FX

【徹底比較】CFDで自動売買ができるおすすめ証券会社を紹介!

株式や資源など、様々な資産を銘柄という商品に変えて売買するのがCFDです。

このCFDは、24時間運用されているものも多く、深夜の急な価格の変化にも対応することが求められることが少なくありません。

そんな特徴を持つ金融商品、CFDには常に売買を行ってくれる自動売買のシステムが存在します。

今回、以下の流れでCFDの自動売買についてまとめました。

今回の流れ
  • CFDの自動売買とは?
  • CFDで自動売買をするべき理由・メリット
  • CFD自動売買の比較
  • CFD自動売買でおすすめの証券会社
  • CFD自動売買の設定方法

特に比較の麺では他のサービスの比較を行いまとめています。

これを読めばきっとCFDの自動売買とはどんなサービスなのかを知ることができるでしょう。

それでは概要から説明していきます。

お父さん
お父さん
CFDの自動売買ってなんだ??
お金マン
お金マン
1つずつ解説していくよ!

\株価指数で自動売買するなら!/

CFDの自動売買とは?

cfdの自動売買とは

CFDの自動売買とは株式などの資産を銘柄にしたCFDの売買をプログラムなどを使って自動で売買することです。

先ほども触れたとおりCFDは24時間取引が行われ、FX同様にレバレッジをかけて行うことができる取引です。

そういった商品を自動売買で取引していくのですが、どんな仕組みで行われているのかをここでは説明していきましょう。

仕組みをまとめると
  • 株式や資源などを銘柄にしたCFDを自動で取引してくれるシステム
  • あらかじめ利益や注文間隔を設定するだけ
  • リピート系は繰り返し取引して利益を上げる
  • 注文を仕掛けることを罠を仕掛けるということがある

まず、CFDの自動売買は主にリピート系の自動売買が多く用いられています。

このリピート系自動売買は、あらかじめ設定した一定の金額の幅で同じ売買を何度もリピートして行う仕組みが特徴です。

例えば、金額の幅を500円に設定したとして、買い注文からスタートするCFDのリピート系自動売買を利用したとしましょう。

最初に500円刻みで銘柄を買っていき、価格が下がって行くたびに、自動注文という形で銘柄を買っていきます。

 

そしてCFDの銘柄の価格が上昇してきたタイミングが来たら買った時点の金額よりも500円高くなった時点で売ります。

具体的には、1万円のタイミングで買った銘柄が1万500円の相場になった時に売却し、500円の利益を手にするという仕組みになります。

こういった売買を延々を繰り返し(リピートし)、利益を積み重ねていくというものがリピート系自動売買です。

 

さらに、リピート系自動売買の中で行われる単独の注文をイフダン注文といい、「もし設定した金額になったら売買する注文」を指します。

このイフダン注文(決済が決まるタイミング)が罠にかかるという表現をするから、

「リピート系の自動売買は、いくつもの罠を仕掛けておくことで、設定した差額で罠にかかっていく」という例えをするケースもあります。

このように設定した金額の間隔で複数もの注文を仕掛けて、設定した利益が出そうなタイミングで決済を行っていくのが代表的なCFDの自動売買の仕組みです。

これらCFDにおけるリピート系の自動売買の内容を知っておくだけでもCFDの自動売買の利益の出し方や魅力的なシステムであることが分かるのではないでしょうか。

お父さん
お父さん
勝手に取引してくれるのはありがたいね!
お金マン
お金マン
きちんと設定すれば便利だよ!

CFDで自動売買をするべき理由・メリット

CFDで自動売買をするメリット

CFDで自動売買するべき理由やメリットは多くあり、それは以下のものが挙げられます。

CFDで自動売買をするべき理由やメリット
  • 株価指数CFDは右肩上がりの傾向
  • レバレッジによって少ない利益も大きくなりやすい
  • 先物と異なり限月(げんげつ)がない
  • 24時間取引が可能
  • 自分の見ていない間の価格変化にも対応
  • 相場に流されない
  • 価格の変動も問題にならない

このように実は意外と多くのメリットや自動売買すべき理由があり、それだけ魅力のある取引がCFDの自動売買なのです。

そんなCFDで自動売買をするべき理由やメリットについて紹介していきましょう。

お父さん
お父さん
いろいろメリットがあるんだね。
お金マン
お金マン
自動売買だからこそのメリットも多いね!

株価指数CFDは右肩上がりの傾向

株価指数CFDは右肩上がりの傾向

CFDは日経225など株価指数をもとにした金融商品もあります。

こういった金融商品のCFDは自動売買するべき理由として、その価値の変化が挙げられます。

株価指数自体は、年々上下動しながらも価値が上昇してきているのが特徴です。

そのため、CFDの自動売買をしているだけで、徐々に手元の銘柄の資産価値が上がってきます。

FXであれば似たような価格で推移していることがほどんどで、特に通貨を持っていても極端に資産価値が上がることはありません。

こういった株式の価値が右肩上がりの傾向という点がCFDで自動売買をするべき理由の1つです。

レバレッジによって少ない利益も大きくなりやすい

レバレッジによって少ない利益も大きくなりやすい

CFDはFXと同様にレバレッジをかけることができます。

そのため少ない資金で取引できるのがメリットなのですが、それに加えて少ない利益も大きくすることができます。

自動売買は、基本的に頻繁な売買を行うことによって利益を上げていくのが特徴です。

そのため、一回の決済で得られる利益は手動で行う裁量決済で行う場合に比べて少ない傾向があります。

しかし、レバレッジがかかっていることで、この少ない利益を大きくしやすいというのがCFDを自動売買で行うメリットです。

レバレッジをかけつつ、自動売買でコツコツ決済していくスタイルは、かなり有効な取引方法といえるでしょう。

先物と異なり限月がないため長期保有も可能

先物と異なり限月がないため長期保有も可能

レバレッジ、株式や資源などの銘柄、このキーワードの取引といえば、CFD以外に先物取引というものがあります。

実際、先物取引もCFD同様に様々な資産が銘柄として販売され、レバレッジをかけて売買できるのが特徴です。

しかし、このCFDに似た取引である先物とCFDの決定的な違いは、限月の有無が挙げられます。

限月とは、先物取引における必ず決済をしなければいけない期限のことを言います。

例えば3月限月の銘柄を先物で持っていた場合は、どんなに下落して価値が下がっていても必ず強制決済しなければいけません。

そのため、どんなに長期保有しようとしても、その注文を限月に必ず売却する必要があるのです。

一方CFDは限月がないため、先物では考えられないような年単位の保有すら可能になります。

例えば、自動売買ではイフダン注文が決まらず長期にわたって決済されない注文が残るケースが少なくありません。

そういった注文も限月があれば強制決済されていまいますが、限月がないためCFDの自動売買自体を終了して決済しない限りはいくらでも長期保有可能です。

このような限月がない点もCFDのメリットであり、リピート系自動売買のメリットにもつながるのです。

まとめると
  • 先物取引とCFDは似ている
  • 違いは先物取引には限月があること
  • 限月は強制決済を行う期限
  • 限月がないCFDは長期保有が可能
  • 自動売買で決済されない注文があっても安心

24時間取引が可能

24時間取引が可能

24時間取引が可能なのもCFDのメリットであり、それを運用する自動売買のメリットでもあります。

CFDは銘柄によって24時間世界各国で取引されているものが少なくありません。

そのため、トレーダーが寝ている間や仕事でレートを見る時間がない場合でも常に取引が行われ、レートは変化しています。

こういった取引のため、一時的に相場が急騰して下落するといったことも少なくありません。

実際に起床時や仕事が終わってチャートを見たら、せっかくCFDを売却して利益を確保できたチャンスが失われ、大きな機会損失をしていたという場合もあるのです。

しかしCFDの自動売買であれば、こういった相場の変化もある程度柔軟に対応し、適切に利益を確保しようと動いてくれます。

このように機会損失を最小限に抑えられるという点もCFDの自動売買における大きなメリットとして挙げられます。

自分の見ていない間の急激な下落にも対応

自分の見ていない間の急激な下落にも対応

CFDなどレバレッジをかけている取引の最も注意すべき点は、ロスカットという証拠金がすべて失われてしまうような大きな下落です。

こういった下落に対して裁量取引の場合は、深夜や仕事中など自分の見ていない間で全く対応することができません。

朝起きたらロスカットが発動し、すべての証拠金が失われていたということすらあります。

こういったトラブルもCFDの自動売買であれば、より適切な対応を可能とします。

むしろ下落していくタイミングで新しい注文を入れていき、価格が戻るタイミングで利益を出してくれることさえ珍しくはありません。

こういったピンチとも言えるようなタイミングで、逆に利益につなげるように動けるのは、CFD自動売買の強みやメリットといえるでしょう。

相場に流されない

相場に流されない

相場に流されないのもメリットです。

CFDの取引を自分の手で行っていると、急な相場の変化で心理的に動揺し、時に誤った判断を行って傷口を広げてしまうことがあります。

こういった心理的な動揺による誤った行動は、プロのトレーダーでも起こすことがあり、注意をしなければいけないポイントです。

しかし、CFDの自動売買は、あくまでシステムが何の感情を持たずに利益を確保出来たら決済を行うという行為を淡々と行っていきます。

そのため相場に流されて心理的に動揺することは決してありません。

心理面がネガティブに働いてしまう局面でもCBDの自動売買は関係なく取引を行うため、心理的に弱い方は特に利用するべきシステムです。

価格の変動も問題にならない

価格の変動も問題になりません。

CFDの自動売買は、一言で言えば、相場が上がっても下がってもチャンスに変えてくれるシステムです。

例えば、相場が上がるタイミングではどんどん仕掛けておいた注文が決済されて利益が出ます。

また、相場が下がる場面であっても買い注文をどんどん入れて将来価格が戻ったタイミングで利益をどんどん上げてくれるチャンスにしてくれるのです。

このように上がっても下がっても利益確保やチャンスにしてしまうという点でCFDの自動売買はメリットがあるのです。

\株価指数で自動売買するなら!/

CFD自動売買の比較

CFD自動売買の比較

CFDの自動売買の比較を表でまとめていきましょう。

企業名対象のCFD特徴使いやすさ
ひまわり証券くりっく株365・分かりやすい自動売買システム
・ブラウザで取引可能
A
インヴァスト証券ETF・アプリで操作が簡単
・国内外の26銘柄に対応
A
IG証券個別株、株価指数、商品など・自分で自動売買を構築可能
・1万7千銘柄のCFD
B
OANDA株価指数・MT4を使ったCFD
・板情報表示で上級者も納得
C
EZインベスト証券株価指数・MT4を使ったCFD
・インターバンク直結で透明性が高い取引が可能
C

CFDの自動売買サービスは、ひまわり証券が使いやすい印象です。

補足としてMT4は、ロシア製の自動売買システムを動作させるソフトで、自由な自動売買システムを入れられる反面、複雑な点が初心者向けではありません。

お父さん
お父さん
中上級者向けの方が儲かりそうだけど・・・。
お金マン
お金マン
自分の理解にあった自動売買が一番利益が期待できるよ!

\株価指数で自動売買するなら!/

CFD自動売買でおすすめの証券会社

ひまわり証券実績

CFD自動売買でおすすめの証券会社はひまわり証券です。
その理由として以下のメリットが挙げられます。

ひまわり証券のCFD自動売買のメリット
  • 透明性の高い取引を利用できる
  • 分かりやすい「ループ・イフダン」
  • 学習コンテンツの充実

この3点について紹介していきましょう。

お金マン
お金マン
この分野では凄く有名な企業だよ!

透明性の高い取引を利用できる

透明性の高い取引を利用できる

ひまわり証券は透明性の高い取引が可能です。

これはくりっく株365という銘柄など、いわゆる取引所銘柄を利用している点が挙げられます。

取引には、自社のレートで自社内で行う取引と、多くの投資家が集まる証券取引所などの公的な場で投資をする公的なレートで行う取引があります。

ひまわり証券のCFD自動売買は、後者の取引所銘柄を採用しているため、公平性があるのが特徴です。

前者の場合は、運営側の都合で操作されてしまうという可能性が否定できず、やや不公平な取引で安心できません。

このようなネガティブな要因がないため、ひまわり証券のCFD自動売買は透明性が高いのです。

分かりやすい「ループ・イフダン」

分かりやすい「ループ・イフダン」

ひまわり証券のCFD自動売買は、分かりやすいループ・イフダンが採用されています。

この自動売買は、冒頭でお話ししたループ系の自動売買のことです。

たくさんの注文を仕掛けて、どんどん決済するイフダン注文をループするというもので、相場に追従して自動取引を行ってくれるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

また、シンプルで分かりやすいので、自分の自動売買が何をしているのか理解することが可能です。

こういった点も安心できるためおすすめできる自動売買といえます。

学習コンテンツが充実

学習コンテンツが充実

学習コンテンツが充実しています。

ひまわり証券は、ユーザーへの情報提供を積極的に行っているのが特徴で、動画学習コンテンツ、WEBセミナー、基本的な知識から取引ツールの使い方、テクニックなどの動画、経済情報やマーケットニュース、トレードポイントなどの情報番組、会員限定のコンテンツやWEBセミナーといった充実度です。

これだけ充実している証券会社は少ないといえるでしょう。

これら3つのメリット以外にも実際に口座開設することで、そのメリットを意外な場面で知ることも多くあります。

そういった意味でCFDの自動売買を行うのであればひまわり証券が断然おすすめです。

\株価指数で自動売買するなら!/

【ひまわり証券の評判・口コミ】意外なメリット・デメリットとは?今回はひまわり証券の評判や口コミを詳しく解説していきます。 FX会社は数多くありますので、使うときはなるべく自分の特徴に合った会社...

CFD自動売買の設定方法

CFD自動売買の設定方法

CFDの自動売買の設定方法はシンプルで、以下の5つの数字を設定することでどんどん取引をしてくれます。

CFD自動売買の設定
  • 注文する間隔
  • 注文本数
  • 購入単位
  • 決済ルール
  • 損切りルール

注文する間隔は、買いの場合何円ごとに注文を入れていくかということです。

例えば500円に設定したら相場が500円変化するごとに注文を入れていく仕組みです。

注文本数は、こういった注文をいくつ入れるかという設定で、10本など本で指定します。

この本数が多くなればなるほど、どんどん稼いでくれますが、反面たくさんの資金が必要になります。

購入単位は1本の注文当たりいくつ銘柄を買うかというものです。

銘柄は「枚」と数え、1万円の銘柄1つの場合は1枚と数えます。

この枚数によって一つの注文の金額の大きさが設定可能です。

決済ルールは1本の注文がいくら利益が出たタイミングで売るかといった設定で、500円上がったら決済するという形で設定できます。

最後の損切りルールは、自動売買によってついていたり、いなかったりします。

基本的に注文を入れたもののいつまでたっても決済されないと、注文本数が少なくなって利益が得られにくくなります。

そういったことをなくすための設定値で、「1本の注文の評価が1万円下がったら損切り」などとします。

こういったルールを最初に設定してしまえば、その通りにループしてCFDの自動売買を行う仕組みです。

まとめると
  • 最初にいくつかの数字を設定すればOK
  • 銘柄は枚と数える
  • 注文は本数で多いほど決済して利益を生む

CFDの自動売買まとめ

CFDの自動売買まとめ

CFDは株式など様々な資産を銘柄にして売買でき、自動売買によって24時間常に取引させることが可能です。

こういった特徴を持つCFDの自動売買はメリットも多く、特に今回紹介したひまわり証券は分かりやすいループイフダンの自動売買を利用していることで、とても利用しやすいのが魅力的です。

また、ユーザーへの情報提供も積極的なのでおすすめできるCFDの自動売買といえるでしょう。

\株価指数で自動売買するなら!/

CFDのおすすめ業者TOP5!
【完全版】CFDのおすすめ証券会社/銘柄比較・ランキング!初心者はどこを使うべき?FXや投資を続けていると、他の商品でも投資したいと考え始めるのは不思議なことではありません。そんな中人気が高まっているのがCFD。 ...

免責事項

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。