南アフリカランド

【2019年】南アフリカランドの見通し・今後の予想|これから価格が上がる!?

南アフリカランドは政策金利が6.50%で、将来が期待されている新興国「南アフリカ共和国」の通貨です。

日本の金利は現在0.1%ですので、その差は6.49%にもなります。

つまり、保有しているだけで金利による収益も望めるのが、南アフリカランドというわけです!

しかし、南アフリカランドは近年下落してて怖いという声も聞こえますよね。

おばあさん
おばあさん
南アフリカランドって大丈夫なのかしら?
お金マン
お金マン
実はすごく期待されている通貨なんだよ

ということで、この記事では長期的な見通しをゴリゴリ解説していこうと思います。

南アフリカランドのこれまでの推移

南アフリカランドのグラフ

南アフリカランドはこれまでの動向を見ると下落傾向にある通貨です。

ですが、ほとんどの相場ではレンジとなっており世界的な経済的な動きが無い限り、南アフリカランドの為替は動いていないとも言えるでしょう。

今回は、南アフリカに影響を与えた2つの要因について見ていきます。

【2008年】リーマンショックで大きく下落

リーマンショック下落2008年にはアメリカでリーマンショックがあったせいで世界経済が大混乱しました。

その影響から南アフリカランドも下落してしまったのは、仕方のないことと言えると思います。

当時は日本円が比較的安全な通貨として国際的にも円高になっていたことに加えて、高金利通貨を保有しておく流行が反転し、大きく下落してしまいました。

国際的なリスクがあった時は、日本円が買われやすくなるので南アフリカランドは相対的にランド安となってしまいます。

【2015年ー2016年】中国経済低迷により大きく下落

中国経済が低迷

2008年の下落から持ち直し、大きくレンジ相場を作っていましたが2015年から中国経済の先行きが不安視され、中国輸出に頼っていた南アフリカランドの評価も同様に下がりました。

さらに、世界的な原油安やイスラム国の問題などリスクオフの動きが高まったことによって円高になり、南アフリカランドが売られ、為替が下落することになりました。

また、当時南アフリカの赤字を食い止めようとしていたネオ財務相が更迭される事態になり、投資家たちが先行きを不安視するなど、影響を与えてしまったのです。

国際的なリスクオフの動きに加えて、アフリカ内部の問題もあり大きく下落してしまったわけですね。

それを受けて現在の相場がどのように動いているのか見ていきましょう。

【2019年】レンジ相場が続いている

レンジ相場継続中現在は南アフリカランドの相場は1ランド=6.95円です。

為替は大きくレンジを作っており今後の南アフリカの動向に注目が集まっている状況です。

本来南アフリカは非常に経済の発展に期待が保たれているのですが、それと同時にインフラへの支出などで赤字経済が続いています。

現在のラマポーザ大統領は緊縮に向けて動いており、経済が黒字化しGDPも同時に上向きを維持できて始めて、為替が上昇に転じるのではないでしょうか。

今後に注目されている通貨です。

ただ、南アフリカランドは国際的なリスクから大きく売られることもあるので、運用の際はロスカットに注意しながら余裕をもつようにしましょう。

\5分で口座開設できる!/

南アフリカランドの下落の理由を解説

それでは、南アフリカに大きな下落の影響をあたえる要因について解説していきたいと思います。

これらの要因を知ることで、今後似たようなことがあるとリスク回避できる可能性が高くなると思いますので見ていきましょう。

下落の理由①:米ドルの利上げの影響

米ドル利上げ

まず挙げられるは米ドルの利上げが起こったということです。

2018年には米ドル金利が4回引き上げられており、その結果金利が2.5%になっています。

対する南アフリカランドは2019年7月現在6.50%です。

通貨 政策金利
米ドル 2.5%
南アフリカランド 6.50%

南アフリカランドの方が金利は高いのですが、米ドルの金利が上がったのでリスクの低い米ドルに資金が流れています。

南アフリカランドは、流動性の問題を抱えているので突発的なニュースが起きることによって取引が成立しなくなってしまう可能性がありリスクがとても高いです。

ですので、米ドルの金利が上がったタイミングで新興国通貨から資金を引き上げ、より低リスクの通貨へと移動しているのですね。

米ドルの金利は南アフリカランドの為替に大きく影響をあたえる要因ですので、今後の指標には十分に注意しておきましょう。

2019年アメリカはこれ以上の利上げは見送ると表明しており、金利差がこれ以上乖離することはないと見られています。

下落の理由②:トルコリラの暴落による影響

トルコリラ暴落

2018年の8月にはトルコとアメリカの関係悪化からトルコリラが大暴落しました。

20%以上下落し、この下落の余波で南アフリカランドも下落することになりました。

南アフリカランド下落の原因

トルコリラの暴落によって、リスクオフの動きが強まった。

新興国通貨はリスクが高いと思われているため、少しでもリスクが大きくなる動きが見られると、投資家たちはリスク回避に動き出します。

その結果、南アフリカランドから資金を抜くことになり為替も下落したのですね。

トルコリラに限らず、メキシコペソもボラティリティが高いので暴落や暴騰がいきなり起きることがあるので、注意が必要ですね。

下落の理由③:米国株式の下落の影響

米国株式下落

2018年の12月に米国の株式が一気に下落するということが起きました。

調子の良かった米国株式が大きく下落したので、投資家たちはリスクが高くなったと判断し、低リスクの金融商品へ資産を移動させました。

南アフリカランド下落の原因

米国株式の急落によって、リスクオフの動きが強まった。

リスクオフの動きにつられて、南アフリカランドが下落したんですね。

この3つの要因を見ても、南アフリカの内部の影響によって為替が動いているわけではないとわかると思います。

南アフリカランドは外部的要因の大きく左右される側面をもっているようですね。

特に米国株式とかは一見すると関係がないように思えて間接的に影響を与えるようです。

【2019年】南アフリカランドの長期見通し・今後の予想

では次に2019年や、これからの長期的な予測をたてていきたいと思います。

注目するのは次の2点になります。

要因
  • 南アフリカの内部の状況
  • 国際情勢による影響

国内の赤字経済がこれから改善されるのかどうか、また国際社会がどのような動きをしていくかで南アフリカランドの為替が変化していきます。

政治と経済的視点:ラマポーザ大統領の動向と南アフリカの経済の影響

ラマポーザ大統領の成功

南アフリカのアパルトヘイト廃止に貢献したネルソン・マンデラ元大統領は皆さんご存知かと思います。

現大統領のラマポーザ氏は、マンデラ氏の右腕として活躍した人であり、南アフリカの経済に強い危機意識をもっていることから高い評価を得られています。

このラマポーザ氏が、経済赤字を抑えられるかどうかが南アフリカランドの鍵を握ると言えるでしょう。

すでに中国から1.6兆円の投資を約束され、500億ランド相当の経済政策を行なっていることから期待がもてます。

しかし、ラマポーザ氏はアフリカの貧困問題解決のために白人の土地を黒人に再配分する政策を検討しており、この政策はジンバブエで失敗していることから不安視されています。

アメリカのトランプ大統領もそこに注目しており、無事政策を成功させるかどうかが肝となってきています。

この大統領が経済的な赤字や、貧困問題を無事乗り切ることができれば、南アフリカの高い成長率とも相まって為替は大きく上昇していくと見込まれますね。

\5分で口座開設できる!/

国際的視点:南アフリカの対外的な影響

リスク南アフリカランドは国際的なリスクに非常に売られやすい通貨です。

ですので、状況によって2019年は下落する可能性も十分考えられます。

南アフリカランドのリスク
  • アメリカの外交政策
  • 中国経済の動向
  • 世界の株価

こればかりは、どう予測するかは難しいですが世界経済に大きく影響を与えると思われるトランプ大統領の動向や中国経済に注目するのが良さそうです。

今後米中対立が高まることや、世界的な株安に陥ってしまえばランド安となることは十分あります。

また、アメリカが今後対外政策を強く保つことになると、南アフリカにも影響を与えるでしょう。

南アフリカのみ注目すれば非常に将来性のある国なのですが、南アフリカの為替が上昇していくためには、外の要因にも注目していかなければなりません。

その影響次第では、国内がうまくいっているのに為替が下落しているということも考えられます。

ですが、南アフリカはレアメタルを長期的に算出できることや、経済発展の余地が大きいことから成長性の高い国ですので中長期的に見れば、上昇していくという見方が強いです。

短期的な下落もアフリカの成長とともに回復していくのではないでしょうか。

お金マン
お金マン
国際社会の動きにしっかり注目だ!

南アフリカランド上昇のポイント

南アフリカランドの上昇のポイント南アフリカランドは金やダイアモンドなどの資源が豊富な国として有名であり、自国の通貨も資源価格に大きな影響を受けます。

大きな下落があった際も資源価格の下落に伴っている場合が多く、資源価格の変動と為替の値動きはある程度連動性があると見られています。

そのため、今後資源価格が上昇するような動きが強まると、それに合わせて為替が上向きになる可能性が高いです。

為替推移2008年にはリーマンショックがあり世界経済が不況に陥りましたが、その後の2009年からの資源価格の上昇に合わせて為替も大きく上昇しています。

南アフリカランドは国際的な資源国であるため、このように資源価格に大きく影響を受けるというのがわかると思います。

今後、このような状況になると再び大きな上昇を見せると思いますので、資源価格の推移には今後も注目していきましょう。

【2019年】野村證券の予想・見通し

野村證券の見通しそれでは次に野村證券の2019年の見通しを紹介していきます。

野村證券の注目している点は以下の通りです。

2019年野村證券の視点
  • アメリカの利上げの見送り
  • 南アフリカランドの経済
  • 今後の選挙の結果

2019年注目されていた、米ドル金利ですが1月に入り見送りの決定となると、ランド安が反転しました。

その後も継続して利上げの予定がないことがわかると、ランドの為替が上昇に向かっています。

ですが、南アフリカランドの経済はあまり好調ではなく最近は不振が続いています。

今後、うまく財政政策を打ち出していけるかが焦点となってくるのではないでしょうか。

また、5月8日にある総選挙によって与党が過半数勝利をすることで、構造改革の動きが強まるとして期待しています。

今後1年間の南アフリカランドの対円相場レンジを1ランド=7.6~9.2円と予想していて、従来予想は7.5~9.0円と比べると、若干の上方修正となっているようです。

【長期】お金マンの価格予想

お金マンの価格予想

これからの長期的な南アフリカランドの価格を予想していきます。

お金マンは中長期的には12円程度まで上昇していくと見ています。

まず、南アメリカランドの為替の下落の原因は外部的な要因が大きく、特にリスクオフの動きで売られてしまいます。

ですが、長期的に見ればリスクオンの動きに次第になっていくと思われるので、新興国通貨の購入が進んでいくと思われます。

また、現在南アフリカの経済の赤字が投資家からマイナス評価を受けていますが、今後構造改革と通して縮小していくことを考えると、為替上昇の余地ありと見ています。

お金マンは今後5年ほどで、上向きに大きく反転し為替が伸びていくのではと予想しています。

短期的に言えば、現大統領の政策や今後の選挙が節目となると思われますが、南アフリカは成長性の高い国ですので、長期的に見れば上昇していく可能性が高いのではないでしょうか。

\5分で口座開設できる!/

南アフリカランドは今後購入すべき?

南アフリカランドを購入すべきかどうか

南アフリカランドは非常に成長が見込まれる通貨ではあるのですが、下落傾向であることは間違いありません。

この通貨を保有すべきかどうか検討していきたいと思います。

短期的には国際情勢の影響を大きく受けるという特徴から、大きく保有するのはリスクがあります。

しかし、中長期的には成長を見込まれるということを考慮すると余裕のある資金で保有しておくと今後の成長次第では、十分な収益を期待できます。

また、高金利通貨であることを考えると、スワップポイントが高いので為替が下落しても付与されるスワップポイントでも十分利益を取れる可能性があるでしょう。

そう考えると少額からであれば、少ないリスクで保有できる通貨であると言えます。

そのため、少額から積立複利運用のような形で運用するのがおすすめです。

【すごい】南アフリカランドの積立複利運用について解説|レバレッジごとの収益を検証今回は南アフリカランドの複利で運用する方法について紹介していきたいます。 南アフリカランドの金利が高いというのはご存知だと思います...

南アフリカランドを購入するならLIGHTFX

LIGHT FX
おすすめ度
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント 120円
スプレッド 1.8銭
1年間運用時の利益 43200円

南アフリカランドの投資をするなら、LIGHTFXがおすすめ。

スワップポイントが一番高く、高い利益を見込めるので、ランド投資の定番のFX会社となっています。

1000通貨から取引できるので、まずは少額から取引してみたいという方にもぴったりです。

現在、最大で1万円のキャッシュバック中!

口座開設するならお得な今がおすすめです

\5分で口座開設できる!/

【辛口】LIGHT FX(ライトFX)とは?評判・口コミを紹介!今回は最近話題となっているLIGHT FXの評判についてまとめていきたいと思います。 2018年の10月に始まったトレイダース証券...

南アフリカランドの予想・見通しまとめ

南アフリカランドの見通しまとめ

いかがだったでしょうか、今回は南アフリカランドの見通しについてまとめさせていただきました。

南アフリカは国際的な影響を強く受けますが、国内の将来性は高いので中長期的には大きく伸びる可能性があります。

現大統領が投資家から評価も高いということを考えると、ランドを少額から保有しておくのが正しいかもしれません。

余裕のある資金から少しずつ購入してみてはいかがでしょうか?

ランドを保有するなら、LIGHTFXがおすすめ!

まだ口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

\5分で口座開設できる!/

▼南アフリカランドスワップポイントのより詳しい比較はこちらの記事をご一読ください!

【最新】南アフリカランド円(ZAR/JPY)のスワップポイント比較・ランキング!推移・おすすめのFX会社は?高金利通貨の中でもスワップポイントが高い南アフリカランド。この記事では南アフリカランドの特徴や保有して得られる年間のリターンについて解説します。利益を最大化できるおすすめFX会社も紹介しますので、是非読んでみてください!...