FX

FXのマージンコールとは?定義とロスカットへの対処法・対策法を具体的に解説

今回はFXのマージンコールについて説明していきます。

この記事ではFXのマージンコールの定義マージンコールがでた時の対処法マージンコールとは無縁のトレードにするための対策などについて説明していきますので、FXを始めようと考えている方は是非参考にしてみてください

この記事のポイント
  • FXのマージンコールとは?
  • マージンコールがでた時の対処法
  • マージンコールとは無縁のトレードをするには?

FX会社の中でもLIGHT FXはキャンペーンの豊富さはもちろん、テクニカルツールの種類や取引ツールの使いやすさで高評価を得ています。

これから、口座開設しようと考えている人はぜひLIGHT FXもその一つとして考えてみてください

今なら新規口座開設とお取引量に応じて最大53,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施中

この機を逃さないためにもお早めの口座開設がおすすめです。

お金マン
お金マン
LIGHT FXは資金管理しやすいFX会社でとても有名な会社の1つだから、おすすめしているぞ!

\当サイト限定!最大53000円もらえる/

FXのマージンコールとは?

まず、「FXのマージンコールとは?」ということを説明していこうと思います。

マージンコールとは、信用取引ならではの用語になります。

それでは詳しく説明していきますので、見ていきましょう!

マージンコールとは「追証」のこと

追証のこと
まず、マージンコールとは簡単に言ってしまえば「追証」のことです。

マージンコールは、FX会社がトレーダーに対して、口座に入っている資金が必要な証拠金を下回って、追加の入金が必要な状態を通知することです。

トレーダーがポジションを保有していて、仮にその価格推移が思わぬ方向に進んだ場合、損失がかさんでしまいます。

その損失がかさんで、その損失をカバーできるだけの証拠金が無い場合に、ロスカットする通知、つまりマージンコールがトレーダーに対して送られます

このトレーダーに送られる通知こそが、マージンコールです。

証拠金維持率が関係している

証拠金維持率と関係している
マージンコールには、「証拠金維持率が関係している」ということです。

なぜなら、損失額が証拠金の量に近づこうとするにつれて、証拠金維持率がだんだんと低くなっていきます

その損失額がだんだんと大きくになるにつれて証拠金維持率が100%に近づいていきます

その100%に到達した際に通知されるのが、マージンコールです。

なので、マージンコールには証拠金維持率が関係していますし、証拠金維持率を常にチェックしておくことで、マージンコールがくるタイミングをおさえておくことができます。

なので、証拠金維持率とマージンコールは密に関係しているということになります。

強制ロスカットとの関係は?

強制ロスカットへの警告
次にマージンコール「強制ロスカットとの関係」について紹介していきます。

マージンコールトレーダーに対して通知されてからさらに損失が膨らんだりすると、強制ロスカットに至ります。

例えば、証拠金維持率が100%になったらマージンコールが通知されます。

そして、損失が膨らんで証拠金維持率が50%になったら強制ロスカットになるような感じです。

強制ロスカットは文字通り、強制的にポジションを解消してロスカットするということです。

ということで、簡潔に申し上げるとマージンコールは強制ロスカットされる前の警告ということになります。

マージンコールが発生するタイミングは?

FX会社ごとにことなる
最後に、「マージンコールや強制ロスカットのレベルはFX会社によって異なる」ということです。

FX会社によっては、強制ロスカットのレベルが50%という会社もあれば100%というところもあります

契約時に説明されていたり、ホームページやその他の紹介ウェブページなどで説明されていると思いますので、ぜひ自分にあうFX会社を選んでいただければと思います。

一概に、強制ロスカットのレベルが高い低い、どちらがよいのかということは言えませんので、ご自身に合うレベルを選ぶことが重要だと思います。

マージンコールがでた時の対処法

次に「マージンコールがでた時の対処法」を紹介していこうと思います。

マージンコールがでたからと言って、必ずしも強制ロスカットされるわけではなく、損失を回避する手法があります

その手法をここで3つ紹介していこうと思います。

それでは見ていきましょう!

対処法①:追加で資金を入金する

マージンコールへの対策法①
まず一つ目に、「追加で資金を入金する」ということです。

追加で資金を入金することで、証拠金の量が増えます。

証拠金維持率が一定のレベルを下回った時に強制的にロスカットされるので、証拠金を増やすことで、その維持率を高くすることができます

目安は、潜在的に膨らみうる損失額以上に投資資金を維持することですので、損失が到達しえないレベルくらいに資金を入れておけば

強制的にロスカットされることはありません

これがまず第一に思い浮かぶマージンコールへの対処法となります。

▼FXの資金管理については以下の記事をご参考ください。

【FX資金管理の方法】ロスカットされないルールや管理法の作り方を紹介!今回はFX資金管理について説明していきます。 この記事ではFX資金管理の重要性、FXの正しい資金管理法、FX資金管理法の作り方、プ...

対処法②:ポジションを減らす

マージンコールへの対策法②
2つ目に、「ポジションを減らす」ということです。

ポジションを取るためには、それなりの必要証拠金が必要になります。

ポジションを解消することで、その必要証拠金を解放し、証拠金として扱われるようになりますので、ポジション解消も良い対策になります。

利益がでているポジションを解消してもいいですし、損切りするのがふさわしいポジションを解消してもよいと思いますし、それはその時に都合のよい対処をすればよいと思います。

上手くポジションを減らせるタイミング良い利確や損切りのタイミングであれば、ポジションを減らすということも対処法として考えてみてください。

▼FXのポジションについては以下の記事をご参考ください。

FXのポジションって何?を世界一わかりやすく解説|保有期間や注意点は?今回はFXにおけるポジションについて詳しく紹介していきます。 FXではポジションを知らないとスムーズに取引をすることができないので...

対処法③:反対のポジションをとって損失拡大を止める

マージンコールへの対策法③
3つ目の対処法としては、「反対のポジションをとって損失拡大を止める」ということも有効です。

これは最もおすすめできない対策ですが、両建てすることで損失が増えることを防ぐ手法です。

強制ロスカットは、必要証拠金が総純資産量を上回ろうとする時点で発生しますので、損失額が増えないようにすればよいということも言えます。

同じ通貨ペアで両方向のポジションをとることは必ずしもおすすめできませんが、一時的なロスカットされる対策にはなります。

なので、あまりおすすめはできませんが、最終手段ということであればぜひ活用してみてください。

マージンコールとは無縁のトレードをするには?

「マージンコールとは無縁のトレードをするには?」ということについて最後に説明していこうと思います。

強制ロスカットを防ぐためには、マージンコールが出てから対応し始めるのではなく、マージンコールがでる前から常に対策しておくことが重要です。

それでは、その対策方法を説明していきますので、見ていきましょう!

資金を十分に入れておく

資金を十分に入れておく
まずは、「資金を十分に入れておく」ことです。

資金を十分にいれておけば、証拠金維持率がロスカットのレベルを簡単に下回ることはありません

なので、最も明らかで当たり前な対処法ではありますが、資金を十分に入れておくことが最も有効で損失のない対策になります。

資金に余裕がある限りは、この手法が最も有効な対策であると思います。

損切り設定を入れておく

損切り設定を入れておく
そして、「損切り設定を入れておく」ことも有効な対策方法になります。

なぜなら、損失額が膨らんでいくことでロスカットされる可能性が高くなっていきますので、その損失額が膨らまないように損切り設定をしっかりといれておくことが重要です。

そしてその損切り設定を忠実に守ることが重要です。

これは資金管理の基本でもありますが、損切り設定は必ず設定するようにしましょう!

▼FXの損切りについては以下の記事をご参考ください。

【FX損切りのタイミングや目安を紹介】トレード別に注意点を徹底解説!トレーダーにとって非常に重要なテーマである「損切り」。 損切りとは、含み損を抱えている状態で自らポジションを決済して損失を確定させ...

ナンピンや過剰なポジション保持をしない

ナンピンなどしない
そして、最後の対策法として、「ナンピンや過剰なポジション保持をしない」ということも心がけておくことが大事です。

ナンピンとは、損失がでているポジションがあるのに同じポジションを取り続けて、トータルの平均価格を下げることです。

ナンピンやその他の過剰なポジション保持は、資金管理にとても悪影響ですし、マージンコール、そして強制ロスカットされる可能性が非常に高くなります

ナンピンは、トレードで心理的に追い込まれてしまった時などにしてしまいがちですが、常にナンピンや過剰なポジションだけはしないように気を付けていくことが大事です。

なので、これらの無茶なトレードはしないように常に気を付けていきましょう!

資金管理におすすめなFX会社

LIGHT FX
おすすめ度
アプリ
取引ツール
スプレッド(ドル円)0.3銭
スワップポイント(ドル円)65円

LIGHT FXはマージンコールを防ぐための資金管理がしやすいFX会社です。。

LIGHT FXでは、純資産額と必要証拠金が同じになるタイミング、つまり証拠金維持率が100%になる時が、強制ロスカットされるタイミングになります。

LIGHT FXでは1000通貨単位で取引することができるので、証拠金維持率をうまく調整でき資金管理しやすいのが特徴です。

また、情報配信もマメに通知されるので常に最新の情報で取引することができます。

スワップポイントも高く、常に利益を出して証拠金維持率を高く維持していけるので、資金管理に向いているFX会社です。

今なら口座開設して取引すると最大で53,000円キャッシュバックされるキャンペーン中なのでぜひ公式ページでLIGHT FXで口座開設しましょう!

\当サイト限定!最大53000円もらえる/

【まとめ】FXのマージンコールとは?

まとめ
最後に今回の記事についてまとめていきましょう!

【まとめ】FXのマージンコール

  • FXのマージンコールとは?
  • マージンコールがでた時の対処法
  • マージンコールとは無縁のトレードをするには?

今回はFXのマージンコールとは?についてまとめましたが、いかがでしたか?

初めての方はどのFX会社にすればよいのかというところから迷うと思います。

資金管理のしやすいFX会社という観点から取引を始めるFX会社を選んでみるのも良いと思います。

この記事が少しでもこれからFX口座を開設して取引し始めようと思っている方の良い参考になればと思います。

LIGHT FXでは、今なら最大で53,000円キャッシュバックキャンペーン中なので、ぜひ口座開設してトレードに挑んでいきましょう!

\当サイト限定!最大53000円もらえる/