FX会社

FXはスキャルピング禁止なの?禁止/公認FX会社をそれぞれ紹介!

今回は、スキャルピングについて詳しく解説していきます。

これからFXを始めてみようと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

この記事の要点
  • 一部の国内FXではスキャルピングが禁止されている
  • スキャルピングが禁止されている理由は、ざっくりいうと2つのリスクがあるから
  • スキャルピングをしたいなら、JFXが一番おすすめ
  • スキャルピング禁止のFXサービスでスキャルピングをすると、口座が凍結されてしまったりする

スキャルピングとは短時間の間に何度もトレードすることで利益を出す投資方法のことで、上級者向けの投資方法になります。

スキャルピングで利益を出すためにはいくつかの条件をクリアすることが必須であり、当サイトではスキャルピングをするならJFXをおすすめしています。

また、一部のFXサービスではスキャルピングをおすすめできないどころか、禁止しているところもありますので、

スキャルピングをしようと思ったらしっかり事前に確認しておきましょう。

\口座開設&取引で最大101000円!/

FXではスキャルピングが禁止されているの?

結論から言うと、FXでは一部スキャルピングが禁止されています。

もっと具体的に言うと、国内FXでは一部の会社でスキャルピングが禁止されています。

海外FXだと、スキャルピングが禁止されているということは殆どありません。

今回は、国内FXについて深堀りしていきます。

FXでスキャルピングが禁止されている理由

FXでスキャルピングが禁止されているのはどのような理由があるのでしょうか。

簡単に言うと、FXでスキャルピングが禁止されている理由は、顧客がスキャルピングをされることによってFX会社のサービスが低下したり、金銭的な負担が増えたりしてしまうなどのデメリットが生じることがあるからです。

以下では、国内FXに焦点を当てていきます。

それでは、具体的な2つの理由を考察していきましょう。

短期間の取引を増やすとサーバーに不可がかかるから

スキャルピングを禁止する理由の一つは、スキャルピングを行うと、サーバーに負担がかかるというものがあります。

スキャルピングとは、短時間で多くの取引をするものなので、サーバーへの負担が大きくなります。

1つ1つの取引の負荷は小さくても、取引が何回も続くと大きな負荷となり、他のユーザーに影響が出てしまいます。

具体的には、サーバーの負担が増えることで、約定力が下がり、他のユーザーに被害を与えてしまいます。

約定力が低い場では、約定したい時に約定できず、思わぬ損失を生むかも知れません。

そうなったら、ユーザーはもうそのFXサービスを使いたくなくなりますよね。

FX会社としてはストレスのない取引を提供するのも重要なサービスの一環としてやっていますので、サービスの質を保つためにも、スキャルピングは避けたい投資方法であることは間違いありません。

カバー取引が成り立たなくなってしまうから

スキャルピングを禁止する主な理由の一つとして、カバー取引が成り立たなくなってしまうからというものがあります。

FX会社では、個人から注文が入った際、瞬時にインターバンク市場へ同様の注文を出しています。

個人から買い注文が入れば、FX業者は市場から買い、個人に売るという取引をしているというわけです。

これをカバー取引といい、FX業者が仲介となって個人と市場との取引を処理しています。

スキャルピングは取引の間隔が非常に狭く、決済までの時間間隔も狭いので、

仲介であるFX業者が処理しきれなくなってしまう可能性があります。

もしFX業者が取引を処理しきれなかった場合、FX業者は全ての損益を負担しなければなりません。

例えば買い注文を出した個人が100万円の利益を生み出した場合、FX業者はその100万円を補填しなければいけないのです。

故に、スキャルピングはカバー取引を不成立にし、大損失を生み出す可能性があるため、

スキャルピングを禁止にすることは理に適っていると言えます。

ただ、JFXなどの特定のFX会社ではスキャルピングが公認されています。

スキャルをする際は、スキャルピングに特化したスペックを持つJFXで取引するようにしましょう。

\口座開設&取引で最大101000円!/

スキャルピング公認の会社を選ぶポイント

これまでなぜスキャルピングが禁止されるのかという理由について話してきましたが、このようなリスクの高いスキャルピングも公認している国内FX会社はあります。

もちろん、公認だからと言ってスキャルピングがおすすめというわけではありません。

スキャルピングが公認なのは第一で、そこからいくつかの条件をクリアしていて初めておすすめのスキャルピング用のFXということができます

それでは、スキャルピング公認の会社の中でおすすめな会社を選ぶ具体的なポイントを見ていきましょう。

スプレッドが狭く提供されているか

スキャルピングを行う上で、スプレッドの広さというのは一番気にしなければいけない点です。

いくらスキャルピングが公認されているといっても、スプレッドが広いと利益を出すことはできません。

スキャルピングは短時間に何回も取引を行うことで利益を出す投資方法なので、スプレッドの広さをモロに受けてしまいます

スキャルピングで利益を出したいと思うのであれば、絶対にスプレッドが狭いFXサービスを使うようにしましょう。

取引ツールが使いやすいか

スキャルピングで利益を出したいのであれば、取引ツールが使いやすいかどうかという点も考慮すべきでしょう。

スキャルピングを行う場合、普通の取引を行う場合よりも大量の取引を行うことになります。

つまり、普通にFXをするよりも、より1取引の質が大切になってきます。

したがって、スキャルピングで利益を出したいのなら、取引ツールが使いやすく、スムーズに約定できるようなFX会社を選ぶことが大切になってくるでしょう。

JFXはスプレッド・取引ツール共に高スペックで、スキャルピングに向いています。

スキャルピングをする方に非常に人気のFX会社で、スキャルに特化した機能となっています。

\口座開設&取引で最大101000円!/

新規のキャンペーンが豊富に行われているか

これはスキャルピング取引に限った話ではありませんが、どうせ始めるなら、新規のキャンペーンが豊富にあった方がお得にスキャルピングをすることができます

新しく口座開設するにせよ、今持っている口座でスキャルピングを行うにせよ、現時点でどのようなキャンペーンがあるか確認してみると良いでしょう。

同じような条件のFX会社なら、キャンペーンの差で口座開設するかどうかを決めましょう。

スキャルピングができるおすすめFX会社

JFX

冒頭でもお伝えしましたが、スキャルピングができるおすすめのFX会社は、JFX。

JFX自体が強くスキャルピングを推進しており、もちろん先ほど話した選ぶべきポイントも全て抑えています。

具体的には、以下のような強みがあります。

JFXの強み
  • 米ドル/円が0.3円で原則固定
  • MT4など人気で便利な取引ツールが使用できる
  • 新規口座開設+取引で最大101,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中

また、JFXは約定力に強い自信を持っており、

    • 約定スピード0.001円
  • 約定率99.9%

と謳っています。

現時点でスキャルピングをするには最も適したFX会社になりますので、スキャルピングに興味がある方は今のうちに口座開設までしておきましょう。

\口座開設&取引で最大101000円!/

▼スキャルピングのおすすめFX会社については以下の記事をご参考ください

【2020年】スキャルピング公認のおすすめFX口座5選を紹介!12i今回はスキャルピングにおすすめなFX会社を紹介します。 スキャルピングは数秒ごとに取引を繰り返すトレード方法ですので、なるべ...

スキャルピングが禁止されているFX会社

逆にスキャルピングが禁止されているのはどのようなFX会社なのでしょうか。

スキャルピングは色々リスクのあるトレード方法であるため、禁止にしているFX会社も多く存在します。

スキャルピングが目的の場合、これから紹介するFX会社を選ぶのは避けるようにしましょう。

DMMFX

DMM

DMMFXでは、スキャルピングが禁止されています。

DMMFXはスプレッドが狭く、約定力も高いので、スキャルピングに向いているのですが、スキャルピングを過度に行うと口座凍結されてしまったというケースが多々あります。

ですが、実際にスキャルピングをしていて口座凍結されても、「スキャルピングを行ったため口座を凍結しました」と明示されることはないようです。

なお、DMMFXの規則に、以下のようなものがあります。

第7条(禁止事項)

(3)過度な投機的取引を行う行為

(5)取引の如何に関わらず本取引システム又は本取引システムの運用に対して過大な負荷を強いる行為

(9)短時間での注文を繰り返し行う行為

DMMFXではこのような禁止事項を設定しているため、スキャルピングを行うと口座が凍結されてしまっても文句は言えません。

「何秒間の間に何回取引をすると口座が凍結されてしまうのか」という点に関しては、具体的な発表がないため、詳細はわかりません。

スキャルピングを行うと禁止事項に当てはまる可能性があり、かつスキャルピングを行って口座が凍結されたケースが報告されているため、

DMMFXでスキャルピングを行うのはやめましょう。

SBIFXトレード

SBIFXトレード

SBIFXトレードもスキャルピングを禁止している代表的なFX会社の1社です。

なぜスキャルピングが禁止されているのかの理由説明は前述の通りなので割愛しますが、SBIFXトレードでは、外国為替証拠金取引の契約締結前交付書面に

短時間に、頻繁に行われる注文及び取引であって、他のお客様又は当社のシステムもしくはカバー取引などに著しい悪影響を及ぼすと認められる注文

が禁止されています。

要するに、これはスキャルピングが禁止されていると同義なので、スキャルピングのような短期の複数取引を行うことはやめておくのが無難でしょう。

スキャルピングが禁止されている会社で短期トレードをした事例

それでは、スキャルピングが禁止されている会社で短期トレードをした場合どうなってしまうのでしょうか。

前述のDMMFXのケースで考えてみましょう。

DMMFXでスキャルピングを行うと、口座が凍結してしまいます。

「スキャルピングをしたから」というように直接的には言われないものの、「禁止事項に該当していると判断して」というようなニュアンスで口座を凍結したと通知されます。

ただ、電話をして直接確認してみると、「スキャルピングのため口座を凍結しました」と直接的に言われることもあるようです。

口座が凍結してしまうと、凍結を解除することはほぼ不可能ですので、スキャルピングが禁止されているFX会社では絶対にスキャルピングはしないようにしましょう。

スキャルピング禁止の基準は?

基本的にスキャルピング禁止の基準は公表されていません。

何秒間の間に何回取引をしたら口座凍結されるのかというのは誰にもわからないのです。

「重要指標ではない通常時に数秒の取引を数回繰り返しても口座凍結されなかった」という声もありますし、

「普段から30秒以上保有するスキャルピングを1日で10回ほど行っていたら口座凍結された」などあります。

あくまで確率論で、毎日繰り返したり、重要指標に重ねたりすると口座凍結される可能性が高まるようです

しかし、繰り返しますがスキャルピング禁止の基準は公表されていないことが殆どですので、一回ちょっとやってみただけでも凍結されてしまうかもしれません。

【まとめ】スキャルピング公認の会社でFXトレードを行おう

ここまで、スキャルピングが禁止されていることについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

結論としては、スキャルピングは相応の理由で禁止されていることが多く、スキャルピングを行うならスキャルピング公認の会社(おすすめはJFX)でトレードを行おうというものです。

なお、他の条件が良いからと言って、スキャルピングが禁止されているFX会社でスキャルピングを行うことは絶対にやめましょう。

口座が凍結され、結局損をしてしまうことでしょう。

スキャルピングをして利益を出したいと思ったら、JFXの口座開設を今のうちに行っておきましょう。

\口座開設&取引で最大101000円!/