スワップポイント

【要注意】マイナスのスワップポイントについてわかりやすく解説!

この記事ではスワップポイントとは何か。そして、スワップポイントはマイナスにもなり得るということを説明していきます!

スワップポイントFXトレードする際には絶対知っておかないといけない知識なので、きちんと理解してからトレードをしましょう。

もしスワップポイントについてよく理解していないと、思わぬ損をしてしまうかもしれません。

そうならないように、是非この記事をFX前に読んでみてください。

要点
  • 金利差を利用して儲けることができる
  • マイナスのスワップポイントには要注意!?
  • おすすめの取引口座はDMMFX

まだFXの口座を解説しないという方は、マイナスのスワップポイントを限りなく抑えることができるDMMFXの口座開設をおすすめします。

DMMFXは70万口座開設を突破したFX会社で、FXをする大半の方が口座を持っているのではないでしょうか。

まだ口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

\口座開設&取引で最大10万円!/

スワップポイントとは

スワップポイント 解説

スワップポイントとは各国の通貨の金利の差を埋めるためのものです

例えば、現在日本の政策金利は0.1%になっていますが、アメリカの政策金利は2.5%となっており、円とドルの金利差が発生しているのがわかると思います。

この金利差をスワップポイントとしてトレーダーは獲得することができるのです。

では、具体的な数字で考えてみましょう。

対ドルのスワップポイント

1ドル=100円:1万通貨購入

金利差:2.4%

100円×10000通貨×0.024=24000円

スワップポイント :24000円

実際には、FX会社によってこのスワップポイントというのは多少変動してきますが、これに近い値になっています。

今回はドル円を比較してみましたが、高金利通貨であるトルコリラで比較するともっと大きなスワップポイントを得られることがわかります。

トルコリラは2019年1月時点で政策金利が19.75%でした。

トルコリラと日本との金利差はなんと、23.9%にまでにもなります。

これらをもとにトルコリラを保有した時にどれくらいのスワップポイントを得られるのか、検証していきます。

そ1トルコリラは現在約21円を超えるぐらいですが、ここで計算の便宜上20円としましょう。

トルコリラ円のスワップポイント

1トルコリラ=20円:1万通貨購入

金利差:23.9%

20円×1万通貨×23.9%=47800円

スワップポイント:47800円

トルコリラを保有すると、年間で約23.9%の金利の恩恵を受けることができます

現実には為替変動や金利の変動があるため、ここまで単純ではありませんが、スワップポイントの魅力は分かっていただけたと思います。

さらにスワップポイントのメリットを見ていきましょう。

メリット
  • 保有しているだけで利益が出る
  • 毎日ポイントが付与される

スワップポイントは外貨を保有しているだけで獲得することができます。頻繁に相場の変動に気を遣う必要なく、保有を忘れていても、確実にもらうことができます。

また、通常の預金では1年間毎に金利分を受け取ることができますが、FXでは毎日ポイントを受け取れます。

先程、スワップポイントの計算において年間約4万円受け取れると言いました。

これを365で割ると、1日あたり約120円となります。FXでは1年ごとに4万円ではなく、毎日120円受け取れるのです。

つまり、長期間保有する必要がなく、1か月後に外貨を売っても3600円ものスワップポイントが受け取れるのです。

日本円の金利はほとんど0に等しいので、日本円で保有しても金利で儲けることはよほどの資産家でないと不可能です。

一方、円以外のほとんどの外貨は円より金利が高いのです。

米ドルは2.5%程度ですが、最近注目されているトルコリラの金利は19.75%になっています。

高金利通貨を取引するならGMOクリック証券がおすすめ。

安定して高いスワップポイントを提供しており、さらに「プラチナチャートプラス」を使えば、高金利通貨に影響しやすい銀や原油のチャートを見ることができます。

口座開設は最短3分ですぐに終わるので、今のうちに済ませておきましょう。

\口座開設&取引で最大30000円!/

【効率的】スワップポイントで稼ぐ方法をわかりやすく解説! FXのスワップポイントというシステムはこれを実現できるかもしれません。 ということで、この記事ではその方法についてわかりや...

マイナスのスワップポイントとは

マイナスのスワップポイント これまでの話を聞いてスワップポイントは魅力的と思われた方も多いと思います。

しかし、スワップポイントは受け取れるばかりではなく、払わなければいけない時もあります。

円を売ってドルを購入する場合はスワップポイントを獲得することができましたが、逆の状況だとどうでしょうか。

ドルを売って円を購入する場合、2.4%もの金利差分を支払うことになります。

低金利の通貨を売り、高金利の通貨を購入した場合、スワップポイントはプラスになります。

対照的に、高金利の通貨を売り、低金利の通貨を購入する際にはスワップポイントはマイナスになるのです。

FXでは保有していない通貨も売却することができます。株でいう空売りのようなことができるのです。

例えば、保有していない米ドルを売却したとします。この時、必ず買い戻しを行わなければいけません。この取引は高金利通貨を売り、低金利通貨を買うことになるのでスワップポイントがマイナスになります。

このようにどんな取引でもスワップポイントは発生してしまいます。

トレードする際、このスワップポイントを頭に入れておかないと、思わぬ損をすることになります。

FX会社の仕様でスワップポイントがマイナスになることも

スワップポイントがマイナスになる可能性

以上の説明から通貨は売買する際、一方の取引でスワップポイントがもらえ、もう一方の取引でスワップポイントを払うことになるはずです。

しかし、現実的に売買どちらの取引においてもスワップポイントがマイナスになることがあります

低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買う場合でもマイナスになるのです。

これはどういうことでしょうか?

これはFX会社の利益確保とカバー先への支払いのためです。

カバー先・・・

FX会社は銀行や証券会社から為替のレートを受けとって、通貨の売買をしています。これらのレートを受け取る提携先のことを指します。

カバー先にレートをもらい、カバー先のレートとほぼ同様のレートを顧客に示します。実際にはFX会社が少し得をするようなレートになっています。

顧客がそのレートを基に、売買注文をFX会社に出し、FX会社がカバー先へまた注文を出します。

カバー先と連携してもらうためにFX会社はスワップポントをマイナスにして利益を出し、カバー先へ支払うのです。

マイナスのスワップポイントが少ないFX会社

おすすめのFX会社

FX会社によってスワップポイントは異なるので、取引するFX会社はきちんと調べることが大切です。

dmmfxのロゴ

マイナスのスワップポイントが少ないFX会社はDMMFX。

DMMFXは買いスワップポイントと売りスワップポイントが同じ金額で設定されています。

ドル円のスワップポイントは以下の通り。

買いスワップポイント 256円
売りスワップポイント -256円

また、DMMFXは他のFX会社と比べても、元々スワップが高めに設定されているため中長期のスワップ運用を考えているかたには魅力的だと思います。

さらに今なら口座開設&取引で20000円もらえるキャンペーン中!

メインの口座として使えますので、まだ口座開設していない方は今のうちにしておくことをおすすめします。

\口座開設&取引で最大10万円!/

スワップポイント
【最新】スワップポイント14社比較!各通貨ペアのおすすめFX業者は?今回は、各FX会社におけるスワップポイントの違いについて見ていきたいと思います。 実は、スワップポイントというのは、通貨ごとに決ま...

マイナスのスワップポイントの注意点

それではマイナスのスワップポイントの防ぎ方とマイナスになってしまった場合の確定申告について説明していきます。

スワップポイントマイナスの防ぎ方

スワップポイントマイナスの防ぎ方

まず、マイナススワップを防ぐには大きく3つの方法があります。

1つ目は買いスワップと売りスワップの値が同じくらいに設定されているFX会社で売買を行うことです。

先ほど紹介したDMMFXは買いスワップ=売りスワップというように設定されているため、売買のどちらかの取引では必ずスワップポイントがプラスになるはずです。

2つ目の方法は低金利の外貨を売り、高金利の外貨を買うトレードしか行わないことです。

基本的に、高金利の外貨を買えば、金利差分をスワップポイントとして受け取れます。

しかし、スワップポイントの獲得という観点からのみ取引することは危険です。

例えば、トルコリラなどの金利は20%近くあり魅力的に思えるかもしれません。

ただ、高金利通貨は通貨としての信頼度が低く、上昇下落が激しい通貨です。

スワップポイントが受け取れたとしても、為替差損でスワップポイントを上回る損失を出していたらトレード失敗です。

為替差損・・・外国為替相場の変動によって生じる損失のこと

3つ目にデイトレードなど一日のうちにトレードを終了させる方法があります。

スワップポイントは通貨を日をまたいで保有した場合に付与されるポイントです。

一日経過する前に売り買いを完結させることで、スワップポイントのことを考えずにトレードができます。

スワップポイントがマイナスになった時の確定申告

確定申告方法

次に確定申告について説明していきましょう。

取引が成功して利益が出たら、税金を納めなければいけません。

では、一体いくら稼いだら確定申告が必要なのでしょうか。

FXの売買やスワップ金利の利益合計額が20万円を超えると確定申告が必要となります。

利益を上げても、20万以下の場合は確定申告をする必要はありません。

では、損失の場合はどうでしょうか?当然申請する必要はありません。

しかし、利益分を相殺できるので申請した方がいいでしょう。

スワップポイントのマイナス分も通常の損失と同じように為替差益と他のスワップポイントのプラス分と相殺することができます。

また、1年間通じた取引が損失であったとしても申請しておくと良いでしょう。

損失が利益よりも上回った場合、申請することで3年間、損失繰越をすることができます。

つまり、3年後まで利益分と相殺でき、納める税金を安くすることができるのです。

マイナスのスワップポイントまとめ

スワップポイント まとめ

以上スワップポイントについて詳しく説明してきましたが、理解していただけたでしょうか?

スワップポイントとは通貨ペアの金利の差によって生じるものです。

上手くいけば、通貨を頻繁に売買することなく、保有しているだけでつくスワップポイントで資産を増やすことができます。

しかし、一方で、スワップポイントはマイナスになることもあるということを念頭においてトレードするようにしましょう。

スワップポイントはFX会社によって数値が違うため、トレードするFX会社は慎重に選びましょう。

今回この記事で紹介させていただいたDMMFXでは買いスワップと売りスワップの金額が同じであるため、初心者トレーダーにはおすすめです!

メインの口座として使えるのでまだ開設していない方は今のうちに口座開設しておきましょう!

\口座開設&取引で最大10万円!/