FX会社

CFDを取引できるおすすめ業者TOP5!初心者はどこを使うべき?

FXや投資を続けていると、他の商品でも投資したいと考え始めるのは不思議なことではありません。そんな中人気が高まっているのがCFD

特にFXトレーダーにとっては同じような感覚でトレードできるため、CFDに興味があるという方も少なくないようです。

CFDを取り扱っている証券会社の種類は豊富。

初めてCFDを始めるという方はどの証券会社が良いのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

結論から言うと、CFD取引をするなら「GMOクリック証券」が一番おすすめ。

手数料が安く、安全性も高いので、初心者の方でも安心して投資できます。

CFD取引を始めるなら、まずGMOクリック証券に口座開設しておきましょう!

\口座開設&取引で最大30000円!/

CFDを取引できる証券会社の選び方

CFDを取引できる証券会社の選び方

自分に合ったCFD取扱証券会社を選ぶ際に重要なことは、CFD取引において重要なポイントを知ることであるといえるでしょう。

証券会社選びには以下のポイントが重要な要素となります。

手数料が安い

CFD取引における証券会社選びで最も重要なポイントの1つが、取引コストの安さです。

CFD取引にかかるコストとは主に売買手数料とスプレッドです。

売買手数料に関しては、無料にしている証券会社も多い為、多くの場合注目するのはスプレッドになるでしょう。

お母さん
お母さん

スプレッドが大事なのね。でもそもそもスプレッドって何なのかしら?

お金マン
お金マン

スプレッドというのは売りと買いの時の価格の差だ。

例えば日経平均の売りが20,000.0円、買いが20,007.0円でレートが出されている時スプレッドは7.0ポイントになるぞ。

お金マン
お金マン

20,007.0円で買ったら売り価格が20,007.1以上にならないと利益が出ないので、スプレッドは狭い方が有利なんだ。

この差が証券会社によって違う。また取引時間帯などによっても差がおおきくなったりするので注意が必要だ。

お母さん
お母さん
 じゃあ取引したい銘柄・指数のスプレッドを見るのが重要なのね 。

証券会社は店頭CFDと「くりっく株365」の取引所CFDがありますが、取引所の場合はスプレッドが広く手数料も発生する為、基本的には店頭CFDがおすすめです

信頼できる

全ての金融商品に共通することですが、証券会社の信頼性は重要です。

店頭CFD取引はCFD証券会社が自由に価格を設定できる相対取引です。

したがって悪質な証券会社だと実際に取引されている価格と乖離した価格でレートを出すこともありえます。

お母さん
お母さん
 証券会社の信頼性は大事ね。でもどうやって判断したらいいのかしら?
お金マン
お金マン
 信頼性の判断としては「創業歴が長い」「シェアが大きい」の2点を見ると良いよ!

また日本の証券会社は「金融商品取引業 ○○財務局長(金商)第○○○号」というライセンスを必ず保持しています。

証券会社のウェブサイトで確認するようにしましょう。

取扱い銘柄・サポート等

CFDの魅力は世界中の様々な銘柄への投資がしやすいという点だといえます。

取り扱い銘柄が特段に多くなくても重要な株価指数などの取り扱いがあれば十分です。

また個別株や株価指数、ETF以外にもゴールドやオイルなどのコモディティなど商品の取り扱いがある方が分散投資がしやすいでしょう。

お母さん
お母さん
 色々な商品に投資できるのがCFDのメリットなのね。重要な銘柄って具体的にどういったものなのかしら?
お金マン
お金マン
 定番の銘柄があれば十分だぞ。主に以下の銘柄だ。
米株指数NYダウ・S&P500・ナスダック
日本株指数日経225
英株指数FTSE
ドイツ株指数DAX
商品ゴールド・プラチナ・WTI原油
お金マン
お金マン
 その他にも株価指数なら上海総合ハンセン指数FANGなどのハイテク株があれば十分さ。

銘柄以外の重要な点としては「サポートが充実している」「ツールの使いやすさ」などが選ぶポイントとなります。

投資やトレード初心者の方であれば、やはり充実したサポートというのはいざという時に安心できるものです。

ツールの使いやすさとはチャートの使いやすさのことです。

チャートのテクニカル分析を重視する方であればツールの使いやすさは証券会社選びの重要なポイントになります。

お母さん
お母さん
良くテクニカル分析って聞くけど、どういった分析方法なのかしら? 
お金マン
お金マン
テクニカル分析というのはチャートにインジケーターというものを表示したり線を引いたりして売買のポイントを見極めたり、投資戦略を立てたりすることだ。 

テクニカル分析の対象としてファンダメンタルズ分析というのがあります。

ファンダメンタルズ分析は経済の知識が必要となるので幾分難しいとされていますね。

CFDを取引できるおすすめ証券会社ランキング

ここからはCFD取引可能なおすすめの証券会社5選を、それぞれの特徴を踏まえて紹介していきます。

第1位 GMOクリック証券

第1位 GMOクリック証券

おすすめの第1位はGMOクリック証券

その一番の理由はシェア率です。

日経225やNYダウなど証券CFDにおける国内シェア率が約72%と断トツの国内No1を誇っています。

国内のシェアが大きいということは、それだけ信頼できるということでもあり、特に初心者の方にはおすすめの証券会社といえます。

取扱い銘柄も豊富でその数は130種以上

NYダウ、日経225などの主要株価指数はもちろんのこと、トルコ、ロシアなどの新興国株価指数、Amazon、ナイキなど個別株から天然ガスなどの商品までと銘柄選びに事欠きません。

更にスプレッドも日経平均で1ポイント(※変動する場合あり)など、取引コストも国内最安水準です。

また証券会社では数少ない24時間体勢のサポートがあるのも魅力の1つ。

その他にも、使いやすくカスタマイズ性のあるツールなど、初心者から上級者までおすすめの証券会社といえるでしょう。

\口座開設&取引で最大30000円!/

▼GMOクリック証券の評判・口コミについては以下の記事をご参考ください。

【GMOクリック証券(FXネオ)の評判・口コミ】意外なメリット・デメリットとは?今回はGMOクリック証券の評判について詳しくまとめていきます。 FXの口座開設をしようと思っても、FX会社が多くあるため迷ってしま...

第2位 IG証券

第2位 IG証券

第2位はIG証券

金融市場の中心であるロンドンに本拠地を構え45年以上の歴史を持つ証券会社です。

IGグループはロンドン証券取引所に上場し、FTSE250種総合株価指数にも含まれている優良企業であり、その信頼性は抜群といえます。

世界15か国にオフィスを構えるIG証券は、そのシェアも大きく、世界で23万人以上が利用しています。

なんといってもIG証券の魅力はその豊富な銘柄数。

17,000以上の銘柄を取り扱っており、取扱い銘柄数は堂々のNo.1です。

またスプレッドは日経平均で7ポイント(取引時間などにより変動有り)とGMOクリック証券よりは広いものの、業界最低水準のスプレッドを誇っています。

ユニークなのはノックアウトオプションと呼ばれる独自の取引システム。

10万円以下の少ない投資金でも大きな利益が狙えます。

\ノックアウトオプションを使うなら!/

▼IG証券の評判・口コミについては以下の記事をご参考ください。

IG証券の口コミ・評判
IG証券の評判・口コミがヤバい!メリット・デメリットを辛口解説IG証券と言えばノックアウトオプションと思う方は多くいるかもしれません。 そんなIG証券の特徴や強みを同じくノックアウトオプション...

第3位 DMM CFD

DMM CFD

FX・仮想通貨取り扱い業者としても有名なDMMが第3位。

DMMの大きな特徴としては、取扱い銘柄が厳選された7つのみであるということ。

他の証券会社と比べると格段に少ないのはデメリットではないかと思われかもしれませんが、初心者の方であれば銘柄が多すぎても選ばない・選べないというのが実際のところ。

DMMでは7つの銘柄のみですが、日経平均、ダウ工業株30種を含む米株価指数3種、ゴールド・シルバー・オイルのコモディティ3種と、

最低限必要なものは網羅されており十分といえます。

また、スプレッドも日経平均で原則7.0円固定(例外あり)と業界最低水準をキープ。

サポートも24時間体勢と、まさに初心者におすすめの証券会社です。

\口座開設&取引で20000円もらえる!/

▼DMM FXの評判・口コミについては以下の記事をご参考ください。

DMMFXの評判・口コミがヤバい!?知られざるメリット・デメリットとは?今回はDMMFXの評判についてまとめていきます。 CMでも話題となっているDMMFXですが、開設する前にどんな機能があるか知ってお...

第4位 岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

第4位は岡三オンライン証券です。

上記3つの証券会社と大きく異なるのが「くりっく株365」を通しての売買となるという点

くりっく株365はマーケットメイカー方式の為、レート・スプレッド・配当金など、どの証券会社を利用しても基本的に価格は同じです

ただし、取引手数料やロスカットレートは証券会社で異なります。

岡三オンライン証券の魅力は何といっても配当金です。株式指数の構成銘柄に配当があれば、株価指数ベースでの配当相当額が付与されます。

またくりっく株365で取り扱いがあるだけに信頼性も抜群です。

 

デメリットは、取引所CFDの特徴である手数料が発生する点、スプレッドが広い点

FTSEであれば12ポイント程度のスプレッドになります。

岡三オンライン証券は配当金狙いの長期投資におすすめです。

\口座開設&取引で最大50000円!/

▼岡三オンライン証券の評判・口コミについては以下の記事をご参考ください。

岡三オンラインFX
岡三オンライン証券FXの評判・口コミを分析|メリットやデメリットは?今回は岡三オンラインFXのの口コミや評判について詳しくまとめていきます。 数多くのFX会社がある中で、岡三オンラインはどのような特...

第5位 サクソバンク証券

第5位のサクソバンク証券はデンマーク・コペンハーゲンに本社を構える証券会社です。創業は1992年。

既に20年以上の歴史を持つグローバル金融機関であるという点から信頼性のある証券会社といえるでしょう。

IG証券と同様に海外に本拠地を置く証券会社だけあって、最大の魅力は取扱い銘柄が豊富な点。

IG証券程ではないものの、その取扱い銘柄数は約6,000

ほぼ全ての銘柄に投資できると言っても過言ではありません。

スプレッドも日経平均で5.0ポイントと業界最低水準。株価指数CFDであれば取引手数料も無料です。

 

ただし、個別株や、取引期限があるCFD(原油など)はキャリングコストというサクソバンク独自の手数料がかかります

また、リアルタイムプライス配信が一部有料である点もデメリット。

手数料に関してややコストがかかる点や、ツールの使い方などからサクソバンク証券は、どちらかというと玄人、プロフェッショナル向けといえます。

▼サクソバンク証券の評判・口コミについては以下の記事をご参考ください。

FX会社アイキャッチ
【悪評】サクソバンク証券の評判・口コミがヤバい!?使うべきでない理由とは?FX会社で迷っている方でサクソバンク証券も選択肢の一つとして考えている方もいると思います。 結論から言いますと、サクソバンク証券は...

CFDのおすすめ銘柄ランキング

CFDのおすすめ銘柄ランキング

CFDの取引に当たっておすすめの銘柄ランキングをご紹介。

今回はGMOクリック証券で発表された2020年8月のランキングからご紹介します。

是非取引の参考にしてみてください。

順位総合ランキング
1位ナスダック
2位金スポット
3位日経225
4位原油
5位銀スポット
6位NYダウ
7位S&P500
8位香港ハンセン
9位天然ガス
10位FTSE

総合ランキングの1位は米国のナスダックで、日経225は第3位となっています。

CFDの売買手数料一覧

CFDの売買手数料一覧

証券会社の売買手数料(スプレッド)を主要銘柄毎に表を使って紹介します。

GMOクリック証券IG証券DMM CFD岡三オンライン証券サクソバンク証券
日経平均2.07.07.06.05.0
N.Yダウ1.01.63.05.32.5
S&P 5000.30.40.50.5
ナスダック1.01.02.01.0
ゴールド0.30.31.20.6
WTI原油3.06.03.95.0
シルバー1.53.05.43.5
お母さん
お母さん

比較してみると総合的に1番スプレッドが狭いのはGMOクリック証券ね!

GMOクリック証券は信頼性が高く、手数料が安いという点で一番おすすめできる業者です。

CFD取引をするなら、まずは口座開設しておきましょう!

\口座開設&取引で最大30000円!/

CFD取引のメリット

CFD取引のメリット

ここまでおすすめのCFD取引可能な証券会社を紹介してきましたが、そもそもCFD取引にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

現物取引とは違うCFDには以下のメリットがあります。

レバレッジがかけられる

通常株式投資というと株を購入して売って利益を得ます。

一方CFD取引は株を購入するのではなく、株などの資産の価格が上昇するか下落するかを予測し、その価格の差で利益を出す差金決済取引です。

したがって通常の株式投資ではできないレバレッジをかけられる為、少ない資金で大きな金額の取引ができます

お母さん
お母さん
 少ない資金で取引するってどういうことなのかしら?
お金マン
お金マン
例えばレバレッジが20倍だとしよう。10,000円分の取引をする場合、必要な証拠金は500円で済むんだ
この仕組みを利用することで、最低投資額でも高すぎて購入できなかった銘柄や金融商品の取引もできるようになるんですよ。

現在国内のCFD取引においては株式で5倍、株価指数で10倍、債券で50倍などのレバレッジをかけた取引ができます。

ショートもできる

基本的に株式投資はロング(買い)から入りますが、CFDは差金決済の為ショート(売り)から取引することもできます

売った場合は購入した商品の値が下がった時に買い戻すことで利益を得ることができます。

24時間取引できる

株式市場は取引する時間が限られています。

しかしCFDは世界中のマーケットで取引できる為、土日を除く24時間取引ができます。

したがって元旦などの世界的な休日を除けば、日本が休日であっても取引可能です。

配当を受けられる

岡三オンライン証券など、株を保有しているのと同様に配当金を受けられるのもCFDの魅力の1つです。

ただしショートポジションを持っている(売っている)場合は配当金相当分を逆に支払うことになるので注意しましょう。

銘柄が豊富

IG証券やサクソバンク証券のように海外の証券会社は銘柄が豊富です。

投資商品は多い方がそれだけ投資機会も増えるというもの。

また、リスク分散の観点からもポートフォリオも作りやすくなります。

CFD取引のデメリット

CFD取引のデメリット

メリットがあれば当然デメリットもあります。どのようなものか見ていきましょう。

リスクが高い

レバレッジを効かせるということは、それだけリスクを背負うということであり、これはどのような投資においても共通していえることです。

レバレッジをかけた投資・トレードは資金管理が重要となります。

追証が発生する可能性もある

少ない資金で大きな資産を運用できるのがCFDの魅力ですが、上記のようにその分リスクを伴います。

何が起こっても不思議ではない金融市場において、価格が暴落することも珍しくありません。

場合によっては証拠金を下回り追証が発生してしまう可能性もあります。

口座には常に十分な証拠金を入れておくようにしましょう

別途専用口座が必要な場合がある

証券会社によってはCFD取引用に別途口座を作る必要性があります。

証券会社がCFD自体を扱っていない場合は別の証券会社での口座開設が必要となります。

CFD取引に関するQ&A

CFD取引に関するQ&A

ここからはCFDに関してよくある質問をまとめて回答します。

CFDって何?

GMOクリック証券CFD

CFDとはContract For Differenceの略で、先述したように「差金決済取引」のことです。

実際に資産を所有する(株などを購入する)わけではなく、一定の証拠金を預け、商品の価格差で取引します。

CFDとFXの違いは?

FXはCFDの1つと考えられます。

FX経験者であれば、FXトレードと同じ感覚で株式指数などの銘柄をトレードできるのがCFDの魅力です。

CFDと投資信託の違いは?

CFDと投資信託は多くの部分で共通しますが、異なる点は投資信託では「売りはない」「レバレッジがない」「現在価格で購入できない」という点があげられます。

CFDの方がメリットが多いように見えますが、低リスクで資産運用したい場合などは投資信託がおすすめです。

【まとめ】CFD取引を始めてみよう!

CFD取引を始めてみよう

今回はおすすめのCFD対応証券会社を紹介してきました。

今回おすすめした証券会社はどの会社もそれぞれ特徴があり、一概にどこが良いというのは難しいところです。

それぞれ証券会社のメリット・デメリットを把握したうえで自分の投資・トレードスタイルにあったところを選ぶと良いでしょう

 

CFDを取引するならGMOクリック証券が一番おすすめ。

まだ口座開設していない方は、今のうちに開設しておきましょう!

\口座開設&取引で最大30000円!/

▼FX会社の総合おすすめランキングについては以下の記事をご参考ください。

【8社比較】FX自動売買のおすすめランキング!初心者でも儲かるツールは?この記事ではFXの自動売買をランキング形式で紹介していきます。初心者でも稼げる自動売買を手数料や実績を比較して解説するので是非参考にしてみてください。また、自動売買の具体的な種類や運用の注意点をまとめたので、自分のお金で運用する前に役立つ記事となっています。...