FX会社

韓国ウォンを取り扱っているFX会社は?スプレッド・通貨の特徴を紹介!

韓国ウォンは隣の国の韓国が使っている通貨なので一度は聞いたことがあると思います。

しかし、韓国ウォンでFX取引ができることを知っている方は意外と少ないのではないと思います。

そこで今回は、韓国ウォンFXについて詳しく説明していきます。

この記事を読むとわかること
  • 韓国ウォンFXができるFX会社
  • 韓国ウォンFXのおすすめのFX会社
  • 韓国ウォンFXの特徴
  • 韓国ウォンFXのメリット・デメリット

結論からいうと、韓国ウォンを取引できるおすすめFX会社はネオモバFXです。

スプレッドが狭く、約定力も高いので、お得に取引することができます。

また、他にも様々なマイナーな通貨ペアを取り扱っている点も魅力。

 

今なら口座開設&取引で150000円もらえるキャンペーン中。

まだ口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

\驚異のスプレッド0銭!/

韓国ウォンFXを取引できるFX会社一覧

韓国ウォンFXを取引できるFX会社一覧

韓国ウォンでFXができる会社は非常に少ないです。韓国ウォンでFXができる代表的な会社は、

韓国ウォンを取引できるFX会社
  • ネオモバFX
  • IG証券
  • SBI FXトレード

になります。

他の会社ではこの通貨をトレードすることが基本的にできないので注意してください。

韓国ウォンのFXスプレッド比較

韓国ウォンのFXスプレッド比較IG証券とSBI FXトレードの韓国ウォンのスプレッドは以下のようになっています。

FX会社スプレッド
ネオモバFX5.9銭
IG証券200銭
SBI FXトレード330銭

スプレッドを比較するとネオモバFXの方がおすすめです。

操作性や使いやすさを比較しても、編集部としてはこちらの方が最適だと考えています。

スプレッドは明らかに他のFX会社よりも狭いです。

また、ネオモバFXの方が取引画面が使いやすく、情報力も高いので有利に取引することができます。

韓国ウォンを取引したい方はネオモバFXを使っていきましょう。

\ノックアウトオプションを使うなら!/

▼他の通貨ペアのスプレッドについては以下の記事をご参考ください。

【14社比較】FX会社のスプレッドランキング!手数料が最安のおすすめ業者は?FXをするときにスプレッドが狭い会社がお得と聞いたことがあると思います。 確かにスプレッドが狭いと取引コストが抑えられますが、それ...

韓国ウォンを取引する際のおすすめFX会社

この章では、韓国ウォンを取引する際のおすすめのFX会社について説明します。

これから韓国ウォンを使ってFXをしていきたい方は参考にしてみてください。

ネオモバFX

ネオモバFX

ネオモバFXは100通貨から取引ができる韓国ウォンにおすすめの会社です。

スプレッドは他社と比較して圧倒的に狭く、コストを大幅に抑えて取引をすることができます。

このFXサービスは株式取引で有名なSBIグループが運営しているので、システムや取引ツールも万全です。

これから韓国ウォンに投資をしたいという方は、ネオモバFXを使って取引をしていきましょう。

\驚異のスプレッド0銭!/

IG証券

IG証券IG証券は、FX以外にもバイナリーオプションやノックアウトオプションなどを提供している証券会社です。

取扱い通貨ペアも非常に多く、韓国ウォン以外にの様々なマイナー通貨の取り扱いがあります。

IG証券は、トレードシステムも非常に使いやすいですしスプレッドも狭いので、韓国ウォン投資でおすすめのFX会社といえるでしょう。

\ノックアウトオプションを使うなら!/

▼IG証券の評判については以下の記事をご参考ください。

IG証券の口コミ・評判
IG証券の評判・口コミがヤバい!メリット・デメリットを辛口解説IG証券と言えばノックアウトオプションと思う方は多くいるかもしれません。 そんなIG証券の特徴や強みを同じくノックアウトオプション...

SBIFXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは1通貨単位から取引をすることができるFX会社です。

特にFX初心者の方にとって少額からトレードできるメリットは大きいですよね。

有名な会社で韓国ウォンの取引をしたい方にはおすすめといえます。

▼SBIFXトレードの評判については以下の記事をご参考ください。

【4円から取引可能】SBIFXトレードの評判・口コミを紹介|メリット5つとデメリット3つ今回はSBIFXトレードについての評判・口コミについてまとめていきます。 FXを始めようと思っていると、FX会社が多すぎてどのFX...

韓国ウォンの特徴を解説

韓国ウォンは、平時であれば1週間で15銭から20銭程度値動きする通貨であるといわれています。(2020年6月3日時点の韓国ウォン円のレート:8.89円)

韓国ウォンは米ドルやユーロなどと比べると圧倒的に情報量が少ない通貨です。

ネオモバFXなどの限られた証券会社でしか情報が配信されていないので、取引する際はIG証券を使っての情報収集が必須と言えるでしょう。

韓国ウォンの情報
  • コロナ不況によって経済の先行きは不透明
  • 政策金利は0.25%
  • 為替の値動きは下落基調

米中対立や半導体需要の減速を受けて、輸出や民間投資の基調は弱含みです。

2019年第4四半期については、景気テコ入れに向けた政府投資の拡大により、成長率は小幡幅に上昇したものの、

2019年通年の成長率は前年比2.0%と約10年ぶりの低水準となりました。

2月中旬以降に国内においても新型コロナウイルスの感染が拡大し輪輸出の減少や訪韓観光客数の減少に加えて、

国内の消費·投資の停滞に伴い、20年の成長率は19年を大きく下回る見通しです。

現に、韓国銀行は2020年の経済成長率見通しを物価変動の影響を除いた実質でマイナス0.2%に引き下げると発表しました。

実際に成長率がマイナスになれば1998年のアジア通貨危機以来22年ぶりのことです。

3月以降、金融面では、50bpsの緊急利下げを実施したほか、流動性供給拡大に向けた量的緩和政策を導入しています。

 

財政面でも、中小零細企業向け減税など、大規模な財政出動を実施。実体経済・マーケットの安定化を目指すも、 先行きは不透明といった状況になっています。

5月28日には更に金利を0.25%下げており現在の韓国の政策金利は0.25%になっています。

この章では、韓国ウォンで勝つために韓国ウォンの特徴について詳しく説明しますのでぜひ参考にしてくださいね。

具体的な値動きについて

具体的な値動きについて韓国ウォン円のチャートは上記の通りです。

最近は上昇してきましたがコロナウィルスの影響をモロに受けていることがわかります。

韓国ウォンの値動きですが、年初から対米ドル・円ともにウォン安の傾向です。

特に対ドルでは韓国ウォンの弱さが際立っており、4月下旬からの1か月については、韓国ウォンは対米ドルで約1%も下落しました。

その間、韓国はアメリカに頼みこんで通貨スワップを再開してもらっています。

この通貨スワップがなければ更にウォン安は進んでいたとみるアナリストは非常に多いです。

しかし、通貨スワップを復活したことがむなしくなりそうな状態になってしまっています

なぜなら他のアジア通貨は対ドルである程度戻してきましたが韓国ウォンの弱さが際立っている状況だからです。

短期的にみると韓国経済が持ち直す材料はいくつか出てきていますが、為替相場には反映されていない状況ともいえます。

韓国ウォンが持ち直すと予想する理由は、日本と違い韓国はIT先進国であり新型コロナの封じ込めも比較的うまくいっていることです。

お金マン
お金マン
アジアで数少ない成功例と言えるね!

 

韓国の代表的な企業であるサムスン電子やLG電子の株価はテレワークの浸透など世界的な IT技術の重要性を高まりから株価は持ち直しつつあります。

特にサムスン電子の時価総額は韓国株式市場の約3割を占めるためサムスンの株価の持ち直しは韓国経済にとって大きなプラスになるはずですがそうはなっていないのです。

なぜこのような明るいニュースがあっても為替には反映されないのでしょうか。

ウォンが韓国国内の状況だけでは反応しないのは外的要因が大きいといわれているからです。

韓国ウォンに影響を与える外的要因

韓国ウォンに影響を与える外的要因韓国ウォンに与える外的要因で大きいものは2つあります。

主な外的要因
  • 米中貿易問題
  • 中国の動向

それぞれについて詳しく説明しますね。

米中貿易問題

韓国は、中国・アメリカとの関係が非常に深い国です。

両国との貿易額も大きいですし、安全保障の問題からも密接なつながりがあります。

中国とは陸でつながっていますし北朝鮮の問題を考えると軍事的にアメリカと協働することは必須です。

中国・アメリカという韓国にとって最重要国が喧嘩をしてしまうと大きな影響を受けることは当然ですね。

米中貿易摩擦は2018年に勃発し、新型コロナの問題で一時休戦にはなっていますが、ここ最近、アメリカのトランプ大統領が新型コロナは中国が作り出したものだと挑発をしています。

アメリカは今年、大統領選があるためトランプ大統領は支持率を上げるため中国への攻撃をやめないと思います。

しばらくは米中関係の悪化が想定されるので韓国にとっては悪材料です。

中国との関係が密接な国というとオーストラリアを思い浮かべる国も多いと思います。

しかし韓国にとっての中国もものすごく大きな存在なのです。

例えば中国 (香港を含む) 宛の輸出は、全体の34%強を占めますし、国内総生産(GDP) も10.5%が中国向けであることを考えると非常に依存度が高いということができますね。

中国の動向

現在の中国の動向ですが自国経済の復活とアメリカの対応で正直韓国にまで手が回っていないというところが正直なところでしょう。

もちろん中国自身が回復してくれれば韓国経済にとってもメリットは大きいです。

中国は1月から3月のGDPが統計の発表を始めた1992年から初のマイナス成長になってしまいました。

経済成長を誇示することで世界に影響力を持っていましたので何が何でも経済をV字回復をさせたいと思っているはずです。

過去にないくらいの規模での経済対策を行えば韓国経済にとっても良い影響が出てくると思います。

\驚異のスプレッド0銭!/

2020年のFX韓国ウォンの為替動向予想

2020年のFX韓国ウォンの為替動向予想2020年の韓国ウォンの相場動向はネガティブと予想せざるを得ません。

コロナウィルスが全世界に与える影響は深刻ですし、先ほど説明したとおり米中の対立は韓国経済にとっても大きなダメージがあります。

また韓国を代表するサムスン電気の株価が戻ってきても韓国ウォンの上昇はしていないことを考えると今後も厳しい展開が予想されるでしょう。

しかし、先ほども述べましたが中国経済が V 字回復をすると韓国ウォン高につながる可能性はあるかもしれませんね。

韓国ウォンFXのメリット

韓国ウォンFXの主なメリットは2つです。

韓国ウォンFXの主なメリット
  • アジア通貨だから情報を多く集めやすい
  • スワップポイントの利益も見込める

それぞれのメリットについて詳しく説明しますね。

アジアの通貨だから情報を多く集めやすい

アジアの通貨だから情報を多く集めやすい

韓国は日本と最も近い国です。

両国の歴史も古いですし、韓国に進出している日本企業はたくさんあります。

当然ですが経済·金融の情報も入ってきやすいです。

韓国ウォンは決してドルやユーロなどのような基軸通貨ではありませんが、本人にとっては情報は比較的入ってきやすい通貨であるといえるでしょう。

スワップポイントによる利益も見込める

スワップポイントによる利益も見込める

韓国ウォンは現在の情勢を見ると比較的金利の高い通貨であるといえます。

政策金利は0.25%ほどですが他国の金利はさらに低いことを考えると、スワップポイント狙いで取引をすることはありではないでしょうか。

特に日本は-0.1の政策金利となっているため、日本円を売って、韓国ウォンを保有するだけである程度のスワップ収入を見込めます。

お金マン
お金マン
金利差を狙ったトレードをするということだね!

\ノックアウトオプションを使うなら!/

韓国ウォンをFXで取引する際のデメリット

メリットもある韓国ウォンでの FX取引ですが注意すべき点もあります。

韓国ウォンで取引することのデメリットは主に2点あります。

韓国ウォンで取引するデメリット
  • 過去に通貨危機を経験している
  • 為替の流動性が低い

それぞれのデメリットについて詳しく説明していきますね。

過去に通貨危機を経験している

過去に通貨危機を経験している韓国は過去に通貨危機を2度経験しています。

みなさんご存じだと思いますが、1997年のアジア通貨危機と2008年のリーマンショック直後に起きた通貨危機です。

どちらも深刻な影響を与えましたが特に深刻だったのが1997年のアジア通貨危機でた。

アジア通貨危機とは、1997年7月から起きたタイを震源地とするアジア各国の通貨の大暴落と経済危機のことをいいます。

今からもう20年前以上の出来事で、アジア通貨危機の発端は、タイの通貨であるバーツが大量に売り込まれたことです。

当時、タイはドルペッグ制を採用しており、タイ政府はドルペッグ制を維持するためには、大量のバーツ買いを実施しましたがタイ政府の資金が枯渇し変動相場制へ移行しました。

変動相場制に移行してバーツは対ドルで急落したのです。

タイだけの問題であったらまだよかったのですが、ドルペッグ制は当時の韓国も採用していました。

タイが変動相場制に移ったことで韓国ウォンも暴落したのです。

結果としてタイや韓国は自国だけでは、経済を維持することが難しくなり国際通貨基金(IMF)の支援を受ける事態になりました。

IMFは支援の条件に厳しい要求をしました。

IMFの条件をクリアするようにした結果、当時インドネシアや韓国・タイは5%以上のGDP成長率を達成していましたがにマイナス成長に陥る事態になってしまったのです。

為替の流動性が低い

為替の流動性が低い韓国ウォンで取引するもう一つの注意点は為替の流動性が主要通貨に比べると圧倒的に低いことです。

そもそもの為替の流動性が低いため少し買いや売りが入っただけで大きく為替が変動する恐れがあります。

そのため韓国ウォンで取引をする際は急な為替変動に備えて余裕を持った資金管理で取引することをおすすめします。

韓国ウォンをFXで取引するときの注意点

韓国ウォンをFXで取引するときの注意点韓国ウォンでFX取引をする際は、スプレッドの広さや為替が急激に変動する可能性があることに注意しましょう。

主要通貨である米ドルやユーロに比べると、値動きも随分違うのでしっかり情報を収集して取引をすることがおすすめです。

初心者がいきなり韓国ウォンに手を出すのはやめた方がいいと言えます。

まずは主要通貨で為替の感覚を掴み、上達させてから韓国ウォンを狙ったトレードをしていきましょう。

【まとめ】韓国ウォンFXを始めてみよう

【まとめ】韓国ウォンFXを始めてみよう

今回は、韓国ウォンFXについて説明しました。

韓国ウォンは主要通貨である米ドルやユーロなどと比べると取引できるFX会社は少ないです。

しかし今回紹介したIG証券やSBI FXトレードを利用すれば韓国ウォンでFXをすることができます。

韓国ウォンに興味がある方は、これらのFX会社の口座開設を開設してトレードを行っていきましょう。

\驚異のスプレッド0銭!/