FX

【2022年最新】ポンド円の見通し/今後の予想は?上昇も期待できる?!

今回は、「ポンド円の見通し」についてくわしくまとめていきます

英ポンドはとても取引量の多い通貨で、日本国内でもポンド円は米ドル円に次いで取引される通貨ペアとなっています。

お母さん
お母さん
そうだったのね!私はまだ取引したことがなかったわ

その人気の理由のひとつとなっているのが、ボラティリティ(値動きのはげしさ)の高さです。

おばあさん
おばあさん
え…でもそれって、リスクが高いってことよね…?
お金マン
お金マン
そのとおり!でも逆をいえば、それだけリターンも大きくなる可能性があるということなんだ!

特に、2019〜2020年にかけては、ブレグジットや新型コロナの影響もあって、120円台から140円台とかなり大きな変動が見られました。

2021年以降は上昇傾向にあり、2022年5月現在は163円台で推移しています。

お父さん
お父さん
コロナからの景気回復を目ざす今年も大きなチャンスがあるかもしれないぞ!

この記事では、そんなポンド円について、これまでの価格推移や予想のポイント、さらに今後の見通しや買い時についても、くわしく解説していきたいと思います!

この記事のポイントをまとめると…
  • 2016年以降はブレグジットの行方が価格に影響
  • 2022年は新型コロナの感染抑制や政策金利の動向がポイント
  • EUやほかの国との貿易協定にも注目
  • 大手証券会社の2022年予想
  • 長期的な上昇トレンドにある今が買い時
  • ポンド円を運用するなら「LIGHTFX」での取引がおすすめ!

LIGHTFXの公式サイトはこちら

ポンド円を運用するなら、LIGHTFXを利用するのがおすすめです。

業界最狭水準のスプレッドで取引コストを軽減、さらに取引ごとに最大53000円のキャッシュバックが貯まるサービスもとてもお得です。

今なら、新規口座開設+取引で最大5万3000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも行っているので、ぜひはじめてみてください!

お母さん
お母さん
コストも安くてボーナスももらえるなんて…二重にお得なのね♪

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

【2022年最新】ポンド円の現在の価格動向

こちらが2022年6月までのポンド円の最新チャートになります。

チャートから分かる通り、ポンド円は激しい値動きを見せており、非常に魅力的な投資対象と言えます。

新型コロナウイルスのワクチンも次第に普及し、アフターコロナの世界線の見えてきた今は買い時と見ることができるかもしれません。

現在は163円台を推移しており、緩やかな上昇傾向にあります。

2022年3月には152円台でしたが、強い円売りの影響もあって1ヶ月で10円以上の上昇幅を記録しました。

FXを始めるなら、スプレッドの狭いLIGHTFXがおすすめです

まだ口座をお持ちでない方は、この機会にぜひ口座開設しておきましょう。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

ポンド円のこれまでの価格推移

まず、2022年までにポンド円がどのような価格推移をたどってきたのか確認しておきましょう。

FXでは、こうした過去の値動きが予測を立てるうえで重要なヒントとなります。

お父さん
お父さん
同じような条件では同じような値動きをしやすいのだ

【2016〜2019年】ブレグジット以降の動き

ポンド円の価格推移(2016〜2019年)

リーマンショックによる暴落以降、2015年には190円台まで回復していたポンド円ですが、翌年6月23日に行われたEU離脱を問う国民投票で賛成多数となったことが大きな影を落とすことになります。

ポンド円のチャート(2016年6月)

当日には世論調査などの相反する情報が錯綜し、それにつれて価格も乱高下、結果的にわずか7時間で160円台から133円台へと大暴落する結果を生み出します。

おばあさん
おばあさん
えええ…なんて恐ろしい…
ポンド円のチャート(2017〜2019年)

この「ブレグジット(イギリスのEU離脱)」による影響はその後もつづき、10月には一時的に120円台にまで落ち込みますが、離脱協議がなかなかまとまらず長引いたことから、翌年以降は140円台で安定的に推移するようになります。

お金マン
お金マン
EU離脱が延期になるほど英ポンドには好影響というわけだ

その後、2019年6月にはメイ首相が混乱の責任を取り辞任、離脱強硬派のジョンソン首相が就任したことでポンド円も120円台まで下落しますが、9月に下院で「合意なき離脱」を阻止する法案が成立したことで、ふたたび140円台まで回復することになります。

お母さん
お母さん
結局ここ数年はずっとブレグジットがポンド円の動きを左右してきたのね

【2020年1〜4月】新型コロナ感染拡大による影響

ポンド円の価格推移(2020年1〜4月)

2020年に入ってからは、イギリスのみならず世界中が新型コロナ感染拡大による影響で大きく経済が落ち込みます。

ポンド円のチャート(2020年1〜4月)

イギリスでは3月以降に急速に被害が広まり、ポンド円も大きく下落、18日には最安値となる125.99円を記録しました。

これに対し、イングランド銀行(中央銀行)は3月に異例となる2度にわたる計0.65%の緊急利下げに踏み切り、過去最低の0.1%まで政策金利を引き下げます。

その後、23日に本格的なロックダウンが開始されると回復傾向となり、そのまま5月ごろまで130円台前半で推移することになります。

お母さん
お母さん
積極的なコロナ対策で底打ちになったわけね

【2020年5〜9月】景気対策による回復

ポンド円の価格推移(2020年5〜9月)

5月13日からロックダウンの制限緩和が段階的にはじまると、それに合わせポンド円も回復、6月には140円台をうかがうまで上昇します。

お父さん
お父さん
景気回復に対する期待が価格を押し上げたな

その後、ふたたび130円台前半まで下落しますが、7月には付加価値税(消費税)の半年間引き下げや、飲食代半額支援策など、政府による景気対策が次々と打ち出されていきます。

さらに、EUで協議が難航していたコロナ復興基金案も合意にいたり、ユーロ相場が全体的に上昇傾向となります。

ポンド円のチャート(2020年5〜9月)

これに呼応してポンド円もふたたび上昇、8月下旬には2月以来の140円台を回復、9月1日には2020年度の最高値となる141.87円を記録することになります。

おばあさん
おばあさん
このままいけば順調にイギリス経済も回復しそう…!

【2020年10〜12月】新型コロナ感染再拡大の影響

ポンド円の価格推移(2020年10〜12月)

ところが、8月後半から秋口にかけて、ふたたび新型コロナの感染者数が増加しはじめます。

それにくわえ、9月9日には政府がEU離脱協定を一方的に変更できる法案を議会に提出したことで、ふたたび「合意なき離脱」の懸念が高まっていきます。

お母さん
お母さん
あら雲行きが怪しくなってきたわ…
ポンド円のチャート(2020年10〜12月)

その影響もあり、9月下旬にはポンド円が130円台前半まで落ち込んでしまいます

おばあさん
おばあさん
これはとっても…ピンチ…!

しかし、EU離脱最終期限の直前となる12月24日にようやくEUとのFTA交渉が合意に達し、30日には「TCA(貿易連携協定)」の関連法案が成立します。

それに歩調を合わせるようにポンド円も右肩上がりとなり、12月30日にはふたたび140円台を突破しています。

お金マン
お金マン
上昇トレンドが継続していたんだ

【2021年10月~2022年6月】政策金利動向によって急落から急騰

2021年10月から大幅な下落をしましたが、2021年12月に入って上昇を決めています。

これは、イギリスの政策金利が影響している状態です。

10月には利上げの据え置きを発表したことで、一気に懸念が生まれる結果となりました。

しかし、12月には主要国で初めてコロナ禍での利上げが確定して、その結果急騰を見せたのです。

また、3月17日に行われた政策金利では2期連続の利上げが決まり、現在は1.00%にまで金利が上昇しています。

お金マン
お金マン
2021年の年末から合計で0.90%の利上げを実施したぞ!今後も金融政策の引き締めはあると考えられているな!

その間には、イギリスの景気減速懸念から一時的にポンド安となりましたが、その後は円がすべての通貨に対して相対的に売られた事から、強い上昇を決めています。

2022年6月現在は163円台で推移しており、上昇トレンドの過程にあると考えていいでしょう。

ポンド円の見通し・予想のポイント

ポンド円の見通しや予想を立てるさいには、かならず見ておくべきポイントがあります

それらをふまえたうえで、海外ニュースなどチェックしていきましょう。

お金マン
お金マン
ポイントをおさえておけばより効率的に情報収集できるぞ!

EUとの関係性

EUとの関係性がポイント

2016年の国民投票でブレグジットが賛成多数となってから、もっともポンド円の価格を左右してきたのがEUとの関係性です。

基本的に、関係が良好になれば上昇しやすく、悪化すれば下落しやすいと考えておけば問題ありません。

その点では、期限ぎりぎりでFTA交渉の合意にこぎつけ、今後も関税ゼロで貿易できるようになったことは大きな好材料といえるでしょう。

お父さん
お父さん
イギリスにとってEUはとても大切な貿易相手だ!

ただし、両者の間ではすでにワクチン確保をめぐって対立が起こるなど、信頼関係が大きく低下していることは間違いありません。

FTAでは貿易以外にも、エネルギー問題や犯罪捜査、交通などさまざまな分野での協力課題もあげられているため、これらをうまく処理していけるかどうかが、今後のポンド円の相場にも大きく関係してきそうです。

おばあさん
おばあさん
できるだけケンカはせずやり過ごすのが年寄りの知恵よ…

EUとの関係が良好になるほど英ポンド円も上昇する!

新型コロナの感染状況

新型コロナの感染状況がポイント

イギリスは、欧州のなかでももっとも新型コロナの被害を大きく受けた国です。

累計死者数は2020年4月の時点で1万人を超え、秋以降の再拡大で11月には5万人、さらに翌年1月には10万人に達し、その数は世界で5番目の多さとなっています。

その影響で、2020年のGDPは-9.9%と第2次世界大戦以降で最大、過去300年にさかのぼってももっとも大きな落ち込みとなってしまいました。

おばあさん
おばあさん
さ、300年…!?まさに歴史的事件ね…

この状況を打開しようと、イギリスでは世界に先がけて2020年12月8日からワクチン接種を開始、2021年2月半ばでその数は1,500万人を超え、世界で3番目に高い接種率となりました。

しかしその後は接種率も落ちて、現在は71.7%と主要国では低い接種率となっています。

今のところ、まだ1日あたりの感染者数が約10万人以上と大幅な減少は見られませんが、その効果がはっきりと目に見えてくるようになれば、経済回復にも大いに期待を持てるようになるでしょう。

お母さん
お母さん
ワクチンの効果がどれぐらい出るかがポイントね!

ワクチンの接種率と感染者数の減少に注目!

イングランド銀行の金利政策

イギリスでは、2020年3月に異例となる月に2度の利下げを行い、過去最低となる0.10%の政策金利を据え置いていました。

新型コロナによる影響で、さらに経済の回復が遅れれば、日本と同じようにマイナス金利を導入する可能性も指摘されていたのです。

お母さん
お母さん
スワップポイントもまったく期待できなくなっていたのね…

しかし、2021年12月に英中銀では利上げの発表が行われて、今後の政策金利にも注目が集まっています。

2022年に入っても追加での利上げが実行されており、今後も金利の上昇が見込めます。

いずれにしても、ポンド円の方向性には影響してくるので、イングランド銀行の言動には十分に注意しておく必要があるでしょう。

お父さん
お父さん
経済指標のなかでは物価統計が利上げに影響しやすいぞ!

今後も利上げになればポンド高になる可能性がある!

スコットランドの独立運動

スコットランド独立がポイント

イギリスでは、19世紀から長きにわたってスコットランド独立運動が国内問題となっています。

2014年には、その是非を問う住民投票が行われましたが、そのときには反対多数(55%)でかろうじて否決されました。

しかし、EU離脱をめぐってはスコットランドは残留の意志を示しており、世論調査でもふたたび独立に賛成する声が多数を占めるようになっています。

おばあさん
おばあさん
もし独立しちゃったら…つまり国が分かれてしまうの…!?
お金マン
お金マン
そうなったらイギリス経済にも大打撃だね

スコットランドのスタージョン行政府首相はふたたび住民投票を行う考えを表明しており、対立が激化すれば、同じようにEU残留派の北アイルランドや、さらにウェールズでも独立の機運が高まってくる可能性も出てきます。

お父さん
お父さん
独立運動がはげしくなれば国内の混乱は必至だ!

スコットランドの独立運動がどこまで現実味をおびてくるかに注目!

【2022年】ポンド円の今後の見通し

ここまで、ポンド円の推移や注目すべきポイントについて紹介してきました。

ここからは、それをふまえて実際に2022年の価格がどのように動くのか、その見通しを解説していきたいと思います。

お父さん
お父さん
自分の予測とも照らし合わせてみよう!

見通し①:新型コロナ対策の事実的終了

いち早く新型コロナのワクチン接種を開始したイギリスでは、すでに2022年5月までにほとんどの国民が接種を済ませています。

お母さん
お母さん
イギリスは感染者がとても多いイメージだったわね
お父さん
お父さん
そんなイギリスでは、もうコロナの対策を実質終わらせている流れになっているんだ

イギリスでは、2022年2月にそれまでのコロナ対策案を撤廃しており、マスクなしでの生活や経済活動の再開が行われています。

現在でも1日2万人ほどと多くの感染者を出していますが、今後はコロナを風邪の分類として定めて、衰退した経済を好転させていく狙いです。

お金マン
お金マン
感染状況次第では、イギリスが世界の経済回復をリードしていくパターンもありえるね!

見通し②:EU離脱による貿易貿易結合度の低下

EU離脱については、貿易関係での経済への影響が懸念されています。

イギリスの各企業は、EU離脱後に懸念されていた輸出入の落ち込みを回避するため、様々な対策を行ってきました。

通関手続きが復活したことで物流が停滞し、一部の小売店では食品などが品薄になるといった事態も発生しました。

お父さん
お父さん
ブレグジット後の2ヶ月間は大幅なダメージを受けたと言われているな

イギリスの主要輸出市場は、向こう15年で15%も落ち込むとされており、今後の早急な対策が期待されている状況です。

EU諸国では貿易収支の増加が見込まれていますが、イギリスのみ低い成長率が示唆されており、景気衰退が懸念されています。

お母さん
お母さん
EUとの関係だけに気をつけておけばいいというわけではなさそうね

見通し③:ジョンソン政権への不信感

現在のイギリスでは、ボリス・ジョンソン首相に対する退陣要求の声が強まってきています。

ジョンソン氏は、2020年に国の定める新型コロナ対策に違反をしていたことが発覚し、国民からの反発を招いているのです。

イギリス国民だけではなく、与党内からも反発の声が広がっています。

おばあさん
おばあさん
あわわ…政治的な不安があるのね…

2022年2月には従来の対策を撤廃している事や、ウクライナとロシア情勢の悪化もあり、国民の関心が逸れている状態です。

お母さん
お母さん
皮肉な話だけど、ジョンソン首相にとっては好材料となったのかしら

ただし、政治的な不安や懸念は、今後のポンド相場に大きな影響を与えると考えていいでしょう。

見通し④:ウクライナとロシア情勢による影響

2022年2月には、ロシアがウクライナのNATO加盟を巡って軍事侵攻するなど大きな話題を生んでいます。

この出来事は、国際社会をけん引するイギリスにとっても他人事ではありません。

イギリスは国をあげて、ロシアへの経済制裁を強めています。

お父さん
お父さん
イギリスの大手石油会社シェルはロシアからの撤退が決定したな!

ロシアだけに厳しい政策のように聞こえるかもしれませんが、貿易が従来どおりに進まなくなることは、イギリスの経済にも少なからず影響を与える問題です。

IMF(国際通貨基金)は、G7の中でウクライナ進攻に伴った経済悪化はイギリスが最も大きいと発表しています。

お父さん
お父さん
ポンド円投資をするなら、スプレッドが小さいLIGHTFXがおすすめだ

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

2022年のポンド円の価格予想

ここからは、さらなる見通しの補強として、2022年の大手証券会社などの価格予想を紹介していきます。

プロの視点を参考にしつつ、最終的な判断をしてみましょう。

お母さん
お母さん
予想も状況に応じていくから継続的なチェックが必要よ♪

野村証券の価格予想と結果

野村証券では、2022年末のポンド円の予想168円としています。

おばあさん
おばあさん
今が163円だから上昇の見通しね!

英中銀による金融政策引き締めが重要となるとされており、懸念事項としてはジョンソン政権の政治的不安があるとしています。

インフレの警戒感から利上げの実施を行なわれ、長期的にはポンド高が見込めるとの予想です。

お金マン
お金マン
懸念も多いが期待値の方が高いわけだな

三菱UFJグループの価格予想

三菱UFJグループは、2022年末のポンド円を154円~167円と予想しています。

おばあさん
おばあさん
こっちも少し価格上昇するとの見込みね。

GDP成長率は前年比で+5%と予想しており、経済再開による期待感はあるとしています。

しかし、ウクライナ情勢の悪化がイギリスに与える影響はとても大きく、ポンドにとって重石になると指摘しています。

お父さん
お父さん
プラス面だけでなくマイナス要素もしっかり見ておこう

ポンド円の買い時

現在、ポンド円は2020年9月からの長期的な上昇トレンドとなっています。

2021年1月27日には早くも昨年の最高値142.71円を更新し、その後も右肩上がりの上昇で、現在は160円台に到達しています

このまま上値抵抗線を突き破るのか、あるいは反落していくのかが現在のポイントといえるでしょう。

おばあさん
おばあさん
うーん…どっちに進むのかしら…?

今後、たとえば新型コロナの感染者数が大幅に減少するなどの好材料が出てくれば、さらなる上昇トレンドに進んでいく可能性が十分にありえます。

また、現在は円安の水準が継続している事もあり、このまま円安が継続してくればGBPJPY相場のさらなる上昇が見込めます。

そのタイミングをねらうという意味では、今は絶好の買い時という見方のもでいるかもしれません。

お母さん
お母さん
まさにここが勝負どころ…といった感じね!

ポンド円を購入するならLIGHTFX

ここまでの説明で、ポンド円を購入してみようと興味を持った人も多いのではないでしょうか。

そこでぜひおすすめしたいサービスが「LIGHTFX」です。

お母さん
お母さん
有名なトレイダーズ証券の提供するサービスよね♪

LIGHTFXは業界最狭水準のスプレッドで、英ポンドなら原則固定0.9銭で取引することができます。

さらに、取引に応じて最大53000円がもらえるキャッシュバック中ですので、実質的なコストを大幅に軽減することができるでしょう。

おばあさん
おばあさん
まあボーナスまで…なんて太っ腹なの…!

また、ニュースの通知機能やレポートなどの情報コンテンツが豊富に用意されていて、初心者でもとてもスムーズにはじめることができます

今なら、新規口座開設+取引で最大53,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを開催しているので、ぜひこちらからはじめてみてください!

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

LIGHT FX(ライトFX)の評判・口コミがヤバイ!?驚きの特徴・メリットとは?今回は最近話題となっているLIGHT FXの評判についてまとめていきたいと思います。 2018年の10月に始まったトレイダース証券...

ポンド円の見通しまとめ

ここまで、「ポンド円の見通し」についてまとめてきました

現在、ポンド円は半年間近くつづく長期的な上昇トレンドとなっています。

2020年は新型コロナの影響で大きく経済が落ち込んでしまいましたが、年末にはブレグジットも無事完了、いち早くワクチン接種が進むなど、2022年に入って好材料もそろってきています

今後は、さらなる上昇に進む可能性も高いので、ぜひ状況を見て購入してみてはいかがでしょうか

LIGHTFXなら初心者の方でも簡単に始められるので、是非この機会に口座開設してみてください。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

FXの始め方
FXのやり方・始め方を初心者にも簡単に分かりやすく解説!最近、学生や主婦、サラリーマンの間でFXをしている方が急増しています。 ただ、初心者の方だと、どうやってFXを始めたら良いのか、必...

免責事項

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。