FX会社

WTI原油のFX/CFD取引ができるおすすめFX業者をランキング形式で紹介!

今回はWTI原油のFX取引について説明していきたいと思います。

WTI原油は世界を代表する原油銘柄で、原油の取引において最も一般的な取引銘柄です。

この記事ではWTI原油取引とはどんなものなのかや、おすすめのFX会社について紹介していきます。

この記事を読むとわかること
  • WTI原油のFX取引とは?
  • WTI原油を取引できるFX会社を一覧で紹介
  • WTI原油を取引できるおすすめのFX会社4社を紹介
  • WTI原油を取引できるFX会社の選び方
  • WTI原油取引の特徴
  • WTI原油の今後の見通し

WTI原油取引をするなら国内業者のIG証券を使うのが一番おすすめ。

取扱銘柄も多く使いやすいので、原油取引をする多くの人に使われています。

また、IG証券ノックアウトオプションというサービスで特に有名で、最大の損失額を先に決定することで、リスクをおさえつつハイレバレッジな取引が可能

今なら新規口座開設とお取引開始で最大50,000円がもらえるキャンペーンを実施中。

まだ口座開設していない方はこのお得なタイミングに始めてみましょう!

\ノックアウトオプションを使うなら!/

WTI原油のFX取引とは?

WTI原油
WTIとは、West Texas Intermidiateの略で、西テキサスにおいて産出される原油のことをさします。

主にガソリンや軽油などをたくさん抽出することができる原油で、ニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)で取引されています。

WTI原油のFX取引は、CFDで取り扱われていることからレバレッジをかけてトレードするのが一般的です。

原油価格は世界経済の活発状況や、産出国の産出量や、貯槽量などから影響を受け価格変動しています。

次に、WTI原油を取引できるFX会社の比較一覧表を紹介します。

WTI原油を取引できるFX会社の比較・一覧表

比較一覧
FX会社説明評価
IG証券CFD取引、ノックアウトオプションにて取引可能(口座開設すればFX取引とCFD取引が可能)
DMM FXCFD口座にて取引可能(口座開設すればFX取引とCFD取引が可能)
GMOクリック証券CFD口座にて取引可能(口座開設すればFX取引とCFD取引が可能)
SBI証券CFD口座(クリック株365)にて取引可能(FX口座とは別口座)
サクソバンク証券商品CFD口座にて取引可能(FX口座とは別口座)
楽天FX投資信託としてトレードが可能(総合口座開設要)

上記のように、WTI原油をトレードできるFX会社は6社となります。

IG証券DMM FXGMOクリック証券の3社は、口座を一度開設するとCFD取引ができますので、これらのFX会社で他のトレードをしているなら、

いますぐCFD取引ができると思います。

その他の3社は、CFD専用の口座などを開設する必要があります

一つの口座で、すべての取引ができるのはとても便利ですね。

\ノックアウトオプションを使うなら!/

WTI原油を取引できるおすすめFX会社

次に、WTI原油を取引できるFX会社の内、おすすめの会社を紹介していきます。

これからトレードを始めようと思っている方どのFX会社が良いのか参考にしてみてください。

まず、1社目はIG証券からです。

IG証券

IG証券
おすすめ度
安全性A
キャッシュバック50,000円

IG証券はイギリスのロンドンに本拠地を置く証券会社です。

IG証券ではFXや先物取引などおよそ17,000もの金融商品をトレードできます。

WTI原油もCFD取引として、取引が可能。

また、IG証券のサービスの中でもノックアウトオプションという取引サービスが人気となっています

今ならIG証券において、口座開設と新規取引開始で最大50,000円をキャッシュバックするキャンペーン中です!

この機会にIG証券でWTI原油の取引を始めてみましょう!

\ノックアウトオプションを使うなら!/

▼IG証券の評判については以下の記事をご参考ください

IG証券の口コミ・評判
IG証券の評判・口コミがヤバい!メリット・デメリットを辛口解説IG証券と言えばノックアウトオプションと思う方は多くいるかもしれません。 そんなIG証券の特徴や強みを同じくノックアウトオプション...

DMM CFD

DMM CFD
おすすめ度
安全性A-

DMM CFDはDMM証券が提供するCFD取引サービスです。

DMM FX国内で最大の口座開設数を誇り、DMM  CFDも人気の取引サービスとなっています。

DMM CFDでは世界中の株価指数や、商品の取引ができ、WTI原油も人気の商品先物銘柄の1つです。

今ならDMM CFDでは、各種取引手数料が無料となっていますので、口座開設して取引してみましょう!

\口座開設&取引で20000円もらえる!/

▼DMMFXの評判については以下の記事をご参考ください

DMMFXの評判・口コミがヤバい!?知られざるメリット・デメリットとは?今回はDMMFXの評判についてまとめていきます。 CMでも話題となっているDMMFXですが、開設する前にどんな機能があるか知ってお...

楽天証券

楽天証券
おすすめ度
安全性B+

楽天証券FX取引、現物株取引、株価指数や商品先物などを含むCFD取引など総合的に金融取引ができます

取引銘柄も豊富で、海外株式や債券取引などもできます

また、WTI原油の取引をする場合WTI原油価格連動型上場投資信託を取引することになります。

ぜひ、楽天証券で口座開設し、幅広い投資をしてみませんか

楽天証券月1回500円以上のポイント投資(投資信託)と楽天ポイントコース設定をすれば、その月の楽天市場でのお買い物がポイント+1倍になります。

お得な今のうち、楽天証券でFXや投資信託取引を始めてみましょう

▼楽天証券の評判については以下の記事をご参考ください

楽天fx評判
【悪評】楽天証券の口コミ・評判がヤバい!?メリット・デメリットを紹介今回は「楽天FXの評判やメリット」について説明していきます。 この記事では楽天FXの特徴、楽天FXのメリット、デメリット、評判・口...

SBI証券

SBI証券
おすすめ度
安全性B
キャッシュバック100,000円

SBI証券もWTI原油取引が可能な総合ネット証券です。

総合ネット証券として、FX取引だけでなく現物の国内・海外の株式取引や債券、投資信託、先物オプションなど幅広い取引が可能です。

そして、WTI原油はCFD eワラントにおいて取引をすることができます。

今なら、FX口座開設と新規取引開始で最大100,000円をキャッシュバックするキャンペーン中です。

▼SBIFXの評判については以下の記事をご参考ください

【4円から取引可能】SBIFXトレードの評判・口コミを紹介|メリット5つとデメリット3つ今回はSBIFXトレードについての評判・口コミについてまとめていきます。 FXを始めようと思っていると、FX会社が多すぎてどのFX...

サクソバンク証券

サクソバンク
おすすめ度
安全性B+
キャッシュバック34,000円

サクソバンク証券FX取引とCFD取引をメインとしてサービス提供しています。

FX取引では150以上の通貨ペアが用意されており、国内のFX会社では取引できないようなマイナー通貨も取引可能です。

また、CFD取引においては1500種類の国内株式を含む、世界中の株式や商品の取引が可能です。

このCFDにおいて、WTI原油の取引が可能で、信用取引として買い建て・売り建てが可能です。

今なら、口座開設とFXでの新規取引開始で最大34,000円をキャッシュバックするキャンペーン中です。

無料で口座開設してWTI原油の取引FX取引を始めてみませんか?

▼サクソバンク証券の評判については以下の記事をご参考ください

FX会社アイキャッチ
【悪評】サクソバンク証券の評判・口コミがヤバい!?使うべきでない理由とは?FX会社で迷っている方でサクソバンク証券も選択肢の一つとして考えている方もいると思います。 結論から言いますと、サクソバンク証券は...

WTI原油を取引できるFX会社の選び方

それではWTI原油を取引できるFX会社の選び方について紹介していきます。

まだ、口座開設していない方はこの記事を参考にしてFX会社を選びましょう

FXとCFDの共同の口座開設ができるか

FXとCFDの共同口座
まず、FXとCFDの共同の口座開設が可能なのかがポイントとなります。

複数のFX会社では、総合ネット証券ですが、サービスごとに口座を開設しないといけない場合があります

WTI原油は商品先物取引ですので、一般的にはCFDでの取引となります。

しかし、CDF取引だけでなくFX取引も一緒にできるというFX会社もあります。

そのような口座の方が、自身の今後のためにも便利だと思います。

ですので、FXやCFD、株式取引など一体で口座管理できるネット証券会社で口座開設するのがおすすめです。

IG証券では、1つの口座を開設すればFX取引とCFD取引が可能になり、便利です。

\ノックアウトオプションを使うなら!/

CFD取引で取り扱っていることを確認

CFDで取引できることを確認
WTI原油取引CFD取引として扱われていることも重要になってきます。

というのも、WTI原油取引が可能となっているもよく見ると、投資信託として取引可能であったりCFD以外の取引方法である場合があります

FXCFDは、エントリーやエグジットが瞬間的に執行できるのに対し、投資信託はエントリー・エグジットに1日以上必要。

それは、投資信託はその投資に参加する投資家のお金で運用されるもので、手続き処理などに時間を要したりお金の動きが全体的に遅くことも。

エントリーに1日要したりエグジットしてから2~3日くらいでやっと返金されるなど、1回の取引だけで数日かかるのが一般的です。

細かな取引を希望するのであれば、CFDで取引ができることを確認しましょう!

IG証券ならCFD取引もできるので、その点もおすすめです。

\ノックアウトオプションを使うなら!/

WTI原油のFX取引の特徴

次に、WTI原油のFX取引の特徴について紹介していこうと思います。

個人投資家で原油をトレードするのはあまり馴染みないことかもしれませんが、ここで特徴をおさえておけば、いざという時にチャンスを狙いやすいかもしれません

それでは見ていきましょう!

WTIの生産量は世界の原油産出量の1~2%程度

産出量は1~2%
WTI原油の生産量は世界の流通量の1~2%程度と言われています。

WTI原油が何かというのを思い出していただくと分かる通り、西テキサス地方で産出される原油です。

その地域で流通はしていますが、世界中に輸出されているようなレベルではありません

しかも最近のアメリカにおけるシェールオイルの採掘により、アメリカ国内で産出しているオイルの中でも少数派的な立ち位置であると分かります。

原油関連銘柄として世界で最も取引される先物商品

最も取引される銘柄
WTI原油原油関連銘柄としては世界で最も取引される先物商品です。

先ほどお伝えした通り、WTI原油の産出量は世界の原油産出量の1~2%程度です。

ですが、多くの機関投資家ヘッジファンド、最近ではオンライントレードの普及により個人投資家なども取引し始めています。

そのため、多くの投資家が取引したり原油の需給状況を確認するのに見る指標として位置づけられています

WTI原油の今後の見通し

最後に、WTI原油の今後の見通しについて説明していこうと思います。

今後、原油取引をしようとしている方はぜひ参考にしてもらえればと思います。

コロナの収束と経済活動の再開がキー

コロナの収束と経済再開がキー
まず、コロナの収束と経済活動の本格的な再開がキーとなります。

原油の需要は、経済活動の活発さに比例してきます。

そして、今のところ経済は再開はし始めていますが、コロナは未だ収束はしておらず経済活動に不安を残している状態です。

また、この人為的な不況による失業者や減給により、モノ・サービスへの需要が激減していることから経済活動が本格的に元に戻っているとは思えません

やはり、ワクチンが開発され治療法が確立されるまでは、本格的な経済活動再開は見込めないのかもしれません。

OPECプラス加盟国の動きにも注意

OPECプラス
また、OPECプラス加盟国はこのコロナ不況に合わせて、協調減産に合意しています。

当面は協調減産が継続すると思われ、価格は安定してくると思われます。

また、今後の経済活動の動きに合わせて産出国ごとに動きがでてくる可能性もあります。

特にアメリカ、サウジアラビア、ロシア、カナダなどの産出国トップ5に常に入っているような国の動きには要注意です。

よく言われていることが、アメリカのシェールオイル企業を倒産させるためロシアなどは原油価格を押し下げようとしているような動きがあります。

そのような動きは未だに続いているはずですので、今後のこれらの国々の動きには注目したいですね。

【まとめ】WTI原油のFX取引とは?

IG証券
それでは最後に、この記事をまとめてみると

【まとめ】WTI原油のFX取引とは?
  • WTI原油のFX取引とは、西テキサス地方で産出される原油をレバレッジをかけた取引をすること
  • WTI原油を取引できるFX会社の比較を一覧にて紹介
  • WTI原油を取引できるおすすめはIG証券のノックアウトオプション
  • WTI原油を取引できるFX会社の選び方 – ①FXとCFD両方同じ口座で開設できるか ②CFD取引で取引できるか
  • WTI原油の今後の見通しは、コロナが収束し経済が本格再開するまでは大きな上昇は見込めない可能性あり

WTI原油のFX取引について紹介しました。

今ならIG証券において、口座開設とお取引開始最大50,000円をキャッシュバックしていますので、この機会にIG証券で口座開設して取引を始めてみましょう

\ノックアウトオプションを使うなら!/

▼おすすめFX業者については以下の記事をご参考ください

FX会社ランキング
【最強】初心者におすすめなFX会社比較&ランキング!口座開設すべきはどこ?FX会社はたくさんあり、どこで取引するか迷ってしまいますよね。 今回はおすすめのFX会社をランキング形式にして紹介していきますので...