トルコリラ

【すごい】トルコリラ円をFXのサヤ取り(アービトラージ)で稼ごう|両建てでローリスク!

今回は、トルコリラ円の間で行うサヤ取りの方法について詳しく解説していきたいと思います。

トルコリラとはトルコで使われている通貨なんですが、その金利はなんと19.75%(2019年2月)となっており、日本と金利の差が大きくあります。

金利の差を利用して儲けを出していくのが、このトルコリラ円のサヤ取りです。

この投資法、実はリスクをとても低く抑えれる上に、年利10%も安定して稼ぐことができます。

「その投資危なくないの?」

と思われるかもしれませんが、普通のトルコリラを買ってからホールドする投資法については、為替の変動によって損をすることがありますが、このサヤ取りではまず損をすることはありません。

なぜなら、買いと売りのポジションを同じ枚数保有していく投資法になるので損益と利益でプラスマイナスゼロになります。

ではどこで稼いでいくのかというと、スワップポイントの差で稼いでいくのがこのトルコリラ円のサヤ取りになります。

この記事を読むとこのトルコリラ円のサヤ取りの稼ぎ方がよくわかると思いますので、是非最後まで見てみてください。

要点をまとめると
  • トルコリラ円のサヤ取りで年10%を稼げる試算
  • トルコリラ円のサヤ取りのリスクは、単純な保有よりもかなり低い
  • トルコリラ円の組み合わせが1番リターンが大きい

まだFXの口座開設を行なっていないという方は、サヤ取りに使う以下2つの口座を作ることをおすすめします。

サヤ取りにおすすめの口座

トルコリラの買いには、買いのスワップポイントが約120円で高いLIGHTFXを使うのおすすめ。

登録は無料ですし、今のうちにしておきましょう!

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

また、売り口座には売りのスワップポイントが約-88円で低いFXプライムbyGMOを使うのがおすすめです

お金マン
お金マン
じゃあトルコリラのサヤ取りについて見ていこう!

FXのサヤ取り(アービトラージ)とは

アービトラージとは

サヤ取りとは別名アービトラージ裁定取引などとも言われ、買いのポジションで保有しているトルコリラのスワップポイントと売りのポジションで保有しているトルコリラのスワップポイントの差を利用して利益を狙っていきます。

スワップポイントとは・・・FX取引会社が設定している、金利差を調整するための金額。

Funding手数料がプラスである時に買いのポジションを保有していれば、手数料(スワップポイント)をとられますが、売りポジションを保有していれば手数料(スワップポイント)を得ることができます。

またFunding手数料がマイナスである時に売りのポジションを保有していれば、手数料(スワップポイント)がとられますが、買いのポジションを保有していれば、手数料(スワップポイント)を得ることができます。

今回のトルコリラ円のサヤ取りでは、トルコリラ通貨を2つのFX会社を使って同じ枚数売りと買いのポジションで保有して、スワップポイントの差で稼いでいきます。

予想される収益は年間10%ほどになります。

FXのサヤ取りの方法を徹底解説|スワップポイントを使って低リスク!今回はFXのスワップポイントを利用したサヤ取り(アービトラージ)について詳しく解説していきます。 この投資法は通貨を保有するだけで...

トルコリラ円のサヤ取り(アービトラージ)の特徴

ではまず最初にトルコリラ円のサヤ取りの大きな特徴をまとめていきたいと思います。

これを読めばなぜトルコリラ円が適しているのか知ることができるでしょう。

スワップポイントの差が大きい

トルコリラ円他の高金利通貨の中でも目立ってスワップポイントの差が大きい通貨になります。

なぜなら、トルコリラは特に金利が高いから。

なんとトルコリラその政策金利は19.75%!

日本の政策金利がわずか0.1%であるかと思うと、日本との差は23.9%にもなり、他の通貨との金利の差を引き離しています。

ここから、トルコリラがいかに高い金利をつけられているかわかると思います。

トルコリラと円の金利の幅が大きいということは、つまりトルコリラ円の間には、それだけ大きなスワップポイントの差も生まれやすくなります。

この差を利用して稼いで行くのが、トルコリラ円のサヤ取りの基本になります。

スワップポイント
【最新】スワップポイント14社比較!各通貨ペアのおすすめFX業者は?今回は、各FX会社におけるスワップポイントの違いについて見ていきたいと思います。 実は、スワップポイントというのは、通貨ごとに決ま...

年利(リターン)は10%以上

トルコリラ円のサヤ取りを行う理由には、年間のリターンが安定して高いということがあげられると思います。

例えば、高金利で有名なオーストラリアドルと円のサヤ取りの場合、年の平均リターンは3.5%ぐらいに収まるのですが、トルコリラ円ではリターンは10%以上というデータがあります。

通貨を両建てで保有するので、リスクも少なくお金を増やすことができるのがトルコリラ円の魅力ですね。

トルコリラ円のサヤ取り(アービトラージ)のメリット

次にトルコリラ円でサヤ取りを行う上でのメリットについて述べていきたいと思います。

トルコリラ円のサヤ取りには様々なメリットがありますので是非読んでみてください。

損のリスクが少ない

基本的にトルコリラのサヤ取りでは損が出ません。

なぜなら、買いのポジションと売りのポジションを両方同じだけ保有しているため、価格が変動しても資金に影響はありません。

もし、ロスカットがかかってしまい一方だけ、運用している場合サヤ取りが成立しませんので、損をする可能性がありますが、指値、逆指値を入れてどちらも取引が止まるように設定しておけば損を出ることはありません。

つまり資金不足によってロスカットされる場合を除いて、損をしないで継続的に稼いでいくことができるのがトルコリラのサヤ取りの大きなメリットになります。

為替の動きに影響をされない

トルコリラ円のサヤ取りのメリットの1つに、為替の動きの影響を受けないというのがあります。

トルコリラの価格が上昇した場合、買いでエントリーしていた人は利益を取れますが、売りでエントリーしていた人は損失が出てしまいます。

しかし、このサヤ取りの場合は買いと売りを同じ枚数でエントリーするため、利益と損失が常にプラスマイナス0になります。

つまり、為替の動きを受けないので、安心して取引を続けることができます。

他の通貨に比べて大きな利益を期待できる

もちろんサヤ取りには、トルコリラ円のほかにもオーストラリアドルと円、南アフリカランド円といった組み合わせがあります。

ほかの組み合わせでも利益を出すことができますが、その中でもこのトリコリラ円は年利10%以上を安定して稼ぐことができる点で優れています。

オーストラリアドルの政策金利は1.5%、日本は0.1%と考えると金利の差は1.4%です。

南アフリカランドの政策金利は6.75%となっていて、日本の金利の差は6.65%となっているので、オーストラリアドルより高いですね。

これら二つに対してトルコリラの政策金利は19.75%ですので、日本の金利との差は23.9%ということになります。

つまり、他のサヤ取りのペアよりも金利の差がトルコリラが1番高いので、トルコリラ円の組み合わせで取引を行うのが収益性で高いと結論できます。

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

トルコリラ円のサヤ取り(アービトラージ)のデメリット

リスクも少なく稼ぐことができるこのトルコリラ円のサヤ取りですが、もちろんデメリットも存在します。

次はそのデメリットについて詳しく見ていきたいと思います。

トレードするよりもローリターン

例えばサヤ取りをしないでトルコリラを取引すると20〜40%ほどの収益を年に期待できます。(バイアンドホールドの場合)

それに対してトルコリラ円でサヤ取りを行ってしまうと、価格上昇の恩恵を受けることができなくなってしまうので、年利10%ほどに落ち着いてしまいます。

単純に価格上昇していく見込みがあるならば、通常のトレードをしていくか、買いのみのスワップポイントで稼いでいく方がいいです。

しかし、急な変動や、暴落によって損失を被るリスクはどうしてもぬぐいきれないので、トレードし続けるよりも売りと買いの両建てでポジションをもつことでリスクを回避して稼いでいく方が、ストレスなく安定して稼ぐことが期待できます。

相場に合わせて資金移動をすることが必要

このサヤ取りを行う上で重要になってくるのが、資金管理です。

どちらが一方がロスカットになってしまうと、片方の取引が止まってしまうためサヤ取りが成り立たなくなってしまいます。

ですので、相場の変動に合わせてその都度ロスカットを受けないように資金を移動させてあげる必要があります。

この手間が少し大変ですが、無事資金繰りを上手くやることができれば、安定して稼ぐことができるので意識しましょう。

トルコリラ円のサヤ取り(アービトラージ)のシュミレーション

それでは次にトルコリラ円のサヤ取りを行うとどれくらい稼ぐことができるのかを検証していきたいと思います。

トルコリラ円のサヤ取りを行う上で、FX会社のスワップポイントの差、レバレッジ、スプレッドなどを考慮することが大切になってきます。

運用例

資金:100万円

買い口座、売り口座にそれぞれ50万円ずつ入れておく。

トルコリラ円:19円

スワップポイント(買い):123円 スプレッド3.0銭

スワップポイント(売り):-90円 スプレッド4.8銭

トルコリラ円を19円、1万通貨に対するスワップ金利は123円(買い)、-90円(売り)と仮定すると1万通貨ごとのスワップ金利で33円得られることになります。

レバレッジ5倍で、10万通貨を運用していくとすると、1日に330円、1ヶ月で9960円となり、

1年間で119520円のスワップ金利を得ることができます。

年2回のポジション整理が必要だと考えると、費用として7800円×2で15600円を利益から引くので、最終的なリターンは、103920円になり、リターンは10%になります。

レバレッジ10倍にすると運用できる通貨の枚数はふえますが、その分ロスカットがかかりやすくなるので、費用が大きくなるのでレバレッジ5倍で運用するのがおすすめです。

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

トルコリラ円をサヤ取り(アービトラージ)する時のおすすめ口座

それではトルコリラをアービトラージするときのおすすめ口座を紹介していきますので、どの口座を使ったらいいのか疑問に思っている場合は参考にしてみてください。

下記の紹介する会社を使うことで、収益性をかなり高めることができますよ。

(スワップポイントは2019年2月のものを参照)

買い口座はLIGHT FX

LIGHT FX買い口座としておすすめなのがLIGHTFX

トルコリラ円のスワップポイントが非常に高く平均して約120円/1万通貨となっています。

スワップポイントが高い口座を選べば、それだけ利益率もあげることができるので買い口座を用意するときは、LIGHTFXで取引するようにしましょう。

トルコリラ投資を考えており、まだ口座開設していない方は今のうちに済ませておくことをおすすめします。

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

売り口座はFXプライムbyGMO

fxprimebygmo売り口座でおすすめなのがこのFXプライムGMOです。

トルコリラ円のスワップポイントが平均して-87.94円となっているので、とても低いです。

LIGHT FXとのスワップポイントの差は約33円ですので、非常にサヤ取りに適しています。

サヤ取りや両建てなど、売り口座としてトルコリラの口座を使いたい方はFXプライムbyGMOに口座開設しておきましょう!

\口座開設&取引で最大10000円!/

トルコリラ円のサヤ取り(アービトラージ)まとめ

今回はリスク低めで稼ぐことができる、トルコリラ円のサヤ取りについてまとめました。

トルコリラ円のサヤ取りは両建てで保有するので、為替相場の影響を受けないため通年で利益を出すことができます。

また、年利が10%以上と非常に高いリターンを得ることができるので是非試してみてください。

下記の口座を登録しておくと、トルコリラ円のサヤ取りをスムーズに行うことができます。

サヤ取りにおすすめの口座
  • 買い用の口座開設:LIGHTFX
  • 売り用の口座解説:FXプライムbyGMO

登録は無料ですし、今のうちにしておきましょう!

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

\口座開設&取引で最大10000円!/