FX

ロシア・ウクライナ戦争でFXはどうなる!?今後の為替の見通しを徹底解説!

今回は、「ウクライナ戦争とFXの関係」についてまとめていきます

ロシアがウクライナへ侵攻を開始してから、すでに1ヵ月以上が経ちました。

おばあさん
おばあさん
当初はこんなに長引くなんて思わなかったわね…

FX取引にもその影響はおよび、為替相場の値動きを大きく左右しています。

お母さん
お母さん
この状況はまだまだ続きそうよね

今後、ウクライナ戦争はどのような展開を迎え、どのようなかたちでFX取引に関わってくるのでしょうか?

お金マン
お金マン
そこが気になっているトレーダーも多いはず!

この記事では、そんなウクライナ戦争とFXの関係についての見通しを徹底解説、これから取るべきFX戦略についてもくわしく紹介していきます!

この記事のポイントをまとめると…
  • 経済制裁によりロシア経済は低迷
  • 原油価格の高騰でインフレが加速
  • 「有事のドル買い」で米ドル高
  • 停戦の難航でリスクオフも長期化
  • 今ならLIGHT FXで米ドル購入がチャンス!
  • スワップトレードは資源国の通貨がおすすめ
LIGHTFXLP

これからFX取引を始めるなら、LIGHT FXがおすすめ

国内トップレベルの低スプレッド&高スワップポイントに加え、シンプルなサービス設計が初心者の方にも取り組みやすくなっています。

今なら、新規口座開設+取引で最大53,000円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定のキャンペーンも開催中です!

お父さん
お父さん
下のボタンから口座開設すると、+3,000円のキャッシュバックがもらえるぞ!

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

ロシアとウクライナの戦争がFXに与える影響とは?

ロシアとウクライナの戦争は、具体的にFX取引にどのような影響を与えているのでしょうか?

特に注文すべきポイントは、以下の3点です。

ウクライナ戦争がFXに与える影響
  • ロシアへの経済制裁
  • エネルギー価格の高騰
  • 有事のドル買い

それぞれ、詳しく内容を見ていきましょう。

お母さん
お母さん
関係性を理解すれば予想も立てやすくなるわよ♪

ロシアへの経済制裁

経済制裁によるロシア経済低迷
ロシアのウクライナ侵攻に対しては、欧米や日本など西側諸国から強力な経済制裁が科されています。

特に、世界的な決済ネットワークのSWIFT (国際銀行間通信協会)からの排除は重く、これによりロシアは事実上の貿易停止へと追い込まれています。

お母さん
お母さん
戦争って武力だけで行うわけじゃないのね

ロシアは石油や天然ガスなどエネルギー資源輸出に大きく依存しており、その経済的ダメージからロシアルーブルも史上最安値を更新する暴落となりました。

お父さん
お父さん
取引できないことで通貨としての信頼性も損なわれているぞ!

国債の元本や利子の支払いもできなくなったことから、4月8日にはアメリカの大手格付け会社「S&Pグローバル・レーティング」が、ロシア国債を一部デフォルト(債務不履行)となる「SD(選択的デフォルト)」に引き下げています。

おばあさん
おばあさん
えっ…じゃあ、ロシア国債を持ってる人は…?

ロシア国債は欧米の金融機関などでも多く保有されており、デフォルトが世界金融危機を引き起こす可能性も危惧されています。

お金マン
お金マン
1998年のロシア危機も、ロシアルーブル暴落からのデフォルトが引き金となっているぞ!
  1. 制裁による経済悪化でロシアルーブルは急落
  2. デフォルトで世界金融危機に発展する可能性も?

エネルギー価格の高騰

原油高騰によるインフレ
ロシアのウクライナ侵攻後、原油や天然ガスなどエネルギー価格が大きく上昇しています。

それ以前から値上がりしていた原油は、さらにそのスピードを加速、3月末には一時1バレル=130米ドルに達し、現在も100米ドル前後の推移となっています。

お母さん
お母さん
ガソリンの値上げは家計的にも大打撃だったわね…

これは、ロシアが原油生産量世界第3位、天然ガス生産量第1位という資源大国だったことから、経済制裁による供給不足が懸念されたためです。

特に、EUは天然ガスの約45%をロシアからの輸入に頼っていたため、そのダメージも大きく、一時はユーロが急落する展開となりました。

おばあさん
おばあさん
半分近くも輸入してたとなると、これからのやり繰りも大変そうね…

一方、アメリカはエネルギー自給率が非常に高い国のため、原油価格高騰による直接的なダメージはこうむっていません。

逆に、原油の値上がりによってインフレが加速、その抑制のために行った利上げがドル高の大きな要因となっています。

お金マン
お金マン
金利アップは通貨の上昇につながるのがFXの基本だ!
  1. エネルギー資源の供給不足懸念でユーロが下落
  2. インフレ加速からの利上げで米ドルは上昇

有事のドル買い

有事のドル買いが進む
政情が不安定になると、市場はリスクを避けるようになり、FX取引ではより安全な通貨に資金が流れるようになります。

お金マン
お金マン
このような状態を「リスクオフ」というぞ!
お母さん
お母さん
逆に安定していると「リスクオン」になって、新興国通貨にも資金が流れやすくなるのね♪

特に、戦争のような有事には米ドルが強く、今回のウクライナ侵攻でも大きく値を上げています

一方、戦争の舞台となっているヨーロッパでは地政学的リスクが高まり、ユーロは一時的に値を下げることとなりました。

おばあさん
おばあさん
アメリカは地理的にもリスクが低いのね…!

かつては日本円も「リスク回避の円」として、米ドルに並んでリスクオフに強い通貨とされてきました。

お金マン
お金マン
リーマン・ショックのような金融危機には、とりわけその強さを発揮していたね!

しかし、コロナ・ショック以後はそうした傾向も見られず、ウクライナ侵攻後の現在は日本円がほぼ全面安となる展開が続いています。

これは、コロナ以降の世界的な景気回復から日本が大きく取り残されていることや、日銀の金融緩和が今後も続くとの見通しから、より円売りが進んでいることが原因と考えられます。

こういった状況が変わらないかぎり、今後も「リスクオフの円買い」というセオリーが復活することはなさそうです。

お父さん
お父さん
FXの常識も時代とともにアップデートが必要だ!
  1. 「有事のドル買い」で米ドルは全面高
  2. 「リスク回避の円」は不発で日本円は全面安

現在のロシアルーブル円の為替推移

ロシアルーブル/円の価格推移(ウクライナ戦争)

ロシアのウクライナ侵攻により、ロシアルーブル/円はどのように推移してきたのでしょうか。

前年末頃からロシアが国境付近に軍備を増強、両国の緊張はにわかに高まっていましたが、この時点ではまだロシアルーブル/円の価格に大きな動きはなく、1.5円台を安定的に推移していました。

お母さん
お母さん
嵐の前の静けさといったところかしら…

しかし、翌2022年2月15日にプーチン大統領がドンバスで「ウクライナ軍による大量虐殺」があったと主張、17日から同地域での戦闘が激化すると、ロシアルーブル/円もゆるやかに下落を始めていきます。

そして2月24日、ついにロシアがウクライナ東部での軍事作戦開始を発表。

それをきっかけに、週明けの28日には価格が1.37円台から1.08円台へと急落、3月9日には史上最安値となる0.8469円を記録してしまいます。

おばあさん
おばあさん
ロシアルーブルから一斉に資金が逃げていったのね…!

その後は価格が反発しますが、その背景にはロシア当局による為替介入があったと考えられています。

お父さん
お父さん
この時点でもはや、正常な市場とは言いがたくなっているな

さらに、3月23日にプーチン大統領が天然ガスの支払いをルーブル建てで行うよう求めると、その影響もあって4月7日にはウクライナ侵攻以前の水準となる1.5円台まで回復します。

お金マン
お金マン
国営ガス会社傘下のガスプロムバンクは、金融制裁の対象から外れているんだね

他国の通貨と比べても対円でのロシアルーブルの上昇は大きく、これには日本国内の不景気やアメリカの利上げによる円売りが影響していると考えられます。

ロシアルーブルはLIGHTFXで購入することが可能です。

当サイト限定で53000円もらえるキャンペーンも開催中ですので、ぜひ口座開設してみてください。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

これまでの戦争時のロシアルーブル円の値動き

これまでにも、ロシアは他国との衝突を何度も繰り返してきました。

その戦争時には、ロシアルーブル円の価格はどのように動いてきたのでしょうか?

なかでも影響の大きかった以下の3つの戦争について、それぞれの値動きとその背景を解説していきます。

ロシアルーブルに影響を与えた戦争
  1. 第一次チェチェン紛争
  2. 南オセチア紛争
  3. クリミア併合
お母さん
お母さん
今後の予測の参考にもなるわよ♪

【1994〜1996年】第一次チェチェン紛争

チェチェン紛争による経済悪化
ソ連解体後間もなく、1994年にチェチェン共和国独立派との間で「第一次チェチェン紛争」が起きました。

当初の予想に反して戦争は長期化、戦費がかさんだため財政が逼迫し、それが翌1998年の「ロシア危機」へとつながっていきます

お父さん
お父さん
戦闘の長期化という点は、今回とも共通しているな

前年からのアジア通貨危機や原油安の影響もあり、政府は8月17日に事実上の債務不履行(デフォルト)を発表、同時に1,000ルーブルを1新ルーブルとするデノミ(通貨単位の変更)を実施し、ロシアルーブルは大暴落となりました。

この間に、前年まで20円超だった価格が、翌1999年までにわずか4円台にまで落ち込んでしまいます。

お金マン
お金マン
デフォルトに至った点も今回とよく似ているね!

【2008年】南オセチア紛争

ロシアルーブル/円の価格推移(南オセチア紛争)

次にロシアが関わった大きな戦争が、隣国ジョージアの南オセチアを巡って争われた「南オセチア紛争」です。

2008年夏頃、NATO加盟を目指すジョージアとの間で緊張が高まり、8月7日にジョージアが南オセチアへ軍事攻撃を開始、それに対してロシアも軍を差し向けます。

お母さん
お母さん
このときも、旧ソ連の隣国とNATO加盟が原因で争っているのね

8月12日にはEUの仲介で和平案が結ばれましたが、その後も戦闘は続き、結果的に26日にロシアが南オセチアとアブハジアの独立を承認、事実上の占領地域となりました。

この間、ロシアルーブル/円は大きく値を落とし、戦闘開始前の4.6円前後から、翌2009年2月までに2.4円台まで落ち込んでいます。

おばあさん
おばあさん
戦争が終わったあとも下落は止まらなかったのね…!

【2014年】クリミア併合

ロシアルーブル/円の価格推移(クリミア併合)引用:TradingView

2014年には、今回と同じウクライナとの間で紛争が起きています。

お金マン
お金マン
この出来事が今回の戦争の発端にもなっているぞ!

当時のウクライナは親ロシアのヤヌコーヴィチ政権でしたが、2月22日の反政府デモによって崩壊するとロシアが軍事介入、27日にはロシア軍と見られる武装勢力がクリミア自治共和国の政府庁舎・議会を占拠します。

その後、ロシア主導権のもと3月16日に住民投票が行われ、圧倒的賛成多数でクリミアはロシアに併合されることとなりました。

お父さん
お父さん
この住民投票では多くの不正が疑われているぞ!

このときは大規模な戦闘がなかったこともあり、ロシアルーブル/円の価格にもしばらくは大きな動きが見られませんでした。

しかし、7月16日にアメリカがロシアの特定企業との取引を制限するなど、欧米諸国の経済制裁が厳しくなるとロシア経済は停滞、原油安価格の低下もあってロシアルーブル/円も緩やかに下落していきます。

お母さん
お母さん
戦争そのものより経済制裁の影響が大きかったのね

11月10日には為替介入のない変動相場制へ移行したことでやや持ち直しますが、11月27日にOPEC(石油輸出国機構)が減産を見送ると再び急落、ロシアルーブル/円は2.4円台から12月中旬までに1.7円台に落ち込んでしまいます。

お金マン
お金マン
OPECは石油の生産量を調整することで価格をコントロールしているんだ!
おばあさん
おばあさん
なるほど…石油が減ればその分だけ価格も上がるわけね…!

このように、戦争時のロシアルーブル/円の価格は、その後の経済制裁や原油価格によっても大きく影響されていることが分かります。

ロシアとウクライナ戦争時のFXの見通し

ここまでのポイントを踏まえると、ウクライナ戦争によって今後のFXはどう展開していくと考えられるでしょうか?

ここでは、以下の3つの観点から見通しを解説していきます。

ウクライナ戦争時のFXの見通し
  1. 今後の戦争の展開は?
  2. 経済制裁はいつまで続く?
  3. 原油価格の高騰はどうなる?
おばあさん
おばあさん
戦争は早く終わってほしいけど…一体どうなるのかしら…?

見通し①:まとまらない停戦協議

停戦合意は難航
FXにとって最も重要なのは、ウクライナ戦争がいつ終結を迎えるかという点です。

何らかのかたちで停戦が実現すれば、リスクオフも緩和されて市場の流れが変わっていく可能性があります。

お母さん
お母さん
今はリスクオフで、とにかく米ドル一強って感じよね

これまでも、ロシアとウクライナの間では繰り返し停戦協議が行われてきましたが、それぞれの主張に大きな隔たりがあり、合意には至っていません

4月2日には、ロシア軍が撤退した首都キーウ近郊のブチャで民間人への虐殺が明らかとなり、和平の道はより遠ざかったと見られています。

おばあさん
おばあさん
この問題は将来に渡って禍根を残しそうね…

アメリカ軍からは今後少なくとも数年、ウクライナの大統領府からは2035年まで戦闘が続くとの見通しも示されており、市場のリスクオフも長引く可能性が高くなっています

戦争が常態化すればかえってリスクオフが緩和されることもありますが、アメリカの利上げが年内いっぱい続くことからも、今年中はドル高の傾向が続くと考えた方がよいでしょう。

お金マン
お金マン
FRBは年内の会合すべてで利上げを行っていく予定だ!

停戦が遠のいたことで「有事のドル買い」も続く

見通し②:経済制裁のさらなる強化も

経済制裁は長引く
欧米を中心とした経済制裁はロシア経済に大きなダメージを与え、ロシアルーブルの下落につながっています。

4月8日にはロシア軍の民間人に対する虐殺を受け、G7(主要7ヵ国)が石炭輸入や新規投資の禁止など、さらに新たな制裁を行うことを表明しました。

お母さん
お母さん
これでますますロシアが追い詰められていくことになりそうね

戦争が長引けば、今後も追加制裁が行われていく可能性は高いでしょう。

仮に停戦にこぎつけたとしても、2014年のクリミア併合に対する経済制裁が今でも続いているように、すぐに解除されることはないと見られます。

現在、ロシア当局による為替介入で価格が回復しつつあるロシアルーブルですが、それにも限界があり、今後も下落傾向は免れないでしょう。

お父さん
お父さん
ロシアは戦争に勝っても経済的に苦しい状況が続きそうだな

経済制裁によるロシア国債のデフォルトで、金融危機のリスクを指摘する声もありますが、現在のロシア向けの対外与信は世界全体のわずか0.3%程度と規模が小さく、その可能性も低いと見られています。

お金マン
お金マン
アジア通貨危機や原油安もあった1998年のロシア危機とは、状況も異なるようだ!

長引く経済制裁でロシアルーブルの上昇は続かない

見通し③:原油高はしばらく続く

さらなる原油高も
経済制裁による供給不足への懸念から、現在の原油価格は1バレル=100ドル前後の高水準となっています。

お母さん
お母さん
これ以上の値上がりは避けてほしいわね…

中国での新型コロナ感染拡大による需要減もあり、現状では一服感がありますが、追加制裁などで供給不足が深刻化すればさらなる高騰も避けられないでしょう。

特に、EUではエネルギー資源の多くをロシアから輸入しているため、ユーロ相場は低迷が続きそうです。

お金マン
お金マン
エネルギー政策の転換にはかなりの時間を要するぞ!

また、原油高はインフレを加速させるため、それを抑える利上げで米ドル上昇にもつながっています

ただし、今のような原油高からのさらなる高騰は景気の停滞をまねき、金融緩和からドル安へと展開していく可能性もあるので注意が必要です。

おばあさん
おばあさん
原油高イコール米ドル上昇っていう単純な話じゃないのね…!

原油高の解消については、G7がOPECに増産を求めていますが、ロシアとの協調姿勢から今のところは応じない構えを見せています。

お父さん
お父さん
西側諸国以外は、必ずしもロシアに敵対的というわけでもないのだな

今後の原油価格を占う上では、OPECの方向性が大きなカギとなるので、必ずニュースをチェックしておくようにしましょう。

原油高が利上げにつながればドル高が続く

なお、ロシアルーブルはLIGHTFXで投資することが可能です。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

ロシアとウクライナ戦争時のFX戦略

現状のウクライナ戦争時では、どのようなFX戦略を取るのが有効なのでしょうか?

ポイントとなるのは、以下の3点です。

ウクライナ戦争時のFX戦略
  • ロシアルーブルの取引は避ける
  • 米ドル/円は今が買い時?
  • 資源国の通貨でスワップトレード
お金マン
お金マン
これらの基本を押さえて取引していこう!

ロシアルーブルの取引は避ける

ロシアルーブルは注文停止
ウクライナ戦争が始まってから、ロシアルーブルの価格は大きく変動しています。

FXとしては絶好のチャンスといえますが、ロシアルーブルを取り扱っている国内FX会社では現在新規注文を停止しており、そもそも取引することができない状態となっています。

お父さん
お父さん
流動性の低下や為替介入で、正常なレートが提示できなくなっているのが原因だ!

保有中のポジションについても状況次第で強制決済する可能性があるとしているので、早めに解消しておくのが無難でしょう。

お金マン
お金マン
ロスカットで大きな損失が出る可能性もあるぞ!
お母さん
お母さん
価格が回復している今は、むしろ解消のチャンスかもしれないわね♪

今後もロシアルーブルは不透明な状況が続くと思われるので、FXの戦略に組み込むことは避けておくのがよさそうです。

米ドル/円は今が買い時?

米ドル上昇のチャンス
ロシアのウクライナ侵攻が始まってから、リスクオフによるドル買いが進んでいます。

一方で、コロナ対策による日本経済の停滞などもあり、米ドル/円は2015年以来となる125円台まで上昇しています。

ウクライナ戦争の長期化やアメリカの年内の利上げを考えれば、ここからさらなる上昇も期待できるでしょう。

おばあさん
おばあさん
円安が進みすぎるのは複雑だけど…でも、これは絶好のチャンス…!

また、金利上昇で米ドル/円の「買い」ポジションが高スワップポイントとなっていることも見逃せません。

LIGHT FXでは4月現在、1万通貨あたり20円の付与となっており、年間で7,000円程度の利益となる計算です。

お母さん
お母さん
あら♪これは新興国通貨にも負けないスワップポイントね
お父さん
お父さん
今後の利上げを考えれば、それ以上の利益も十分に期待できるな!

スワップポイントはポジションを保有しているだけで毎日得られるので、初心者の方にもおすすめできる戦略です。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

資源国の通貨でスワップトレード

資源国の通貨が安定ロシアルーブル/円はスワップポイントも高く、スワップトレードで運用していた方も多いと思います。

おばあさん
おばあさん
スワップトレードは売買しなくてもいいから楽なのよね…!

しかし、ウクライナ戦争によって、国内FXでのロシアルーブルの取引はほとんど不可能な状況となってしまいました。

そこで代替としておすすめしたいのが、資源国の通貨によるスワップトレードです。

お母さん
お母さん
でも、リスクオフだとマイナー通貨には不利なのよね?

新興国通貨のなかでも、「メキシコペソ」は国内のエネルギー資源が豊富で、原油高の状況でも安定した値動きが期待できます

また、酪農を主要産業とする「NZドル」も、エネルギー価格とともにコモディティ(商品)価格が上昇しているため、好調な相場となっています。

お父さん
お父さん
LIGHT FXだと、どちらも1万通貨あたり約10円の高スワップポイントになっているぞ!

この2国は地理的にもロシアから遠いため、ウクライナ戦争のリスクが低いのも有利といえます。

新興国通貨ではほかにも、トルコリラ/円や南アフリカランド/円が上昇傾向となっていますが、両国とも資源にはとぼしく、情勢次第では下落のリスクも高くなることに注意してください。

お金マン
お金マン
同じマイナー通貨でも、いろいろ特徴の違いがあるね!

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

ロシアルーブル円を取引できるFX会社

LIGHT FX トップページ
LIGHT FXでは、2021年6月5日からロシアルーブル/円の取引を開始しています!

ロシアルーブルを取り扱っている国内FX会社はまだ少なく、特に低スプレッド・高スワップポイントのLIGHT FXは効率よく稼げるおすすめのサービスです!

お父さん
お父さん
低コストなサービスはその分だけ利益率も高くなるぞ!

取引ツールやシステムもシンプルで分かりやすいデザインで、初心者の方でもスムーズに始められるでしょう。

お母さん
お母さん
取引ツールが使いやすいと、やる気も格段にアップするわよね♪

ただし、ウクライナ戦争にともない、2022年4月現在ではロシアルーブル/円の新規注文は受付停止となっています。

おばあさん
おばあさん
あらら…でもこれは仕方ないわね…

今なら、米ドル/円やメキシコペソ/円、NZドル/円などの通貨ペアも10,000通貨あたり10〜20円の高スワップポイントなので、こちらでの取引がおすすめです。

お金マン
お金マン
もちろん、スプレッドも業界最狭水準だ!

当サイト限定で最大53,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも開催中なので、ぜひこちらから口座開設してみてください!

お母さん
お母さん
サイト内からの口座開設なら、たった5Lotの取引で3,000円がプレゼントされるわよ♪

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

LIGHT FX(ライトFX)の評判・口コミがヤバイ!?驚きの特徴・メリットとは?今回は最近話題となっているLIGHT FXの評判についてまとめていきたいと思います。 2018年の10月に始まったトレイダース証券...

ウクライナ戦争とFXまとめ

ウクライナ戦争とFXの関係 まとめ

ここまで、「ウクライナ戦争とFXの関係」についてまとめてきました

ウクライナ戦争はFXにも広く影響をおよぼし、国内では現在ロシアルーブルは取引できない状況となっています。

一方、「有事のドル買い」が進んだことで米ドルは価格上昇、原油高によるインフレ抑制のため、利上げでその勢いをさらに増しています。

戦争は終結の道筋がなかなか見えず、今後もこの状況が当面続いていくことが考えられます。

そのため、米ドル/円を取引するなら今が絶好のチャンス

LIGHT FXなら低スプレッド・高スワップポイントで、資源国のメキシコペソやNZドルでのスワップトレードもおすすめです!

今なら当サイト限定で、最大53,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも開催中なので、ぜひこちらから新規口座開設してみてください!

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

ロシアルーブル
【2022年4月】ロシアルーブルFXはどうなる?今後の予想・見通しを徹底解説!今回は、「ロシアルーブルの今後の予想・見通し」についてまとめていきます。 2月24日から始まったロシアのウクライナ侵攻によって、世...

免責事項

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。