FX会社

スイスフラン(CHF)のスプレッド比較・ランキング!一番安いFX会社はどこ?

みなさんはスイスにどのようなイメージを持っているでしょうか?

時計や医薬品のイメージがある方もいるかもしれませんがスイスは世界雄一の永世中立国として有名です。

スイスはヨーロッパの国ですがユーロではなく自国通貨としてスイスフランを採用しています。

スイスフランでFXをしたいと思っている方は多いと思いますが、主要通貨である米ドルやユーロに比べて情報が少ないのでスイスフランFXに躊躇している方も多いですよね。

そこで今回は、スイスフランFXについて説明します。

この記事を読むとわかること
  • スイスフランFXができるFX会社
  • スイスフラン円のスプレッド比較&ランキング
  • スイスフランFXの特徴
  • スイスフランFXのメリット・デメリット

この記事を読むと、スイスフランFXについてしっかり理解することができますので是非最後まで読んでみてくださいね。

 

結論から言うと、スイスフランに投資をしたい方はLIGHT FXがおすすめです。

スプレッドが一番小さく、どこのFX会社よりもお得に取引することができます。

今なら当サイトからの口座開設限定で53,000円もらえるキャンペーン中。

非常にお得な期間となっていますので、まだの方はこの機会に口座開設しておきましょう!

\当サイト限定!最大53000円もらえる/

スイスフラン取り扱いFX会社一覧

スイスフラン取り扱いFX会社一覧

スイスフランの取り扱いFX会社一覧は以下の通りです。

FX会社 特徴
LIGHT  FX シンプルな操作で使いやすい
みんなのFX スマホアプリが便利
トライオートFX 自動売買にも対応
外為どっとコム 少額から取引が可能
ヒロセ通商 対応している取引通貨ペアが豊富

スイスフランは割と多くの会社が扱っているので、取引しやすいのが特徴です。

それぞれスプレッドなどが違いますので、次に詳しく紹介していきますね。

スイスフランのスプレッド比較

LIGHTFXスワップポイント

スイスフランの取り扱いFX会社のスプレッドは以下の通りです。

FX会社 スプレッド
LIGHT FX 1.7銭
みんなのFX 1.7銭
外為どっとコム 1.8銭
トライオートFX 2.0銭
ヒロセ通商 3.0銭

スプレッドを比較すると、トレイダーズ証券の提供するLIGHTFXとみんなのFXが一番狭いですね。

他のFX会社はややスプレッドが開いているので、取引する際は注意してください。

スイスフランを取引するなら、スプレッド一番小さくお得なLIGHTFXみんなのFXを使うようにしましょう。

この2つの中でも、スワップポイントが高くてスマホアプリもあって使いやすいLIGHTFXの方がおすすめ。

さらに、今なら当サイトからの口座開設限定で53,000円もらえるキャンペーン中ですので、

スイスフラン投資を考えている方は、今のうちの口座開設をするのがおすすめです。

\当サイト限定!最大53000円もらえる/

▼他の通貨のスプレッドについては以下の記事で紹介しています。

FX会社のスプレッド14社比較&ランキング!一番手数料が安いおすすめ業者は?FXをするときにスプレッドが狭い会社がお得と聞いたことがあると思います。 確かにスプレッドが狭いと取引コストが抑えられますが、それ...

スイスフランを取引できるおすすめFX会社

この章ではスイスフランを取引できるおすすめのFX会社について説明します。

これからスイスフランを取引したい方は是非確認してみてください。

LIGHTFX

lightfxキャンペーン
おすすめ度 ☆☆☆☆☆
使いやすさ A+
安全性 A+
スワップポイント 4円
スプレッド 1.7銭
1年間運用時の利益 1440円

LIGHT FXはスイスフランFXのもっともおすすめのFX会社。

スプレッドが一番低く、取引ツールも非常に使いやすいFX会社になります。

お得に投資できますので、スイスフラン円の取引をする際の利用をおすすめします。

今なら当サイトからの新規口座開設で最大53,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中。

スイスフラン投資に興味のある方は、この機会に開設しておきましょう!

お金マン
お金マン
お金マンも一番おすすめしているFX会社だ!

\当サイト限定!最大53000円もらえる/

みんなのFX

みんなのFX
おすすめ度 ☆☆☆☆
使いやすさ A
安全性 A+
スワップポイント 15円
スプレッド 0.9銭
1年間運用時の利益 5400円

みんなのFXもスイスフランFXのおすすめの会社で、最大の特徴はスプレッドの低さです。

他のFXと比較しても、LIGHTFXと並んで一番スプレッドが狭いです。

そのため、スプレッドにこだわりがある方にとっては非常におすすめのFX会社ですね。

この会社はスマホアプリが特徴的で、初心者でも使いやすいと評判です。

外出先からでも取引をしたいという方は、みんなのFXを使ってトレードしていきましょう。

\口座開設&取引で50000円もらえる/

トライオートFX

トライオートFX3000キャッシュバック
おすすめ度 ☆☆☆☆
使いやすさ A+
安全性 A
スワップポイント 10円
スプレッド 2.0銭
1年間運用時の利益 3600円

トライオートFXは、なんといっても自動売買が非常に優れています。

FX初心者の方で、自動売買で取引をしたい方には特におすすめのFX会社といえますね。

特に自動売買であればFXの知識がなくても取引を行うことが可能です。

仕事をしている間でもコンピュータが自動的に取引してくれるので魅力的です。

自動売買を使って効率よく資産運用したい方は、トライオートFXの利用をおすすめします。

\当サイト限定!最大123456円もらえる/

外為どっとコム

外為どっとコム
おすすめ度 ☆☆☆☆
使いやすさ A
安全性 A+
スワップポイント 3円
スプレッド 1.8銭
1年間運用時の利益 1080円

外為どっとコムは、情報量が豊富という面で有名です。

他のFX会社と比較しても多くの情報ソースを持っているので、多面的に情報を得ていきたい方には必須のFX会社となります。

特に情報用のFX会社を持っていないという方は、この外為どっとコムを使ってみましょう。

多くの情報を集めることができますので、取引の精度を上げることができますよ。

\口座開設&取引で最大108000円!/

ヒロセ通商

ヒロセ通商
おすすめ度 ☆☆☆
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント -2円
スプレッド 3~3.4銭
1年間運用時の利益 -7200円

ヒロセ通商はなんといっても豊富なキャンペーンが売りのFX会社です。

食品など様々な商品をもらうことができるのでキャンペーン重視の方はぜひ利用してみてくださいね。

また、通貨数は50種類と豊富に用意されているため、香港ドル以外にも取引をしたい方には最適です。

自分の好きな通貨を取引できるのが大きな特徴です。

\口座開設&取引で50000円もらえる!/

スイスフランFXの具体的な特徴

この章ではスイスフランFXの具体的な特徴について説明していきます。

しっかりとスイスフランについて理解していきましょうね。

スイスフランの国際的な立ち位置

スイスフランの国際的な立ち位置皆さんご存知だと思いますがスイスは永世中立国として非常に有名です。

永世中立国としてのスイスフランは、世界で最も安全な通貨であるといわれています。

このため戦争など有事のことが起きるとアメリカドルや日本円と並びスイスフランも買われる傾向にあるのです。

 

また、スイスフランはマイナス金利を採用しているのでキャリートレードにもよく利用される通貨といえます。

キャリートレードとは金利の低い通貨を調達し、調達した低い金利の通貨で金利の高い通貨に投資することです。

このトレードを行うことによって高い金利の通貨から低い金利の通貨の差額を利益として受け取ることが可能になります。

このキャリートレードですがリーマンショックが起こる前の日本円でもよく利用されました。

当時アメリカの政策金利は4%から5%ついていましたが日本の政策金利は1%台でした。

この金利の差額を利用して日本円はキャリートレードによく利用されたのです。

 

結果として日本円は120円台後半まで円安が進みましたがリーマンショックが起こり円キャリートレードの巻き戻しが起こったせいで80円台まで暴落しました。

キャリートレードに利用される通貨は、キャリートレードに利用されている間は良いですがキャリートレードの巻き戻しが起こると大幅に為替が高くなる傾向にあります。

スイスフランの政策金利(スワップポイント)

スイスフランの政策金利はマイナス0.75%です。ユーロの政策金利が0%ですのでスイスフランの金利は非常に低いといえます。

金利は日本より低いので、売り注文(ショート)でのスワップ狙いの投資であればおすすめできます。

大幅下落(スイスフランショック)があった原因は?

大幅下落(スイスフランショック)があった原因は?

スイスフランと聞くと皆さん記憶に新しいのが2015年に起きたスイスフランショックだと思います。

一瞬にしてスイスフランは約40%下落したのです。

ドル円を例にすると、現在約110円なので一瞬で約66円まで下落することになります。

考えただけでも恐ろしいですね。

このスイスフランショックによって多くのFXトレーダーが大借金を負ってしまった事はいうまでもありません。

ゼロカットを採用しているFX会社を使っていたトレーダーはまだ傷が浅くて済みました。

 

しかし、一般的なロスカットを採用しているFX会社を利用していた場合、当然ロスカットに間に合わず大きな借金を背負ってしまったのです。

さてこのスイスフランショックですが何が原因で起きたか皆さんご存知でしょうか?

スイスフランショックという言葉を知っていても原因が何か知っている方は意外と少ないのではないかと思います。

 

スイス中央銀行はスイスフランショックが起こるまでの約3年間、景気対策の為に「1ユーロ=1.20フラン」を上限とする無制限の為替介入を行ってきました。

しかし2015年1月15日に突如この上限を撤廃するとスイス中央銀行は発表したのです。

なぜスイス中央銀行は1ユーロ= 1.20フランを上限とする無制限の為替介入を行ってきたかというと、2010年頃に起きた欧州債務危機が大きな原因となっています。

欧州債務危機とはギリシャやイタリア・スペインなど財政状態が悪い国が問題視されて起きた問題です。

欧州債務危機で問題視された国はユーロを使っていました。

これらの国が使っているということでユーロ自体の安全性を懸念されユーロを売ってスイスフランを買う動きが広まったのです。

結果としてスイスフランは暴騰しました。

 

しかし、スイスは医薬品や時計など輸出が多い国です。

輸出で儲けるためには当然ですが自国通貨は安い方が良いですよね。

円高になると輸出が厳しくなるのと全く同じことになります。

スイスはスイスフランがこれ以上高くならないようにするために為替介入を約3年間行っていたのです。

しかし、為替介入を行い続けることには当然ですが限界があります。

ついに2015年の1月15日に1ユーロ=1.20スイスフランを上限とすることを撤廃したのです。

これがマーケットに大きな衝撃を与え、結果として、スイスフランは約40%も一瞬で暴落してしまうことになりました。

後にも先にも一瞬でこれだけの暴落を起こしたことはスイスフランショックだけです。

2020年スイスフラン円の見通し・予測

スイスフランの今後2020年に入り新型コロナウィルスが世界で猛威をふるっています。

このようなことが起こると安全性の高いスイスフランは買われる傾向にあります。

今回のコロナウィルスでもスイスフランはやはり買われました。

特にユーロに対しては、大幅高になりスイス政府は為替介入に踏み切っています。

スイスフランが高くなる事は先ほども説明しましたが、スイスの輸出産業にとって大きなマイナスになるからです。

しかし、永世中立国であるスイスの高い信用度に変わりはなく今後もスイスフランを買う動きが続くでしょう。

ただ、同様に金利が低い日本円に対しては、数年に渡ってレンジ相場を形成し、安定した値動きをしています。

自動売買・裁量取引の両方で、値動きの安定した取引しやすい通貨と言えるのではないでしょうか。

自動売買をするなら、狭いスプレッドでスイスフラン円の自動売買ができるトライオートFXがおすすめです。

\当サイト限定!最大123456円もらえる/

スイスフランをFXで取引するメリット

スイスフランでFX取引をする主なメリットは2つです。

スイスフランで取引する2つのメリット
  • スワップポイントを狙った投資をすることができる
  • 主要通貨に比べて為替の上下が激しい

それぞれのメリットについて詳しく説明していきます。

スワップポイントを狙った投資をすることができる

スイスフランスワップポイント投資

スイスフラン円のスワップポイントは、多くは「売り」の時につきます。

スイスフラン円の売りのスワップポイントは、10円から20円程度つきます。

主要通貨のスワップポイントが軒並み落ちていることから考えても、スイスフランをスワップポイント狙いで取引することのメリットは大きいといって良いでしょう。

スワップ狙いでスイスフラン投資をするなら、スワップポイントが高いLIGHTFXがおすすめです。

\当サイト限定!最大53000円もらえる/

主要通貨に比べて為替の上下が激しい

スイスフランのチャートスイスフラン円のここ数年の為替チャートは上記のようになっています。

為替の上下が激しく、レンジ相場を形成していることがわかります。

為替の上下が激しいという事はそれだけ利益を取るチャンスがあるということです。

さらに、レンジ相場を形成しているので、思いがけない動きが少なく、取引しやすいと言えます。

FX最大の醍醐味である、売却益を狙える可能性が、スイスフランの場合高くなるといえるでしょう。

スイスフランをFXで取引するデメリット

様々なメリットがあるスイスフランですが当然ですがFXで取引する上でデメリットもあります。

スイスフランで取引するデメリット
  • スイスショックによって大幅下落した過去をもつ
  • 主要通貨に比べて情報量が少ない

それぞれのデメリットについて詳しく説明しますね。

スイスショックによって大幅下落した過去をもつ

スイスショックによって大幅下落した過去をもつ

先ほど詳しく説明しましたがスイスフランは過去に大きな下落をしたことがあります。

一瞬で約40%も大暴落したのです。

今後このような大暴落が起きる可能性は低いとは思いますが、為替介入に積極的な国であるということを考えると決して油断できないといえるでしょう。

もしスイスフランショックの再現が起きればロスカットのFX会社で取引をしていた場合、大借金を被ってしまう可能性があります。

スイスフランの取引をするのであればゼロカットを採用しているFX会社のが安心だといえるかもしれませんね。

主要通貨に比べて情報量が少ない

スイスフランの情報スイスフランは米ドルやユーロなどの主要通貨と違い情報量が極端に少ないです。

スイスフランに対して特別な情報元を持っている方は別かもしれませんが、情報量が少ない通貨で運用するにはやはり注意が必要だと思います。

▼情報を集める際のおすすめサービスは以下の記事で紹介しています。

【3つ厳選】FXの為替ニュースを知るおすすめ方法|情報用に最適な口座は?今回はFXに必要なニュースを知るためのおすすめな方法を紹介します。 情報が少ないと相場の急な変動に対応できない場合や、今後の見通し...

スイスフランをFXで取引する際の注意点

最後にスイスフランでFX取引する際の注意点について説明します。スイスフランでFX取引をする際の主な注意点は2点です。

注意点①:急な相場の変動が起こる可能性がある

スイスフランの変動先程から何度も説明していますがスイスフランは取り扱い高が主要通貨である米ドルやユーロに比べて少ないこともあり急な相場変動が起きやすいです。

良い方向に相場変動が起きれば大儲けできる可能性もありますが逆に動いてしまうと悲惨なことになります。

スイスフランでFX取引をする際は資金管理をいつも以上に注意して行うようにしましょう。

注意点②:政府が為替に介入している

スイスフランの為替加入スイスフランは為替介入を頻繁に行っている通貨です。

スイスフランショックの時も約3年にわたってスイス政府はスイスフランの為替介入を行っていました。

いつ為替介入ができなくなるか分かりませんので大変動に備えた取引を行うことが大切だと思います。

【まとめ】スイスフランをFXで取引してみよう

スイスフランをFXで取引してみよう

スイスフランは他の主要通貨に比べて資金管理をしっかり行わなければなりませんが、資金管理を行った上で取引をすれば大きな利益を狙える通貨ともいえます。

またスワップポイントも高いのでこちらも資金管理をしっかり行った上で長期でスワップポイント狙いの取引をするのも良いかもしれませんね。

スイスフランFXは、LIGHT FXを利用するのがおすすめ。

LIGHT FXはキャンペーン内容も超お得です。

LIGHT FXの新規口座開設キャンペーン

新規口座申込月の翌々月末の、最終営業日マーケットクローズまでに

新規注文の取引量に応じて最大で53,000円をキャッシュバック!
(当サイトからの口座開設限定)

キャンペーン狙いにLIGHT FXでFXを始めるのも良いかもしれませんね。

LIGHT FXの特徴
  • スワップポイントが業界最高水準
  • スプレッドが国内最狭値水準
  • 1000通貨から取引可能
  • チャート・アプリが使いやすい

の記事を参考に是非、LIGHT FXでスイスフランFXを取引していきましょう!

\当サイト限定!最大53000円もらえる/

▼おすすめFX会社については以下の記事で紹介しています。

FX会社ランキング
【最強】初心者におすすめなFX会社比較&ランキング!口座開設すべきはどこ?FX会社はたくさんあり、どこで取引するか迷ってしまいますよね。 今回はおすすめのFX会社をランキング形式にして紹介していきますので...