スワップポイント

【最新】ユーロドルのスワップポイント比較・ランキング!推移や予想年利も紹介!

高金利通貨というと、新興国通貨の中には有名な通貨はたくさんありますが、先進国通貨の中では米ドルが唯一高金利な通貨になっています。

金利の高い米ドルと、金利0%のユーロを利用したスワップ運用が今注目されているのです。

お父さん
お父さん
ユーロドルはあまり馴染みがないね
お金マン
お金マン
意外と簡単だし、安全性も高いからすごくおすすめだよ! 

忙しい方のために、簡単に記事の内容をまとめました。

ざっくり言うと…
  • ユーロドル価格変動が小さいため低リスクで投資ができる
  • その上、金利差が安定しているため継続して収益を狙うことが可能
  • できるだけ損失を出さず利益を取りたい人にはおすすめ
  • 収益予想はレバレッジを掛けることで最大年利63%
  • スワップポイントが高い会社で88円/日を毎日付与
  • ユーロドルに投資するなら、「LIGHTFX」「GMOクリック証券 (FXネオ)」「FXプライムbyGMO」がおすすめ
  • その中でもユーロドルのスワップ投資をするには約91円/日のスワップポイントを付与している「LIGHTFX」が一番おすすめ
LIGHTFX

LIGHTFXの公式サイトはこちら

\口座開設&取引で53000円!/

 

ユーロドルのスワップポイント比較・一覧

スワップポイント比較
以下に、1万通貨あたりのユーロドルのスワップポイントを比較してみました。

FX会社 「買い」 「売り」
LIGHTFX -92 91
GMOクリック証券 (FXネオ) -92 88
FXプライムbyGMO -93 85
DMM FX -86 86
外為ジャパン -86 86
インヴァスト証券 -96 85
YJFX! -95 85
ライブスター証券 -100 70

どこのFX会社も平均して、およそ80円~100円程度のスワップポイントがもらえるようです。

スワップポイントは、特に長期的運用・トレードにおいては重要になるので、できるだけ多くのスワップポイントがもらえる会社を選ぶようにしましょう。

売りで一番高いスワップポイントがもらえるのはLIGHTFXで、買いではDMMFXが一番低いスワップポイントとなっています。

ユーロドルのスワップ投資では主に売りで行うので、一番高いLIGHTFXを選ぶと良いです。

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

ユーロドルのスワップポイントおすすめランキング

ユーロドルのスワップポイントが高い順にランキングをつけました。

ユーロドル投資をする場合は、利益を最大化するために出来るだけ大きいスワップポイントのFX会社で取引するのがおすすめです。

使いやすさ、安全性も評価しましたので、ぜひ参考にして口座開設してみてください!

1位 LIGHTFX

おすすめ度
使いやすさ A+
安全性 A+
スワップポイント 91円
スプレッド 0.3P
1年間運用時の利益(1万通貨) 33215円

ユーロドルに投資をするならLIGHTFXが一番おすすめです。

スワップ投資をする際には、なるべくスワップポイントが大きい会社で口座開設することが必要です。

業界最高水準のスワップポイントを付与しているので、ユーロドルのスワップ投資には一番有利となっています。

また、取引の時にコストとなるスプレッドもかなり狭くなっているので、お得にトレードすることが可能です。

もちろん口座開設費、口座維持費、取引手数料は全て無料ですので初心者の方でも安心して始めることができます。

今なら、口座開設&取引で最大50000円もらえるキャンペーンを行なっていますので、今のうちに開設しておきましょう!

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

2位 GMOクリック証券

GMOクリック証券
おすすめ度
使いやすさ A+
安全性 A+
スワップポイント 88円
スプレッド 0.4P(原則固定)
1年間運用時の利益(1万通貨) 29,568円

ユーロドルの取引には、GMOクリック証券もおすすめです。

主要通貨の取引に非常に定番のFX会社で、多くの人が利用しています。

7年連続FX取引高1位という記録から、信頼性が高いことが分かると思います。(ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)

スワップポイントも高いですし、なにより取引ツール・安全性が高いので、短期売買をしたい方にも最適です。

スワップポイントだけでなく、デイトレードをしたいという方はGMOクリック証券を選ぶと良いですよ。

\口座開設&取引で最大30000円!/

3位 FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO
おすすめ度
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント 85円
スプレッド 0.6P
1年間運用時の利益(1万通貨) 28,560円

FXプライムbyGMOもユーロドルを取引するのにとてもおすすめです。

この会社もGMOクリック証券・LIGHTFXと同じく、ユーロドルのスワップポイントが他社に比べて大きいので、有利に取引をすることができます。

また、最新のマーケット情報が常に更新されていきますので、スワップポイントには重要な金利の変更や国際情勢など詳しい情報が簡単に手に入ります。

さらに、初心者の方でも安心して始められるようにこの会社ではFXセミナーが充実していいるので安心です。

情報力で選ぶなら、戦略的な投資ができるFXプライムbyGMOがおすすめです。

\口座開設&取引で最大10000円!/

4位 DMM FX

DMMFX
おすすめ度
使いやすさ A
安全性 A
スワップポイント 86円
スプレッド 0.4P
1年間運用時の利益(1万通貨) 28,896円

次に紹介する会社はDMMFXです。

この会社もスワップポイントの付与額が大きいため、ユーロドルのトレードに最適です。

また、スプレッドも狭いので他社を利用するよりも収益性を上げることができます。

さらに、DMMFXはスマホアプリが非常に使いやすいので、外出先でユーロドルを取引したい場合でも簡単にトレードができます。

もちろんこの会社も口座開設費、口座維持費、取引手数料は全て無料ですので初心者の方にも安心です。

現在は、最大2万円の高額なキャッシュバックキャンペーンを行なっていますので、今のうちに口座開設をしてみてください。

\口座開設&取引で最大10万円!/

5位 ヒロセ通商

ヒロセ通商
おすすめ度
使いやすさ A
安全性 B
スワップポイント 66円
スプレッド 0.4P
1年間運用時の利益(1万通貨) 22,176円

ヒロセ通商(LION FX)は、FXの幅広い取引をしたい方に非常におすすめです。

スプレッドが小さく、1,000通貨からの取引が可能になっています。

また、50種類の通貨を取引することができ、最新のマーケット情報配信もかなり充実しています。

また、新興国通貨のスワップポイントが高く、スワップポイント狙いの投資がしたい方にもおすすめです。

今なら、口座開設をしてイギリスポンドの取引を行うことで最大で5万円のキャッシュバックがもらえます!

幅広い投資手法を試したい方は、ヒロセ通商がおすすめの会社です。

\口座開設&取引で52000円もらえる!/

ユーロドルのスワップポイント推移

アメリカ - EU 金利推移 上のグラフは、過去10年間のアメリカとEU圏の政策金利の推移です。

見てわかる通り、2015‐2016年のあたりからアメリカの金利は上昇し始め、ユーロ圏の金利は2014年以降下落の一途をたどっています。

アメリカはこのころ、2008‐2009年のリーマンショックからの回復を遂げ、FRB・連邦準備制度(アメリカの中央銀行)量的緩和政策を終了し、利上げへと舵をきりました。

それとは対照的にユーロ圏においては、ギリシャ危機に端を発した南欧諸国などによる債務危機問題のため、ECB(ヨーロッパ中央銀行)量的緩和政策を開始し利下げを続けました。

その後、今現在に至るまでその傾向は続き、アメリカは2.5%、ユーロ圏においては0%の政策金利を定めました。

通貨 政策金利
ドル円 2.5
ユーロ 0%

スワップポイントは二つの通貨間で生ずる金利差からきますので、ドルの高金利とユーロの超低金利から、ユーロドルは金利差を最大限高めた組み合わせです

今後の予測される金利の推移ですが、2019年内はこのスワップポイントが維持される、あるいは少しの上下の変動がある程度であると思います。

そして、来年以降はユーロドルのスワップポイントは減少していく可能性が高いと思われます。

まずアメリカの状況は、ここ4 – 5年間続いた経済成長の頂点に差し掛かり、これから数年間は停滞・後退していくと分析されています。

2019年1月末に開かれたFOMC(米国連邦公開市場委員会)によると、2019年内は一旦利上げは中止し、経済・金融の動向やインフレ率の弱まりを考慮して、金利の変更に際してはFRBは辛抱強く注視する、との見解を示しました。

これは年内の経済の動向によっては、金利を下げる可能性があると示唆しています。

FOMC(連邦公開市場委員会)とは…

Federal Open Market Committeeの略で、FRB理事7名とFRB総裁5名によって1年に8回(6週間ごとに1度)開かれる二日間の会議・委員会。この委員会において、景気状態(主にインフレ率と失業率)をもとに政策金利の決定と今後の経済の見通しを議論する。

また、FRBによる2020年以降の経済成長の見通しは、2018年の成長率よりも低く予測しており、それに合わせた金利の利下げが起こると十分予測されます。

それとは反対に、ECB(ヨーロッパ中央銀行)は今年の9月まで利上げを行わないと発表されており、裏を返せばそれ以降は利上げもありうるともとれます。

しかし、ユーロ圏は2017年くらいからずっと利上げをすると言いつつ何度も先延ばしにしてきており、「利上げするする!」詐欺を繰り返しています。

イタリアのリセッション(景気後退)入りや、ドイツの成長の純化を鑑みると、また先送りになる可能性は十分に高いです。

以上を踏まえると、今年はユーロドルのスワップポイントにあまり変更はない可能性が高く、今の金利差の恩恵を受けることができると予測できます。

今後のユーロドルの展望
  • 米ドルの金利が下がる可能性があるが、しばらくはユーロとの金利差を維持
  • ユーロが金利を上げることは考えにくいため、スワップ投資は狙い目!

来年からはアメリカ経済の成長停滞・後退に伴い、FRBによる利下げが行われる可能性がありますが、しばらくはこの金利差を維持すると見られています。

そのため、ユーロドルの高い金利差を利用した投資はこれからも有効な投資法です。

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

ユーロドルスワップポイントのレバレッジ

ユーロドルスワップポイントのレバレッジ
レバレッジに関してですが、比較的高めのレバレッジをかけていいと思います。

ユーロドルは世界で最も取引されている通貨ペアであるため、価格変動は安定しており、急に大きな損失がでる可能性も低いです。

ユーロドルの特徴
  • 価格変動は安定しているため損失がでる可能性は低い
  • そのため大きなレバレッジで運用するのがおすすめ

またレバレッジを変更することで、1万通貨あたりのスワップポイントの量が変わることはありませんが、レバレッジを低く設定すると1つのポジションに必要な証拠金が大きくなり、あまりポジションが取れなくなってしまいます。

その点、レバレッジの変更により投資規模も変わり、もらえるスワップポイントも変動してきます。

ただ、先ほど申し上げた通り、ユーロドルは最も安定した通貨ペアの1つなので、最大限のレバレッジをとっても大丈夫だと思います。

ユーロドルスワップポイントの年利シミュレーション

ユーロドルスワップポイントのシュミレーション
ユーロドルは安定した信頼のできる通貨ですので、個人用口座がとれる25倍のレバレッジをかけた場合のシミュレーションをしたいと思います。

おばあさん
おばあさん
じゃあ、ユーロドルに最大限レバレッジをかけたら、どれくらいのリターンになるんじゃ?
お金マン
お金マン
スワップポイントだけで言えば、毎月4.5%の収益が期待できるぞ!
おばあさん
おばあさん
安定した投資先なんじゃったら、銀行に預けずに投資してみようかの!
お金マン
お金マン
価格変動からの損失を避けたければ、他のFX会社の口座で反対のポジションを取って、損失がでないようにすることもできるぞ!

25倍のレバレッジをかけた場合、ユーロドルの1万通貨のポジションを取るのに、およそ5万円が必要になります。

ユーロドル運用例

運用額:5万円

通貨量:10万通貨

レバレッジ:25倍

スワップポイント:約88円/日

スワップポイント収益(月):2640円

スワップポイント収益(年):31680円

そしてFX会社によって異なりますが、毎日およそ80円~90円くらいのスワップポイントがもらえます(ただし、水曜日の取引終了時のみ、その3倍~4倍の金利がもらえます)。

そうすると、1ヶ月あたり2,640円程度のスワップポイントがもらえ、月利5.28%(2,240 / 50,000 x 100)のリターンになると計算できます。

これを、1年間継続すると31680円の利益になり、年利63%になります。

仮に、10倍の10万通貨のポジションを保有すれば、316800円という十分な第二の収入にすることができます。

通貨量 資金 年間収益
1万通貨 5万円 31680円
10万通貨 50万円 316800円

また、これはスワップポイントからのみのリターンで、市場がユーロ売りドル買いへと傾けば、トレードからもリターンを出すことができます。

現在のアメリカの高金利と、ユーロ圏のいまいちな経済状況をみると、ユーロドルに売り圧力が高くなり、投資には非常に有利な状況であると思います。

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

ユーロドルのスワップポイントを利用したアービトラージ

ユーロドルスワップポイントのアービトラージ
スワップポイントを利用した、スワップポイントアービトラージもおすすめの投資手法です。

アービトラージとは…

リスクのない確実な利益、あるいはその手法。多くの場合、1回あたりの利益は少ないが回数や取引量を多くすることで、確実に大きな利益を得ることができる

ユーロドルのスワップポイントは「売り」のポジションからプラスの利益が、「買い」のポジションからマイナスの利益がでます。なので、

できるだけ多くのプラスのスワップポイントがもらえるFX会社で「売り」のポジションをとり、できるだけ少なめのスワップポイントしかとられない別の会社で「買い」のポジションをとることで、

損失のない、確実なリターンを得ることができます。

ただし、この手法もリスクが全くないというわけでなく、それぞれの口座では損失か利益のどちらかがでることになります。

利益が出ている方の口座は良しとして、損失が出ている口座で仮に損失が大きくなった場合ロスカットされる可能性があります。

ロスカットとは…

損失が保有する資金を上回るのを防ぐため、損失が上回る前に証券会社が強制的にポジションを解除すること。多くの場合、証拠金維持率が50%になる時点で、強制的にポジションがクローズされる。

そのためこの手法を使う場合、両方の口座に十分な資金を常に入れておくことがポイントになります。

アービトラージ収益検証(10万通貨)
  • 1万通貨「売り」:LIGHTFX (スワップポイント +92円)
  • 1万通貨「買い」:DMMFX (スワップポイント -80円)

1日当たりの利益: 120円

1年あたりの利益:43800円

この手法でも、リスクヘッジされた状態で1年28800円の利益が出せます。

これにより、銀行に預けておくよりも収益性のある資産運用ができます。

ユーロドルのスワップポイントまとめ

まとめ
以上まで、ユーロドルのスワップポイントについてまとめました。

さらに凝縮してまとめると…

ユーロドル スワップポイントの推移・展望
  • 米国中央銀行の度重なる利上げにより、米ドルは高金利通貨に。
  • 債務危機やユーロ圏のおそい成長のため、ヨーロッパ中央銀行は利下げ。

-> ユーロドルは高金利通貨ペアに。

  • 米国の経済成長の停滞・後退懸念から利上げに歯止め、来年からは利下げ目線へ。
  • ユーロ圏の低金利政策は継続される可能性大。

-> 来年以降のユーロドルのスワップポイントはドル利下げのため減少する可能性あり。

ユーロドルは、安定してスワップポイントから収益を出せる投資先ということなんですね。

また、ユーロドルのおすすめの投資手法や年利を復習すると,

ユーロドルの投資法と収益性
  • 「売り」のポジションを保有する(年利:54%)
  • スワップポイントアービトラージを用いる(年利:5.7%)

\当サイト限定!最大103000円もらえる!/

▼各通貨のスワップポイントの比較・ランキングはこちらをご一読ください!

スワップポイント
【最新】スワップポイント14社比較!各通貨ペアのおすすめFX業者は?今回は、各FX会社におけるスワップポイントの違いについて見ていきたいと思います。 実は、スワップポイントというのは、通貨ごとに決ま...