化しました。

特に、飲食や観光を主要産業とする香港では経済へのダメージも大きく、2019年7-9月期には実質GDP成長率がついにマイナスとなってしまいました。

その後、デモはSNSなどでさらに広がりを見せ、内容もより過激で暴力的なものとなってきいきました。

お金マン
お金マン
中国政府との対立はますます激しくなっているぞ!

こうしたデモが長引けば、中国経済全体にも影響が出て、中国に対する投資家のイメージもそこなわれ、人民元の為替に大きなマイナスとなるでしょう。

しかし、2020年に入ると新型肺炎が感染拡大したことでデモは自然消滅、現在はオンラインでの活動などを中心として、一応のところ鎮静化しています。

お母さん
お母さん
今は一時的におさまっているようね 

\当サイト限定!最大53000円もらえる/

2020年各金融機関の予想

金融機関では、2020年の人民元はどのように推移すると見ているのでしょうか。

ここでは、大手2社の予想を参考に見ていきましょう。

みずほ銀行による中国人民元予想

みずほ銀行では、新型肺炎感染拡大による影響で、中国の2020年の実質GDP成長率は-0.47%になるだろうと試算しています。

そのうえで、以下のようなポジティブな要因をあげています。

中国のポジティブ要因
  • 封じ込め策により感染拡大のピークは終了
  • 今後は企業支援など積極的な経済政策を期待
  • 米中貿易協定の第一段階合意も好材料

以上をふまえて、みずほ銀行では2020年12月までに「1人民元円=15.2円」になるだろうと予想しています。

これは、3月27日現在のレート(15.24円)とくらべて、ほぼ同水準の価格となっています。

お金マン
お金マン
少なくとも人民元が大きく下落する心配はなさそうだ!

野村證券による中国人民元予想

野村證券のマーケットアウトルックでは、新型肺炎感染拡大による影響をふまえて、3月16日時点の中国の経済状況を以下のように分析しています。

中国の経済状況
  • 感染者数の減少が好材料
  • 経済活動が正常化しつつある
  • 3月末には事業稼働率が9割程度まで回復すると予想
  • 景気対策への期待感が下支えになっている

その一方で、欧米など世界各国での広まりをマイナスポイントとしてあげています。

人民元の動きも、国内外の経済状況のバランスで考えていく必要があるでしょう。

お母さん
お母さん
中国の条件だけでは判断できないわけね

\当サイト限定!最大53000円もらえる/

人民元は今後購入すべきか

中国人民元は、3月9日に今年最安値となる14.85円まで下落しました。

しかし、その後は一度も15円台を割ることもなく、現在は回復傾向にあると見られます。

これは、3月10日に武漢市での新型肺炎抑え込み宣言を行った影響が強く、その後も感染者の目立った増加がなかったことから、ポジティヴにとらえられたと考えられます。

今後は、世界に先駆けて経済正常化や景気対策などに注力することができ、なおかつ米中貿易交渉の進展など好材料も多いので、より大きな上昇を期待することができるでしょう。

お父さん
お父さん
ここから伸びるポテンシャルは十分!

現時点では価格もまだ15円台前半とおさえられているので、かなりお買い得な通貨になるはずです。

政策金利も安定して高いので、超低金利の日本円とのペアで長期保有しておけば、スワップポイントをねらっていくことができるのもおすすめです。

お金マン
お金マン
購入するなら上昇の直前が最大のチャンス!

ただし、中国以外のアメリカやヨーロッパでは感染拡大がまだまだ長引くと考えられるので、グローバル市場の影響には十分に気をつけてください。

中国人民元を購入するならLIGHT FXがおすすめ

lightfxキャンペーン
おすすめ度
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント 10円
スプレッド 未定
1年間運用時の利益 36000円(10Lot)

中国人民元をトレードするならLIGHTFXがおすすめです。

LIHGTFXではLIHGTFXは2019年3月25日から人民元の取り扱いが始まり、とにかくスワップポイントが高いことが魅力です。

間違いなく最高水準のスワップポイントを提供しているので、人民元のスワップ投資に最適なFX会社です。

また、他の高金利通貨のスワップポイントも非常に高いので、スワップ投資を行っていきたいという方は、今のうちにLIGHTFXの口座開設をしておきましょう!

\当サイト限定!最大53000円もらえる/

【LIGHT FX(ライトFX)の評判・口コミ】知る人ぞ知る高スペックなサービスとは?今回は最近話題となっているLIGHT FXの評判についてまとめていきたいと思います。 2018年の10月に始まったトレイダース証券...

2020年中国人民元の予想・見通しまとめ

いかがだったでしょうか、今回は人民元の予想をまとめていきました。

去年までは、苦しい状況が続いていた人民元でしたが、今年はポジティブな材料が多そうですね。

2020年人民元まとめ
  • アメリカと中国の関係が回復する可能性が高い
  • アメリカの利上げが終わるため、人民元が上昇するかもしれない

これら二つの要因によって、人民元にとっては大きくプラスであると判断することができそうです。

去年下落が目立ったことを考えると、今年は上昇してほしいですね。

人民元の投資は通貨の格付けが日本と同じであるため、リスクが低いと思われます。

人民元に投資をしようと考えていた人は、この機会に投資を始めてみてはいかがでしょうか。

人民元の投資にはスワップポイントが高いLIGHTFXがおすすめです!

\口座開設&取引で50000円もらえる/