FX

FXのリスクと危険性を詳しく解説!適切なリスクヘッジ方法は?

今回はFXのリスクや危険性について解説していきます。

FXはレバレッジと言われる機能を使うことで、かなり大きな金額まで取引ができますが万が一損失を出してしまうと、自分の資金を大きく減らしてしまう可能性があります。

そうならないためにも、この記事ではFXの具体的なリスクや危険性を説明した後に、効果的なリスクヘッジの方法を紹介しますので、FXをする前に是非参考にしてみてください。

この記事の要点
  • FXでは損失を出す可能性がある
  • そのために適切なリスクヘッジが必要
  • 簡単なリスクヘッジの方法には少額投資やデモトレードがある
  • 少額投資にはLIGHT FX、デモトレードにはYJFX!がおすすめ

もちろんFXには大きなリスクや危険性がありますが、適切なリスクヘッジ方法を知っておけばそれほど怖がる必要ありません。

特に少額から投資をしたり、デモトレードをすることで大幅にリスクを抑えることが可能です。

LIGHT FXでは1000通貨からFXができ、約4000円から投資ができるので初心者にもおすすめです。

また、デモトレードはYJFX!で無料で利用することができますので、是非使ってみてください。

\5分で口座開設できる!/

お金マン
お金マン
この2つはメイン口座としてもおすすめの口座だ!

FXの知っておくべきリスク・危険性

それでは実際のリスクや危険性について詳しく説明していきます。

FXをやる前にしっかりこれらのリスクについて理解しておきましょう。

レバレッジによるリスク

FXはレバレッジという手元の資金よりも大きな金額を取引できる機能を使うことができます。

例えばレバレッジ2倍で取引すると、10万円の資金で20万円まで取引できるということが可能です。

国内では最大25倍までレバレッジをかけることができるので、10万円の資金なら150万円まで取引することができます。

レバレッジ 資金量 最大取引額
2倍 10万円 20万円
25倍 10万円 250万円

ただし、このレバレッジを利用することで、利益もレバレッジ分大きくなるのですが、損失もその分大きくなってしまいます。

例えば、レバレッジ10倍で取引すると、利益が出た時は10倍の利益を受け取れるんですが、損失が出た場合は10倍の損失を被ってしまいます。

もちろんFX会社にはユーザーの資金を守るために強制ロスカットという仕組みを採用しているので、必要以上にレバレッジ取引を怖がらなくてもいいですが、ハイレバレッジの取引には注意が必要です。

金利変動によるリスク

FXではスワップポイントと言われる金利調整額を受け取れる場合があります。

例えば、トルコリラ円を買った場合、年間で約19.75%の収益を期待することができます。

これによって、自分で頻繁に取引しなくても安定して利益を狙うことができますが、各国の政策金利は一定ではなく、月ごとに変動しています。

そのため、この政策金利が下がってしまうと受け取れるスワップポイントも少なってしまう金利変動のリスクがあるのです。

この金利変動は年に4回ほど行われ、中には上昇する通貨もあるので、デメリットばかりではありません。

この通貨金利が上昇すると、受け取れるスワップポイントも増えるので、収益が大きくなる可能性があります。

為替変動によるリスク

次に説明するのは、為替変動によるリスクです。

FXでは各国の通貨が取引されているのですが、為替レートと言われる通貨価値は常に変動しています。

保有している通貨が自分と予想通りに動く場合は、収益が増えるので問題ありませんが、自分の予想と逆向きに動いた場合は、資産が減ってしまいます。

そのため、FXは損をするリスクもあるということを覚えておいてください。

常に100%勝つことは不可能ですので、負けることも考慮したトレードをすることで、最終的な収益はプラスになりやすいです。

流動性によるリスク

次に流動性によるリスクを説明していきます。

FXでは世界中の通貨を取引できるので、米ドル、ユーロ、ポンドなどのメジャーな通貨からメキシコペソ、ポーランドズロチなど比較的マイナーな通貨まで投資できます。

メジャーな通貨であれば、常に多くの投資家がマーケットに参加していますので、流動性の問題を心配しなくてもいいですが、非常にマイナーな通貨の場合、マーケット参加者が少ないため、約定しにくいというリスクがあります。

そのため、希望の価格でなかなか約定できないという場合もあるので、マイナーすぎる通貨を取引する場合は注意しましょう。

電子取引によるリスク

では次に電子取引によるリスクを説明していきます。

FXは全てオンラインで取引が完結するため、多くの危険性があります。

電子取引によるリスクの例
  • FX会社が倒産する可能性
  • サーバーが停止して取引できない可能性

会社のサービスを使って取引を行うので、会社が倒産してしまうと、FXの取引ができなくなってしまいます。

それだけで大きな機会損失なりますので、リスクと言えますね。

しかし、この時の顧客の資産は保証されているので、資金の心配をする必要はありません。

また、FXのサーバーが止まってしまうと、取引ができずチャンスを逃してしまう可能性もあります。

確かにほとんどの会社では稼働率100%を出していますが、オンライン上で行う取引のため、絶対止まらないとは言えません。

そのため、これらのリスクを念頭に置きながらFXを行なう必要があります。

FXで多くの人が損失を出してしまう理由

それでは、次にFXで負けてしまう原因について詳しく説明していきます。

FXでは日本人の9割は負けていると言われています。

そのため、対策をしていかないとFXで資産を減らしてしまうことになるので、原因からしっかり見ていきましょう。

テクニカル分析が難しい

FXの取引で利益を上げるためには、テクニカル分析とファンダメンタル分析が必要です。

テクニカル分析はチャートを見ながら為替の動きを予想する分析方法で、ファンダメンタル分析は国が発表する経済指標などを基に分析を行う方法です。

ファンダメンタル分析はある程度、数字が出ている分、予想が立てやすいんですが、テクニカル分析は、正解と言われる手法がないため非常に難しいです。

一時期結果を出した理論であっても、相場が大きく変化すると通用しなくなるということが多くあります。

そのため、テクニカル分析で結果を出し続けるためには、絶えず研究していかないといけないんですね。

また、各種テクニカル指標は初心者には難しく、慣れるまで時間がかかるので、しっかりと分析できず多くの人が負けてしまっています。

そのため、まずは移動平均線やMACD、ボリンジャーバンドなどの基本的なテクニカルの見方を覚えることから始めていきましょう。

自己メンタルの管理が難しい

FXは技術とメンタルの2つで成り立っていると言われています。

技術の部分はある程度経験を積むことで上達していくのですが、メンタルを鍛えるのは非常に難しいです。

例えば、多くの初心者は損失を出しても、いずれ上がると思ってしまいロスカットができないということが考えられます。

そのため、利小損大という状態に陥ってしまい、損失ばかり増えてしまうんですね。

つまり、負けている時にどれだけ素早く負けを認められるかが、非常に重要なポイントと言えます。

基本的なことですが、この点を克服するまでに多く人が苦しんでいるので、必ず対策をすることをおすすめします。

一番簡単な方法は、10%損失を出したら損切りをするなど事前に取引ルールを明確にしておくことです。

これで客観的に取引を評価できるようになるので、損失が拡大することを防ぐことができます。

FXでリスク・危険を回避する方法

それでは次にFXのリスクや危険性を回避する方法を紹介します。

是非FXをする前にここの項目をよく参考にして始めて見てください。

少額から投資を行う

まず始めに紹介する方法は少額から投資を行うということです。

FXは大きな資金が必要だと思われているかもしれませんが、実は取引単位が小さい会社を使うことで、少ない資金で取引をすることが可能です。

例えば、GMOクリック証券を使うと10000通貨からの取引になるのでドル円を買うときには約4万円の資金が必要になります。

対して、取引単位が1000通貨のLIGHT FXを使うことで約4000円でドル円を購入することができます。

FX会社 取引単位 必要資金
GMOクリック証券 10000通貨 約40000円
LIGHT FX 1000通貨 約4000円

このようにFX会社の取引単位に注目すると10倍の差があります。

少額で投資をすることによって、万が一損失が出た場合でも少なくすることができるので、おすすめの投資法です。

初めてFXをするという方は、少ない資金から取引を行なっていきましょう。

\5分で口座開設できる!/

FXを始めるならまずは1万円から|少額からでも利益は出せる!今回は、「1万円から始めるFX投資」についてまとめていこうと思います。 投資と聞くと、10万、100万円単位でお金が必要になると思...

レバレッジを抑えて取引する

FXではレバレッジをかけることによって、大きな金額の取引をすることができますが、ハイレバレッジの取引は大きな損失になる可能性があるので注意しましょう。

特に初心者の方がいきなり25倍で取引をすると、負けたときに資産がすぐになくなってしまうので、まずはレバレッジ3倍程度から取引していきましょう。

そうすることで、損失が出てもかなり小さく抑えることができるため、比較的安全に取引をすることができます。

もちろん慣れてからレバレッジを上げることもできますので、自分の成長に合わせて変えていきましょう。

ロスカットラインを明確にして取引をする

FXでは多くの人がロスカットできずに、損失を拡大しているので、事前にロスカットラインを決めておくのが有効な方法です。

ロスカットラインを決めずに取引をしてしまうと、どのタイミングで損切りをするかをその場の判断に任せてしまいますので、感情で判断してしまいがちです。

つまり、まだ上がるから損切りは止めようという心理になりやすいのです。

これが原因で多くの投資家が損失を出しているので、客観的に取引を判断できる基準を作ることが必要です。

ロスカットラインは自分の資産によって変わってくると思いますが、とりあえず5%、10%資産が減ったら損切りするなどのルールは決めておきましょう。

事前にデモトレードでFXに慣れておく

いきなりFXをするのが怖いという人にはデモトレードをおすすめします。

デモトレードは自分のお金を使わずに仮想の資金を使ってトレードするので、いくら損失を出したとしても自分の資産には影響はありません。

そのため、大胆な手法や理論も試すことができます。

FXのチャートの見方や注文方法も同時に学ぶことができますので、FXを始める前にデモトレードで実践してみましょう。

FXのデモトレードはYJFX!で無料で使うことができますので、是非利用してみてください。

\口座開設&取引で最大27000円!/

【練習しよう】FXのデモトレードにおすすめな口座7社を徹底比較!今回はFXのデモトレードにおすすめなFX会社をまとめていきます。 FXをしたいと思っても、実際に自分の資金を使ってトレードをするの...

FXをするならLIGHT FXがおすすめ

LIGHT FX
おすすめ度
使いやすさ A
安全性 A
取引単位 1000通貨
ドル円 スプレッド 0.3銭

FXができる一番おすすめなFX会社はLIGHT FXです。

この会社では1000通貨からの取引ができる上に、スプレッドと言われるFXのコストが業界最狭水準ですので、コストを最小まで抑えることができます。

1000通貨からFXができるということは、ドル円の取引には約4000円からできるので、FXを試してみたいという場合でも気軽にできます。

また、スプレッドがかなり狭いので取引を重ねても利益を圧迫しないので安心です。

サイトのデザインはかなりシンプルで直感的に操作できるため、FXについて詳しくない人でも簡単に取引ができます。

\5分で口座開設できる!/

【まとめ】リスクヘッジできればFXは怖くない!

お金マン
お金マン
適切なリスクヘッジで、安全にFXができるぞ!

今回はFXのリスクや危険性についてまとめていきました。

確かにFXでは大きな金額を取引できるため、損失が発生するリスクがあります。

しかし、この記事で紹介したリスクヘッジの方法を実践することでリスクを抑えることができます。

特にLIGHT  FXを利用した少額取引は、少ない資金で取引経験を豊富に得ることができるため、FXの上達にもおすすめの方法です。

まだFXの口座を持っていないという人は下記から口座開設できますので、是非詳細を見てみてください。

\5分で口座開設できる!/

FXの始め方については以下の記事をご一読ください!

【FX入門】FXのやり方を初心者にもわかりやすく解説!最近、学生や主婦、サラリーマンの間でFXをしている方が急増しています。 ただ、初心者の方だと、どうやってFXを始めたら良いのか、必...